いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【旧ソ連の軍服】陸軍ブタン迷彩トラウザースとは?  0323 USSR ミリタリー

こんにちは!

今回は、旧ソ連軍の迷彩トラウザースを分析します。

有名なブタン迷彩ですが、これまで分析したモデルとは、ちょっと違うところがありますよ。

今回のモデルは、デッドストックに近い極上品です!

(同じ程度のジャケットが欲しいです…。)

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  旧ソ連陸軍ブタン迷彩トラウザースとは?

旧ソ連軍は、その人員の多さから個人用迷彩服の支給に消極的で、最後まで特殊部隊など一部に限定支給していました。

その中でもKGBや内務省のインベーダー迷彩(元祖デジタル迷彩という説も。いくつか種類あり。)、末期のVSR迷彩、そして今回のモデルであるブタン迷彩は有名ですね。

当ブログでは、これまでもブタン迷彩のモデルを分析してきましたが、今回のモデルは色調が大きく違うものになっています。

勇猛果敢で有名な海軍歩兵が、こんな色調の迷彩服を着ていたような気がします。

何故か写真を撮っている間に、とても効果的な迷彩のような気がしてきました。

さて、それはどんな色調のブタン迷彩なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  旧ソ連陸軍ブタン迷彩トラウザース全体及び細部写真

前面

生地のライトグリーンが目立ちますね。

f:id:akmuzifal6489:20200221130640j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200221130700j:image

 

前面裏側

生地がやや厚いため、迷彩は殆ど透けていません。

裾付近のストラップに注意
f:id:akmuzifal6489:20200221130625j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200221130633j:image

 

前合わせはボタンとホックです。
f:id:akmuzifal6489:20200221130705j:image

 

ポケットは左右のスラントポケットのみです。

とてもシンプルですね。
f:id:akmuzifal6489:20200221130649j:image

 

ウエストにはサイズ調整タブがあります。

ボタンで調整しますが、僅か数センチしか調整できません。
f:id:akmuzifal6489:20200221130637j:image

 

裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200221130657j:image

 

同じく裾には、長いストラップがボタンで付いていました。

これは…
f:id:akmuzifal6489:20200221130709j:image

 

もう片方にもボタンにストラップを留めて、ループになります。

これは、長いブーツを履いた時に、裾が途中で止まらない工夫です。
f:id:akmuzifal6489:20200221130620j:image

 

臀部には逆ハート補強生地が。

股間の生地は、解れを防止が目的のようです。
f:id:akmuzifal6489:20200221130645j:image

 

迷彩生地、ポケット生地ともに、「3242」というスタンプ(?)がありました。

サイズの意味でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20200221130652j:image
f:id:akmuzifal6489:20200221130628j:image

 

タグ

スタンプ(又はステンシル)

f:id:akmuzifal6489:20200221130617j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  旧ソ連陸軍ブタン迷彩トラウザースその特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンの生地にブラウンとブラックグリーンでアメーバや雲のような複雑パターンを描いています。

(よく見ると、これまでのモデルとはパターンも微妙に違っていますが…。)

そのパターンはともかく3色迷彩は、やはり色調が大きく違っていますね。

製造誤差ではなく、色調そのものが違います。

(使用する時期や部隊で意図的に替えたのでしょうか?)

生地はコットンツイルです。

ソ連時代特有のガサガサで粗末な感じです。

(一目でそれとわかりますよ。)

デザインは、とてもシンプルで左右の腰にスラントポケットがあるのみです。

裾には、取り外しできるループがあります。

これは、ソ連/ロシア系のトラウザースに多い装備ですね。

4  旧ソ連陸軍ブタン迷彩トラウザース製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1980年代

 ・製造場所                   旧ソ連

 ・契約会社                   旧ソ連

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ               50–6

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                  着丈  約105センチ

                           ウエスト  約42センチ

                                  股上  約31センチ

                                  股下  約86センチ

                               裾幅  約21センチ

 ・状態                      中古極上品

 ・官民区分               官給品

 ・入手場所               ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  旧ソ連陸軍ブタン迷彩トラウザースまとめ

とてもメリハリの効いた迷彩なので、分裂効果が期待できますね。

日本のフィールドでも効果がありそうです。

難点は、ポケットが少ないことと、生地の肌触りが良くない事です。

そしておそらく染色も上等なものではないので、日射などによる褪色が著しいはずです。

こうなってくると、同じ迷彩のジャケットと、使い古したものも欲しいですね。

(総合的に効果などを確認したいです。)

しかし、今回のモデルを含めた旧ソ連時代のブタン迷彩装備は、数が少ないことでも有名です。

また、稀少品ゆえにかなりの高額になりつつあります。

程度の良いものは見つけたら即買いですが、実用に使用するのではなく今後のために大切に保管しておいた方が良いかもしれませんね。 

 (ブタン迷彩に限らず、旧ソ連物全般的に言える事ですね。)

どうしてもこの迷彩を実用で着たい方は、ウクライナ軍が同種迷彩を採用していた時期があります。

色調、デザインも各種ありますので、そちらがおすすめですよ!

(生地も上等です。)

 

今回は、旧ソ連軍の希少な迷彩トラウザースを分析しました。

次回は、旧西ドイツ軍の防寒着を分析します。

おそらく、貴方の考えているモデルではありませんよ!

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:ソ連時代のブタン迷彩装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

 旧ソ連時代の迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

本日は日本海北部にある低気圧から伸びる前線の影響で、天気は西から下り坂です。

f:id:akmuzifal6489:20200222081458j:image

f:id:akmuzifal6489:20200222081832j:image

(気象庁ホームページより引用)

低気圧に吹き込む南寄りの風が強く、前線通過後は西寄りの風がさらに強まります。

気温は上がりますが、強い風や激しい天気現象に気をつけてくださいね!

また本日の夕方から明日午前中は、大陸からの黄砂も飛来する見込みです。

行楽には十分注意しましょう!

(…って天気悪いのに出かける人はいるのでしょうか?…私は仕事ですが…😞)

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes