いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【国籍不明の軍服】M65&P–68ハイブリッドDPMスモックとは? 0452 Unknown ミリタリー

こんにちは!

今回は、国籍不明の迷彩スモックを分析します。

アメリカ軍のM65フィールドジャケットとイギリス軍のP–68スモックの特徴を併せ持つ、不思議なモデルになります。

おそらく中東か東南アジアの製だと思われますが…。

どこの国の製品なのかご存知の方がいらしたら、ぜひ教えてくださいね!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  国籍不明軍M65&P–68ハイブリッドDPMスモックとは?

アメリカ軍が開発したM65フィールドジャケットは、世の軍装品の中でも傑作とされている防寒戦闘服です。

 アメリカ軍M65フィールドジャケット

 

一方イギリス軍が開発したP–68DPMスモックも、その豪華な装備と効果的な迷彩パターンから「戦闘服のロールスロイス」との高い評価がなされています。

イギリス陸軍迷彩スモック(P−68)

 

いずれも、世界中の軍隊、警察で使用されているほか、有名なファッションブランドでも同様のコンセプトやデザインを踏襲した衣類が製造されていますね。

 

また多くの国がコピー品を製造し、自国の装備品としているのも周知のとおりです。

 

でもその多くは、M65ジャケットまたはP–68スモックのいずれかを参考にしたり、コピーしたりしていますね。

 

ところが今回のモデルは、その二つを混合させた、言わばハイブリッド的なモデルになります。

 

初めて見た時は、単にP−68スモックのコピーかと思っていましたが、細かく見ていくとなかなかのデザインであることがわかりました。

「その手があったか!」と、ちょっと感動しましたよ!

 

残念ながら、製造国の特定には至りませんでしたが、設計者はかなりのマニアだと推測しています。

 

さてさて、それはどんな迷彩スモックなのでしょうか?

今回は、迷彩服コレクションベテランのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  国籍不明軍M65&P–68ハイブリッドDPMスモックの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20200711101351j:image

 

背面

DPMですが、イギリス軍のように細かい斑点によるぼかしはありませんね。
f:id:akmuzifal6489:20200711101254j:image

 

前面裏側

全面にライニングがあり、左胸に内ポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200711101258j:image

 

背面裏側

テイルピースもありますね。
f:id:akmuzifal6489:20200711101419j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20200711101436j:image

 

タグ①

印字は殆ど消失しています。😞
f:id:akmuzifal6489:20200711101323j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20200711101319j:image

 

M65タイプで、チンストラップで立てることができます。

f:id:akmuzifal6489:20200711101302j:imagef:id:akmuzifal6489:20200711101237j:image

 

エポレットはテーパーなしのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20200711101309j:image

 

胸ポケット

角度が付いていて、ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200711101343j:imagef:id:akmuzifal6489:20200711101339j:image

 

腰ポケット

こちらは垂直です。

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200711101450j:imagef:id:akmuzifal6489:20200711101415j:image

 

左袖ポケット

2つのコンパートメントに分かれています。
f:id:akmuzifal6489:20200711101329j:imagef:id:akmuzifal6489:20200711101355j:image

 

僅かにテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20200711101411j:imagef:id:akmuzifal6489:20200711101407j:image

 

袖口はマジックテープで開閉

M65のような三角生地もあります。
f:id:akmuzifal6489:20200711101432j:image

 

内ポケット

ライニングと同じ生地

少々弱そうです。
f:id:akmuzifal6489:20200711101359j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200711101439j:image

 

テイルピース用ボタンと裾のドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200711101222j:image

 

テイルピースはレクタンギュラータイプ。
f:id:akmuzifal6489:20200711101428j:image

 

テイルピースの後ろには大型ポケットが!

P–68に準じていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200711101244j:image

 

ボタン

ライトグリーンのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20200711101217j:image

 

メインジッパー

「YKK」で歯はプラスティックです。

f:id:akmuzifal6489:20200711201237j:image

 

襟裏のジッパー

ブラス「YKK」
f:id:akmuzifal6489:20200711101347j:image

 

チンストラップは迷彩生地でできていますね。

襟の裏にはジッパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20200711101231j:image

 

襟内のフード

背面

材質はシェルの生地と同じです。
f:id:akmuzifal6489:20200711101424j:image

 

前面
f:id:akmuzifal6489:20200711101403j:image

 

前縁にはドローコードがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200711101249j:image

 

フード付け根の伸縮素材もM65と同じに再現
f:id:akmuzifal6489:20200711101446j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  国籍不明軍M65&P–68ハイブリッドDPMスモックの特徴とは?

迷彩は、タンにグリーン、ブラウン、ブラックで、刷毛で小さく丸く塗ったようなパターンを描いています。

いわゆるDPMなのですが、大まかなパターンはともかく、細部はイギリス軍モデルのように、細かいは斑点が省略されています。

 

また全体的な色調はタンとグリーンがやや暗いので、やや血色の悪いDPMに見えます。

 

シェル(外皮)の生地はコットンの平織りで、やや目が荒く肌触りも今ひとつですが、ライニングがあるので大丈夫ですね。

 

デザインは、エポレット付きで、胸ポケット×2、腰ポケット×2、袖ポケット、内ポケットですが、テイルピースも付いていますよ。

基本イギリス軍のP–68スモックですが、襟、襟内のフード、袖がM65タイプに変更されています。

 

これだけで、随分使い勝手が向上していますね。

 

全体的な縫製や素材は、やや雑で粗末なものが使用されていますが、実用には無問題です。

4  国籍不明軍M65&P–68ハイブリッドDPMスモックの製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    不明

 ・製造場所                   不明

 ・契約会社                   不明

 ・製造会社                      〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                M

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約76センチ

                                    肩幅  約48センチ

                                    身幅  約54センチ

                                    袖丈  約57センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 推定官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  国籍不明軍M65&P–68ハイブリッドDPMスモックまとめ

実際に着用して、ツーリングや作業してみましたが、内ポケットは便利ですね。

また、袖口もワンタッチで調整できるのも使い勝手が良かったです。

襟もしっかりしていてマジックテープとチンストラップで固定できることから、風の侵入を防げましたよ。

 

反面、各ポケットはボタンなので、開けるのはともかく、閉めづらかったですね。

ここは、ダットファスナーが便利かもしれませんね。

 

こうしてみると、このジャケットも改良点が見えてきましたね。

(M65に袖ポケット、内ポケットをつけた方が早いでしょうか?でも迷彩生地が…。)

理想のジャケットが見えてきたような気がします。

 

さて今回のモデルはですが、各SHOPでも見たことがありません。

おそらく、小さい国の少ない量産品なのでしょう。

もしかしたら貴重品かもしれませんね。

 

目にする機会が少ないですが、将来の戦闘服を考える上で、何かヒントになるものがあるように思えます。

迷彩服コレクションベテランのあなたには、ぜひ入手してほしいモデルですね。

頑張って探してみましょう。

 

私は、おそらく存在するであろうトラウザースを探してみます。

 

今回は、国籍不明ながら優秀な衣類の良いとこ取りしたDPMスモックを分析しました。

次回は、ドイツ軍(連邦軍)の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の国籍不明衣類はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterで可愛いアニメを見つけました。

よくできていますよ。

一個サービス💕…って良いですよね! 

(ソースはかけないのかな?)

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おやすみ

おやすみ

  • 谷山浩子
  • シンガーソングライター
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes