いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【国籍不明の軍服】アフリカ方面国軍(?)迷彩シャツ(DPM)とは? 0716 Unknown ミリタリー

こんにちは!

今回は、1990年代の国籍不明軍迷彩シャツを分析します。

迷彩パターンは、かつてイギリス軍他が採用していたDPMですが、色調は少々違っています。

確か南アフリカのホームランドにDPMを採用していた国があったような気がするのですが…特定することができませんでした。

(わかる方、教えてください!)

それはともかく、今回もデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アフリカ方面国軍(?)迷彩シャツ(DPM)とは?

かつては、その迷彩効果から本国イギリスのみならず、世界各国でコピーされて使用されたDPM。

 

旧イギリスの植民地や連邦国以外にも、イギリスとはあまり関係のない国でも採用されていましたね。

 

当ブログでも、官給品は元よりモデル品に至るまで、多数のDPMを用いた衣料品を分析してきました。

 

今回のモデルは、イギリス以外で製造されたDPM衣料品になります。

 

以前大阪で見かけた時は、南アフリカホームランドの一国製として販売されていた記憶がありますよ。

(うろ覚え。)

 

なかなか仕立てがよく、第3国(アジア製でしょうか)の関与が疑われるものですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩シャツなのでしょうか?

 

今回は、DPMマニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  アフリカ方面国軍(?)迷彩シャツ(DPM)の全体及び細部写真

 

前面

前合わせはボタンのみです。

(ポケットは隠ボタン)

f:id:akmuzifal6489:20210406155217j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210406155104j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210406155141j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210406155011j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210406155356j:image

 

襟の契約年度とサイズスタンプ

1993年度契約品です。

f:id:akmuzifal6489:20210406155816j:image

 

メーカータグ

f:id:akmuzifal6489:20210406155035j:image

 

ランドリータグ

裏側左裾付近にあります。
f:id:akmuzifal6489:20210406155627j:image

 

カッタータグ
f:id:akmuzifal6489:20210406155448j:image

 

エポレット

テーパーなしのラウンド型です。
f:id:akmuzifal6489:20210406155707j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210406154936j:imagef:id:akmuzifal6489:20210406155532j:image

 

テーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20210406155850j:imagef:id:akmuzifal6489:20210406155330j:image

 

袖口はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210406155256j:imagef:id:akmuzifal6489:20210406155752j:image

 

前身頃下部裏側には、予備のボタンが2個
f:id:akmuzifal6489:20210406155424j:image

 

ボタンは迷彩のプラスティック製

このボタン、どこかで見たような…。

f:id:akmuzifal6489:20210406155603j:image  

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  アフリカ方面国軍(?)迷彩シャツ(DPM)の特徴とは?

迷彩は、タンの生地にダークグリーン、ダークブラウン、ブラックを用いて、はけで小さく丸く塗ったようなパターンを描いています。

 

お馴染みDPMなのですが、平均的なイギリス軍のDPMより、色調が暗く一つ一つのパターンが僅かに大きいですね。

 

生地は、コットンとポリエステルのツイルで、軽量かつ丈夫で肌触りも良いです。

(どこかで見たことのある生地ですよ。)

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×2、襟は開襟のシャツタイプです。

 

ごく一般的な夏季または乾燥地帯用の迷彩服ですね。

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で上質な仕立てと言えます。

 

ますます、わからなくなってきました。

 

でもこの身幅にこの袖丈は、明らかにアジア人用ではないようです。 

4  アフリカ方面国軍(?)迷彩シャツ(DPM)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1993年

・製造場所     不明

・契約会社     不明

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    M

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)  

          着丈 約80センチ

          肩幅 約42センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約65センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アフリカ方面国軍(?)迷彩シャツ(DPM)まとめ

 惜しいことにトラウザースの入手は叶いませんでした。

 

もし上下で揃えれば、夏のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、キャンプにピッタリですね。

 

日本のフィールドでも十分な効果が期待できそうです。

 

ただし、もし想像どおり南アフリカホームランドの迷彩服だとしたら、あるいは価値があるものかもしれませんね。

 

よもや探している人はいないと思います。

 

でも、もしあなたが探しているなら、今回のモデルのメーカータグを根拠に探してみましょう!

 

私は、トラウザースやハット(キャップかな?)を探してみたいと思います。

 

今回は、おそらくアフリカのどこかの国用と思われるDPM迷彩シャツを分析しました。

次回は、トルコ軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の国籍不明の装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで見つけました。

この程度のレベルで効果あるのか、この程度だから効果があるのか?🤔

 

難しいですが、ダミー「スズメバチの巣」は効果があるとの説がありますね。

 

自宅用に作ってみようかな?

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アフリカへ行きたい

アフリカへ行きたい

  • 荒井由実
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
時のないホテル

時のないホテル

  • 松任谷由実
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes