いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

ベルギーの軍服 最新空挺迷彩スモック(ジグソーパターン)とは? 0138 🇧🇪

こんにちは!

ご好評のベルギー陸軍空挺迷彩スモックシリーズ(またシリーズを勝手に作ってしまいました!)ですが、今回はいよいよ最新のモデルを分析します。

ミリタリー物に限らず、「その製品の品質のピークは必ずしも最新とは限らない。」という法則が見事に当てはまっていますよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  ベルギーの軍服  最新空挺迷彩スモック(ジグソーパターン)とは?

有名なイギリス軍空挺デニソンスモックを範に開発された、ベルギー軍の空挺スモックですが、これまで「先祖返り」系や「迷彩生地違い」系モデルを分析してきました。

ベルギー軍の様々なモデルの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回のモデルは、ジグソーパターン迷彩デニム生地のスモックで最新(そしておそらくは最終)のモデルになります。

どんなモデルでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  スモックの全体及び細部写真

前面

Aラインは健在です。

f:id:akmuzifal6489:20190801220241j:image

 

背面

デニソンスモックから続くテイルピースがとうとう省略されてしまいました!

悲しいような、寂しいような…。

でも、切り取っていた兵士も多かったですね。これでいいのだ!
f:id:akmuzifal6489:20190801220249j:image

 

前面裏側

内ポケットは健在です。

やはりドローコーはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190801220309j:image

 

背面裏側

腰の迷彩生地は、ポケットではありません。
f:id:akmuzifal6489:20190801220259j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナーですが、フルジッパーに変更されています。

残念ながら、上下から開くダブルジッパーではありません。
f:id:akmuzifal6489:20190801220220j:image

 

タグ  めちゃ簡素です。刺繍タグの時代が懐かしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190801220238j:image

 

タグの裏側   材質とランドリーデータ
f:id:akmuzifal6489:20190801220319j:image

 

襟は勿論ダットファスナーでスタンドします。

上端までのジッパーは廃止されました。
f:id:akmuzifal6489:20190801220306j:image

 

エポレット  は変わらずテーパーで先端はラウンドです。

f:id:akmuzifal6489:20190801220303j:image

 

胸ポケット  角度が付いています。下端はスクエア  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190801220253j:imagef:id:akmuzifal6489:20190801220235j:image

 

腰ポケット  こちらも胸ポケットと同様です。

裾を絞るタブも省略されています。
f:id:akmuzifal6489:20190801220312j:imagef:id:akmuzifal6489:20190801220225j:image

 

袖口  以前のモデルにあった、袖口を絞るシステムは省略されています。
f:id:akmuzifal6489:20190801220326j:imagef:id:akmuzifal6489:20190801220217j:image

 

襟の裏にはリフレクター(反射板)夜間戦闘を考慮?
f:id:akmuzifal6489:20190801220322j:image

 

ダットファスナー表面  ODです。
f:id:akmuzifal6489:20190801220223j:image

 

ボタンはイギリス軍タイプのベルギーの官給品
f:id:akmuzifal6489:20190801220315j:image

 

ジッパーは、とうとう「YKK」を採用! 正解かもです。

でもスライダー引き手の形状は「OPTI 」を継承

f:id:akmuzifal6489:20190801220228j:image

スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩と迷彩生地は、これまでのジグソーパターン迷彩デニム生地のスモックと同じです。

これまでのベルギー軍ジグソーパターン迷彩デニム生地スモックの記事はこちらです

www.military-spec-an.com

デザインは、角度の付いた4ポケットは変わりません。

しかし、伝統的なテイルピース(ビーバーテイル)、裾タブ、袖タブはなくなりました!

まさかこんなモデルになるとは、全く考えてなかったですね。

また、このモデルだけの特殊な装備かもしれませんが、襟裏に反射板が縫い付けられていました。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1991年代

 ・製造場所                   ベルギー

 ・契約会社                   ベルギー

 ・製造会社                       〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                2

 ・各部のサイズ(平置) 

                                   着丈  約76センチ

                                   肩幅  約50センチ

                                   身幅  約66センチ

                                   袖丈  約59センチ                             

 ・状態                       デッドストック

 ・官民区分                官給品

 ・入手場所                ヤフオク 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

ベルギー軍のスモックは、各モデルとも凝った作りで人気でしたが、流石に時代には勝てなかったようです。

「シンプルイズベスト」が軍隊の常識とはいえ、今回の一部パーツの省略、廃止はデニソンスモック以来続いていた伝統が途切れる事を意味します。

ちょっと寂しいですね。

今回のモデルに使用されているデニム生地は、高い防風性能を持っています。

高空から降下する空挺部隊には、最も適した生地の一つと言えます。

勿論地上では、寒い季節風も防いでくれますよ。

でも、ゴアテックスの性能が上がってきている現在、昔ながらのデニム生地は重くて扱いにくいものなのかもしれませんね。

時代と言ってしまえばそれまでですが、やはりこちらも寂しい気持ちを禁じ得ません。

ベルギー本国でも、ゴアテックス製のスモックが開発されています。

おそらく今後は、これが各兵科共通の防寒、防水装備になってゆくのではないでしょうか。

…とするなら、そうでなくても少ない空挺装備。入手するのは「今」かもしませんね。

(意外と見かけなくなってきています。)

 

今回は、希少なベルギー軍の最新空挺スモックを分析しました。

次回は、旧西ドイツの迷彩服を分析します。お楽しみに!

                        ✳︎                  ✳︎                 ✳︎

愛媛県の松山西警察署に、亀の赤ちゃんが8匹も持ち込まれたというニュースを観ました。

なんでも、みんなで一緒に道を歩いていた(?)ところを保護されたとか!

同時に卵から孵ったばかりだったのでしょうか?仲良しですね。

画像では小さくて、めちゃ可愛いかったですよ💕

在来種であるスッポンの赤ちゃんだそうです。

保護した方、優しいですね。

こんな風に、皆んながみんなに、もう少し優しくなれたら、沢山の事が今よりもっと良くなるかもしれませんね。

みんな元気で、無事に大きくなって欲しいです。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

 

追記

以下のアイテムをヤフオクに出品しました!⬇︎

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u295101784

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/q307811987

(最低落札価格は設定していません。)

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしで参加できます。)

8月

8/23   陸上自衛隊  

          桂駐屯地

          夏休み ちびっ子大会 

8/25   航空自衛隊  

          松島基地航空祭

9月

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭