いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

女性狙撃兵も着用!【旧ソ連の軍服】陸軍スナイパー用迷彩ユニフォーム(アメーバパターン・ソ連製戦後モデル品?)とは?0873 USSR ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210918081554p:plain

今回は、1940年代の旧ソ連陸軍スナイパー用迷彩ユニフォームを分析します。

以前近年のインド製モデル品を分析しましたね。

でも今回は純ソ連製のモデル品で、戦後の1960年代生産品になります。

中古品ですが、程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  旧ソ連陸軍スナイパー用迷彩ユニフォーム(アメーバパターン・ソ連製戦後モデル品?)とは?

第二次大戦中の旧ソ連軍は、当初迷彩服の重要性について、ある程度認識していました。

 

…というのも、当時のドイツ軍(特に武装親衛隊)の各種迷彩生地を用いた個人衣類を目の当たりにしていたからですね。

(開戦当時は、独ソ不可侵条約を結び、仲良しのフリをしていました。そのためお互いの軍の視察を行ったりしていましたね。)

 

そこでいくつかの迷彩服(あくまでスモックなどの制服の上に着用する衣類)を開発、限定的に支給していました。

 

それには大きく2種類のパターンがあって、一つは文字通り細かい葉の模様を描いたリーフパターン(使用されているカラーから2種類ありました。)

 

この迷彩パターンは、後の北朝鮮軍やルーマニア軍が使用していましたね。

 

大戦中の旧ソ連軍リーフパターン迷彩服(3カラー)

旧ソ連軍大戦中3カラーリーフパターン迷彩服

 

大戦中の旧ソ連軍リーフパターン迷彩服(2カラー)

大戦中ソ連軍リーフパターン(2カラー)迷彩服

(上2枚とも、Dennis Desmond著「CAMOUFLAGE UNIFORMS OF  THE SOVIET   UNION  AND RUSSIA」より引用)

 

そしてもう一つが今回のアメーバパターンです。

 

一説には、アメーバパターンの採用が早かった(1930年代?)とか?

 

ある意味伝統的な迷彩服だったのですね。

 

今回のモデルは、1960年代に当時のソ連で製造されたモデル品と思われますが、もしかしたら官給品の可能性もあります。

(現時点では、映画撮影用の衣装では?…なんて思っています。)

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は、旧ソ連軍装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  陸軍スナイパー用迷彩ユニフォームの全体及び細部写真

スモック

前面

(フード前面開放状態)

f:id:akmuzifal6489:20210918144404j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210918144322j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210918144313j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210918144325j:image

 

襟周り

周囲はテープ(平紐)で絞ることができます。
f:id:akmuzifal6489:20210918144410j:image

 

フード前面はボタンで開閉

最下部のボタンは胸元のものを使用
f:id:akmuzifal6489:20210918144340j:image

 

フード前合わせを閉めた状態
f:id:akmuzifal6489:20210918144418j:image

 

開口部にはフェイスベールあり。
f:id:akmuzifal6489:20210918144421j:image

 

強いテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20210918144414j:image

 

袖口はテープ(平紐)で絞るタイプ
f:id:akmuzifal6489:20210918144343j:image

 

前身頃のスリット

ポケットではありません。
f:id:akmuzifal6489:20210918144319j:imagef:id:akmuzifal6489:20210918144337j:image

 

金属製ボタン

どこかで見たボタンですね。
f:id:akmuzifal6489:20210918144349j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20210918144316j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210918144358j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210918144352j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210918144346j:image

 

前合わせはテープ(紐)のみ

f:id:akmuzifal6489:20210918144401j:image

 

右側面

f:id:akmuzifal6489:20210918144328j:image

 

上部になるのはこちらもスリット

ポケットではありません。
f:id:akmuzifal6489:20210918144355j:imagef:id:akmuzifal6489:20210918144331j:image

 

スリット付き

やはりテープ(平紐)で絞るタイプ

f:id:akmuzifal6489:20210918144334j:imagef:id:akmuzifal6489:20210918144407j:image

 

着用例(1940年代)

f:id:akmuzifal6489:20201228120058j:plain

(J.F.Borsarello著「CAMOUFLAGE UNIFORMS of European and NATO Armies 1945 to the Present」より引用)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、濃いカーキにブラウンで大まかなアメーバパターンを描いています。

 

前回分析したモデルは明るいカーキでしたが、今回のモデルはグリーンとカーキの中間色ですね。

(実際、官給品迷彩生地の色調にはいくつかバリエーション(製造誤差でしょうか?)が存在しています。)

 

生地はコットンの平織で、薄く軽量です。

 

フードのボタンが旧ソ連の軍KLMKリバーシブル迷彩カバーオール(初期型迷彩)などに用いられているものと同じですね。

 

デザインは、フード付き、エポレットなし、胸スリット×2で、フード内側にはフェイスベールを装備。

 

一方トラウザーズは、腰スリット×2のみです。

 

いずれも当時の制服(ルパシカ)の上に着用する簡易迷彩服なので、防寒性能はありません。

(着ていると若干の防風性能はあるかも。)

 

サイズはそれこそ1サイズで、一番大きい人でも着られるようにしてあるので、平均的な日本人ではブカブカです。

 

全体的な縫製は、ソ連製ながら正確かつ丁寧で、やはり戦後の製品という印象を受けました。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1960年代

・製造場所     旧ソ連

・契約会社     旧ソ連

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    なし

         (日本人のXL〜XXL)

・各部のサイズ(平置)

          スモック

          着丈 約68センチ

          肩幅 約82センチ

          身幅 約94センチ

          袖丈 約66ンチ

          トラウザーズ

        ウエスト 約53センチ

          着丈 約108センチ

          股上 約33センチ

          股下 約80センチ

          裾幅 約18センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     東京の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

何故かこの旧ソ連軍スナイパー用迷彩ユニフォーム(アメーバパターン)のモデル品は、傑作が多いですね。

 

単純な簡素な生地、単純な迷彩、大まかなデザインなどがその理由のようです。

(恵まれた迷彩服ですね。)

 

今回のモデルもレベルの高い製品になっていますね。

 

これならヒストリカルゲームやサバイバルゲームでも、スコープ付きのモシンナガンを持って参加しても無問題ですね。

 

ただし、やはりネックは入手ですね。

 

そうそう見つかるものではありません。

(モデル品でもそうなので、当時の官給品の入手はまず無理です。)

 

この製品ではありませんが、かつて国内の老舗ショップが、同じくアメーバ型の迷彩ユニフォームを販売していたことがあります。

(カラーは2バージョンありました!)

 

これなら、あるいは入手できるかも。

 

探しているあなたは、オークションサイトなどにキーワードを登録して待ってみましょう。

 

また上述の老舗ショップにもしかしたら在庫があるかもしれません。

(不定期で製造していますね。)

 

優しく問い合わせてみましょう!

 

私は、やはり官給品を探してみたいと思います。

 

今回は、純ソ連製の陸軍スナイパー用迷彩ユニフォーム迷彩服を分析しました。

次回は、イギリス軍のバッグを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:同じくモデル品の迷彩スナイパースモックに関する記事はこちらです。⬇︎

【旧ソ連の軍服】陸軍スナイパー用迷彩ユニフォーム(アメーバパターン・モデル品)

www.military-spec-an.com

他の旧ソ連軍装備品に関する記事はこちらです。⬇︎

旧ソ連(USSR) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


アンティーク 旧ソ連軍 記念将校用懐中時計 ロシア軍


PetriStor ソビエト アーミーバッグ バックパック ソ連製 リュックサック ナップサック ダッフル バッグ SIDOR 第二次世界大戦


【実物の証 刻印入り】1950-70年代品 ソ連製 VDV 空挺部隊 飯盒 ハンゴウ ケトル +ロシア軍ワッペン 水筒 USSR CCCP ソ連軍

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes