いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ロシアの軍服】陸軍特殊部隊用リザード迷彩服とは?  0321 🇷🇺 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ロシア軍の特殊部隊の迷彩服を分析します。

「ロシア軍迷彩に手を出してはいけない!」と言う先輩コレクターの教えに背き、これまでいくつか分析してきました。

しかし、いよいよ終わりが見えてきましたね。

今回は、とても珍しい迷彩パターンですよ。

しかもデッドストックです!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ロシア陸軍特殊部隊用リザード迷彩服とは?

旧ソ連軍は、陸軍だけを比べても他国の軍隊を大きく上回る兵力を有していました。

とても脅威だった反面、迷彩服は限定使用で終始していましたね。

ソ連としても迷彩服の効果は充分認識していたようですが、いかんせん兵士の数が半端なく多いため、全員支給には二の足を踏んでいたというのが現状だったようです。

(この点、アメリカは国内のアパレルメーカーを総動員して、初の4軍統一迷彩であるウッドランド迷彩服の製造したのとは対照的で面白いですね。)

ところがソ連崩壊後の新生ロシア軍は、旧ソ連時代の反動からでしょうか?

各メーカーが、多種多様の迷彩服を開発し、いろんな部隊に供給していますね。

またモデルチェンジも比較的短い期間で実施されているようです。

その結果、当のロシア軍ですら説明できないくらい多くの迷彩服が存在することになりました。

現在、その全てをコレクションしたり、系統だって説明するのは不可能とされています。

今回のモデルはその中でも特異な迷彩服といえる、一部の特殊部隊で使用されたモデルになります。

その迷彩パターンから「ロシアン・リザード」「ロシアン・タイガー」なんて呼ばれていますね。

さて、どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ロシア陸軍特殊部隊用リザード迷彩服の全体及び細部写真

ジャケット

前面

裾の処理が、共産国特有の人民服に似ています。

f:id:akmuzifal6489:20200215113814j:image

 

背面

何処となく、タイガーストライプ  にも似ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200215113817j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200215114011j:image

 

背面裏側

迷彩は裏側にも透けています。
f:id:akmuzifal6489:20200215113832j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20200215114015j:image

 

エポレット

テーパーなしのクサビ型です。

階級章用のループ付き
f:id:akmuzifal6489:20200215112046j:image

 

胸ポケット

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200215113904j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215113851j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200215113811j:image

 

裾はゴム付きのタブとボタンでサイズを変更できます。
f:id:akmuzifal6489:20200215113755j:image

 

そのゴムテープは一方の端が縫い付けられています。

交換が大変ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200215113803j:image

 

右袖ポケット

袖は肘に六角形の補強生地が。
f:id:akmuzifal6489:20200215113841j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215113759j:image

 

左袖

こちらには袖ポケットに加え、細く小さいポケットがあります。

マジックテープで開閉

ファーストエイドドレッシング(救急包帯)用でしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20200219184912j:imagef:id:akmuzifal6489:20200219184820j:image

 

袖口はボタンで開放できます。
f:id:akmuzifal6489:20200215113844j:image

 

ロシア装備に共通している左胸の内ポケット

リップストップのナイロン製(防水?)で上端のみ縫い付けられています。

右隅の予備ボタンに注意
f:id:akmuzifal6489:20200215113848j:image

 

袖の付根内側

黒い生地で補強されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200215113745j:image

 

ボタンホールにも、黒い補強生地が。

f:id:akmuzifal6489:20200219170620j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20200215113941j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200215113822j:image

 

前面裏側

裾は二重になっています。
f:id:akmuzifal6489:20200215113741j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200215113935j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20200215113908j:image

 

股間はメッシュ生地で通気性を確保
f:id:akmuzifal6489:20200215112049j:image

 

右側面

スラッシュポケットと膝のパッチポケット

加えて細長くダットファスナーで開閉するポケットもあります。

ナイフや銃剣入れでしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20200219142140j:imagef:id:akmuzifal6489:20200219142136j:image

 

膝の補強生地

下部がマジックテープで開放できます。

これは、膝パットを挿入するためのものですね。

f:id:akmuzifal6489:20200215113855j:imagef:id:akmuzifal6489:20200215113912j:image

 

左臀部のポケット

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200215114002j:image
f:id:akmuzifal6489:20200215113920j:image

 

臀部のポケットの下には、細長い2つのコンパートメントに分かれたポケットが。

中央にゴムを内蔵しマジックテープで開閉

用途不明です。
f:id:akmuzifal6489:20200215113915j:image

 

前合わせはボタンとホックです。

ウエスト左右にはゴムが内蔵されています。

ベルトループもありますよ。

(今回のモデルには、サスペンダー装着が考慮されていません。)
f:id:akmuzifal6489:20200215113734j:image
f:id:akmuzifal6489:20200219184712j:image

 

おまけ

タクティカルベスト

前面

胸の前にはマガジンパウチ(弾納)が。

右肩には、銃の反動を和らげるパットが内蔵されています。

でも、これではサウスポーの射手が使用できませんね。

f:id:akmuzifal6489:20200215113927j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200215113949j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200215113807j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200215113958j:image

 

前合わせはジッパーとマジックテープです。
f:id:akmuzifal6489:20200215114007j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20200215113737j:image

 

左右にマジックテープがあって、サイズを調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20200215113945j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ロシア陸軍特殊部隊用リザード迷彩服その特徴とは?

迷彩は、ライトカーキの生地に、グリーン、ブラウン、ブラックを用いて、刷毛で横に乱雑に塗ったようなパターンを描いています。

一見、フランス軍やポルトガル軍のリザード迷彩に似ていますが、パターンにキレがなく、ほぼ真横に流れているのが特徴です。

生地は薄いツイルで、おそらくコットンとポリエステルの混紡です。

デザインは、ジャケットが胸ポケットと袖ポケット×2の人民服タイプ。

トラウザースは前面膝ポケット×2で右太腿部に独特の縦に細長いポケットが付いた旧ソ連軍KGBタイプです。

でもジャケットもトラウザースも、用途不明のポケットが付いています。

ライナーは装着できません。

全体的な印象は、夏季用といった軽い戦闘服といった感じですね。

4  ロシア陸軍特殊部隊用リザード迷彩服製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                       〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                50–5

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)

                                      ジャケット

                                    着丈  約75センチ

                                    肩幅  約53センチ

                                    身幅  約64センチ

                                    袖丈  約62センチ

                                     トラウザース

                          ウエスト  約43センチ

                                 股上  約約31センチ

                                 股下  約80センチ

                                 着丈  約105センチ

                                 裾幅  約18センチ

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ロシア陸軍特殊部隊用リザード迷彩服まとめ

とても明るい色調の迷彩ですね。

日本では使用できるフィールドが限定されるかもしれません。

(この点、ベトナム戦争で使用された多くのタイガーストライプは、グリーンとブラックの面積を増やすことで明るくなるのを防いでいました。)

でも今回のモデルは、メリハリの効いた迷彩なので、木漏れ日のある森林のなどでは効果がありそうです。

横方向に流れる迷彩なので、移動間でも問題なさそうですね。

実際に着用してみると、生地が薄く肌触りが良いので暖候期のサバイバルゲーム、野鳥観測、狩猟に向いていそうです。

ただしタクティカルベストを着用すると、かなり蒸れます。

(もしかしてベストは寒候期用かもしれません。)

驚くことに、今回のモデルは現代でも通販で入手可能です。

もしかしたら採用したものの、すぐに用途廃止になったのかもしれませんね。

でも、迷彩服としては高価です。

資金と相談して購入しましょう。 

 

今回は、ロシア軍特殊部隊の迷彩服を分析しました。

次回は、ロシアつながりで、ロシア陸軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のロシア軍迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

前の職場を定年になり、現在の会社へ再就職してから本日でちょうど3年になります。

同時に単身赴任も4年目に突入しました。

以前先輩から、「TVと会話できるようになったら単身赴任も一人前!」という話を聞きましたが、まだまだその域には達していませんね。

今はTVより、皆さんのブログを読むことが何よりも楽しみです。

皆さんがアップしている記事を観て、料理を食べた気になったり、旅行へ行った気になったりと、勝手に妄想して勝手に満足しています。(変態か?)

また動物記事には毎回癒されていますよ。

これからも皆さんのブログを観て、ブログの勉強をしつつ仕事も頑張ろうと思います。

そこで、勝手ですがお願いがあります。

皆さんのブログは、とても素晴らしい内容なので、ぜひ続けてくださいね。

これからも新しい記事を楽しみにしています!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  • provided courtesy of iTunes