いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ブラックじゃない!【アメリカの軍服】海軍GOBセーター(ベトナム戦争ロット)とは?0870 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210914171638p:plain

今回は、1960年代のアメリカ海軍水兵用セーターを分析します。

以前も同じセーターを分析しましたね。

でも今回はもっと古い時代のもので、新しいものとは大きく変わっている部分がありました。

少々傷んでいますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ海軍GOBセーター(ベトナム戦争ロット)とは?

一説には、第二次大戦中から使用されていると言われている「GOB(水兵用)セーター」。

 

薄くタイトな造りで、ユーティリティージャケットやデッキジャケットの下に着用されることが多いですね。

 

全体的なデザインは、クルーネック(丸首)でカラーはブラック、コマンドセーターより細い毛糸で細かく編まれているのが特徴でした。

 

ところが、この伝統的なセーターも、新旧モデルでは微妙に仕様が違っているのですね。

 

今回のモデルは、その中でも1960年代のモデルですが、面白い特徴がありましたよ。

(毛糸のカラーが違っていました。)

 

さてさて、それはどんなセーターなのでしょうか?

 

今回はアメリカ海軍装備マニアのみならず、やはりファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  海軍GOBセーターの全体及び細部写真

前面

この写真では不明瞭ですが、カラーはブラックではなく濃いブルーですね。

f:id:akmuzifal6489:20210913170732j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210913170720j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210913170717j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210913170735j:image

 

タグ左サイド

兵士のネイムや認識番号が記載されています。

でも品名が記載されていませんね。
f:id:akmuzifal6489:20210913170711j:image

 

タグ右サイド
f:id:akmuzifal6489:20210913170726j:image

 

首周り

ニットですが胴体と別生地ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210913170714j:image

 

首周り(裏側)

やはり各パーツは胴体部分に縫い付けられて‘いますね。

f:id:akmuzifal6489:20210914162538j:image

 

肘から下が急激にテーパーが付けられています。

珍しいデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20210913170743j:image

 

袖の付け根
f:id:akmuzifal6489:20210913170729j:image

 

袖口

襟部と同じニットですね。
f:id:akmuzifal6489:20210913170748j:imagef:id:akmuzifal6489:20210913170737j:image

 

裾の裏と表側

でも裾はまた違う生地で、まるでコマンドセーターのような太いリブ編みです。

テンションは緩めですよ。
f:id:akmuzifal6489:20210913170723j:imagef:id:akmuzifal6489:20210913170740j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

他の軍用セーターと同様に、襟、胴体前後、袖、袖口、裾が別パーツになっていて、各パーツを縫い合わせて製造されています。

 

今回のモデルは、襟、袖口、裾が胴体などと違う種類のニットになっていましたよ。

 

しかも裾は、まるでコマンドセーターのようなニットになっています。

 

また、織糸(毛糸)は、ブラックではなく、ブラックに近いブルーでした。

 

新しいモデルでも色調差はありましたが、今回のモデルは完全なブルーですね。

 

今回のモデルは、表記サイズが40〜42(胸囲:インチ)となっていますが、実寸はもっと小さいですね。

 

体感的には、36〜38といった印象です。

(洗い縮みでしょうか?) 

 

面白いのは袖で、肘から下には急激なテーパーが付いています。

 

この目的はなんでしょう?

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1968年

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     ウール

・表記サイズ    M(40–42)

         (日本人のM)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約58センチ

          肩幅 約44センチ

          身幅 約49センチ

          袖丈 約51センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

元々タイトな造りなのですが、今回のモデルはそれに輪を掛けたくらいタイトですね。

 

通常のセーターでは40サイズがベストな私には、かなり小さいサイズ感です。

(着用できないわけではありませんが…。)

 

いつもは近年のモデルを着用していますが、まさか旧モデルがこんなサイズとは思っていませんでしたね。

 

念のため、1950年代のモデルも確認してみましたが、やはり同じくらいタイトでした。

 

アメリカ海軍水兵さんの体格に大きな変化があったのでしょうか?

 

それはともかく、密に編まれているので薄いながらも保温力があります。

(薄いので場合によってはシャツの下にも着用できそうですね。)

 

これからの季節のインナーに最適かも。

 

カラーも有りそうで見当たらない地味なブルーですので、逆にアレンジが効きそうですよ!

 

ファッションは勿論のこと、サバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測などでは、迷彩服のインナにいかがでしょうか?

 

ところでこのセーターですが、気のせいでしょうか?

 

ブログで紹介した頃(前回)から、多くの通販サイトやネットショップで見掛けるようになりました。

 

それも新しい時代のモデルのみならず、今回のような古い時代のモデル(中には1940年代のモデル)も取り扱うようになってきましたね。

 

これは良い傾向です。

 

ただし、時代が遡るにつれて価格も上昇する傾向にあるので、注意が必要ですね。

 

購入する場合は、必ず実寸や破損・修理状況を確認しましょう!

 

今回は、古いアメリカ海軍の水兵用セーターを分析しました。

次回も、アメリカ軍の防寒着を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:近年のGOBセーターに関する生地はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


DEADSTOCK デッドストックアメリカ海軍 ゴブセーター ウール ニット モックネック ダークネイビーU.S.NAVY GOB SWEATER DARK NAVY MADE IN USA

【DEAD STOCK】US NAVY GOB SWEATER ゴブ セーター BLACK size:XS/S Made in USA LADYS 【デッドストック】


U.S NAVY VINTAGE 40s WORLD WAR 2 GOB SWEATER ネイビー ヴィンテージ ニット セーター 大名店【中古】

70's/実物/米軍/USN/GOBセーター/紺系【S】ゴブセーター/モックネック/ニット/US NAVY/アメリカ軍物/ビンテージ/D138【中古】【古着】【服】

スポンサーリンク

Binary Star

Binary Star

  • SawanoHiroyuki[nZk]:Uru
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
WISH

WISH

  • ELISA
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes