いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

フライトジャケット(Flight jackets)

世界各国の軍・軍事組織・警察などのフライトジャケット(飛行服)のカテゴリー。 モデル品も含まれています。

アフガン侵攻ロットです!【旧ソ連の軍服】空軍防寒迷彩フライトジャケット(ブタン迷彩)とは?0922 USSR ミリタリー

今回は、1980年代の旧ソ連空陸軍防寒迷彩フライトジャケットを分析します。 以前分析した同じく旧ソ連空軍シープスキンフライトジャケットの「ブタン迷彩」生地バージョンですね。 分厚い中綿でモコモコですが暖かいのが特徴です。 なんとデッドストックです…

新時代の申し子!【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットL–2A(モデル品)とは?0914 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1950年代のアメリカ空軍フライトジャケットL–2Aを分析します。 アメリカ空軍創設当初の華々しい装備でしたね。 日本の有名メーカー製モデル品で、とても良くできています。 中古ですが程度は良好ですよ! 目次 1 アメリカ空軍フライトジャケットL–2…

賛否両論!あなたは?【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットCWU–45P(最終型・83388E)とは? 0290 🇺🇸 ミリタリー

今回は、2010年代のアメリカ軍フライトジャケットを分析します。 CWU–45Pとしては、最終モデルですね。 登場直後、マニアの間で大論争を巻き起こしました。 中古品ですが程度は良好ですよ! スポンサーリンク スポンサーリンク 目次 1 アメリカ空軍フライト…

思い出がいっぱい?【アメリカの軍服】海軍士官候補生ジャケット(ベトナム戦時契約品)とは? 0036 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1970年代のアメリカ海軍士官候補生用ジャケットを分析します。 士官学校で使用される衣類ですね。 とてもシンプルなジャケットです。 中古品ですが、程度は良好ですよ! スポンサーリンク スポンサーリンク 目次 1 アメリカ海軍士官候補生ジャケッ…

多数のポケットが魅力!【カナダの軍服 】陸軍フライトジャケット(OG・暖候期用)とは?0046 🇨🇦ミリタリー

今回は、2000年代のカナダ軍フライトジャケットを分析します。 アメリカとイギリスの影響を受けているようです。 多くのフライトジャケットがそうであるように、バイカーの皆さんにも使える機能が魅力ですね。 中古品ですが、程度は極上品ですよ! 目次 1 …

VIPの接遇用?【アメリカの軍服】陸軍エアクルーサービスジャケット(AG344)とは? 0042 🇺🇸ミリタリー

(この記事は2019年5月に掲載した記事を加筆・修正したものです。) 今回は、1990年代のアメリカ陸軍エアクルーサービスジャケットを紹介します。 VIP用の航空機搭乗員が着用していましたね。 シンプルでシックなジャケットです。 中古品ですが、程度はとて…

ライトゾーン担当です!【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットL–2B(ナイロン製・初期型・モデル品)とは?0906 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1960年代のアメリカ空軍のナイロン製フライトジャケットを分析します。 大阪にある有名なSHOP製のモデル品ですね。 現代も続く有名フライトジャケット復刻ブーム初期の製品です。 少々傷んでいますが、着用は可能ですよ! 目次 1 アメリカ空軍フラ…

奇跡を入手しました!【旧ソ連の軍服】空軍レザーフライトジャケット(シープスキン・寒候期用)とは?0905 USSR ミリタリー

今回は、1980年代と思われる旧ソ連軍レザーフライトジャケットを分析します。 シープスキン(羊革)を用いたヘビータイプですね。 モデル品は見たことがありましたが、官給品は初めてでした! 細部はかなり傷んでいますが、なんとか着られますよ! 目次 1 …

分厚い中綿が魅力!【フランスの軍服】陸軍コットンフライトジャケット(OG・モデル品)とは?0895🇫🇷ミリタリー

今回は、1980年代と思われるフランス軍フライトジャケットのモデル品を分析します。 コットン製でカラーから陸軍モデルを再現しているようですね。 でも疑問点もありました。 少々傷んでいますが、外観の程度は良好ですよ! 目次 1 フランス陸軍コットンフ…

懐かしい輸入品!【アメリカの軍服】空軍レザーフライトジャケットA–2(クーパー社製輸出モデル)とは?0892 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1980年代のアメリカ空軍レザーフライトジャケットを分析します。 かつての(現在も健在?)有名な業者が輸入したものですね。 タグが官給品に近いタイプになります。 中古品ですが、程度は良好ですよ! 目次 1 アメリカ空軍レザーフライトジャケッ…

ルフトヴァッフェの誇り!【ドイツの軍服】空軍レザーフライトジャケット2種(1988年・2000年モデル)とは?0881 🇩🇪 ミリタリー

今回は、近年のドイツ空軍レザーフライトジャケット2種類を分析します。 多くのファッションブランドでサンプリングされている有名なジャケットですね。 でも2種類のモデルには大小いくつかの違いがありました! どちらも中古品で使用感がありますが、程度…

某国のコピーにあらず!【韓国の軍服】空軍フライトジャケット(難燃タイプ・ライナー付) とは?0843 🇰🇷 ミリタリー

今回は、2000年代の韓国空軍フライトジャケットを分析します。 アメリカ軍の難燃フライトジャケットに似ていますね。 カッコイイデザインです。 残念ポイントもありますが、全く着用感のない極上品ですよ! 目次 1 韓国空軍フライトジャケット(難燃タイプ…

アルファ社の逆襲!【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットMA–1(1968年型復刻モデル品・セージグリーンタイプ)とは? 0800 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1960年代のアメリカ空軍フライトジャケットMA–1を分析します。 ミリタリージャケットの定番とも言えるモデルですね。 残念ながらモデル品ですが、実際に同じモデルの官給品を納入していたメーカー製です。 とある組織の人物が着用していました。 中…

友情の国!【トルコの軍服】空軍フライトジャケット(難燃・L–2タイプ)とは? 0781 🇹🇷 ミリタリー

今回は、2010年代のトルコ空軍フライトジャケットを分析します。 難燃繊維製で、やはり紫外線による変色がありました。 …ということは、やはりアメリカ系の難燃繊維を参考に開発したのでしょうか? 使用感もありますが、程度は良い方ですよ! 目次 1 トルコ…

太陽の洗礼!【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットCWU–36P(初期型・2種)の変色とは? 0775 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1980年代のアメリカ空軍フライトジャケットCWU–36P(初期型)の変色について分析します。 CWU–36Pとは、アメリカ海軍CWU–45Pから派生した、軽量難燃フライトジャケットでしたね。 でも機能には影響のない、ある特質がありました。 今回はコレクショ…

ユナイテッドアローズから参戦!【アメリカの軍服】陸軍航空隊レザーフライトジャケットA–2(国産モデル品)とは? 0771 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1940年代のアメリカ陸軍航空隊レザーフライトジャケットA–2を分析します。 残念ながら国産のモデル品ですが、とても良くできていますよ。 さすが超有名ブランドですね。 (ここは数多くのミリタリークロージングをサンプリングしていることでも有名…

憧れのジャンパー!【自衛隊装備品】航空自衛隊リバーシブルフライトジャケット(ナイロン・イエロータイプ・BX品)とは? 0759 🇯🇵 ミリタリー

今回は、1970年代の航空自衛隊ナイロン製フライトジャケット(航空上衣)を分析します。 難燃繊維製になる前の型ですね。 ブルーとのリバーシブルですが、片側はレスキューオレンジではありませんよ。 残念ながらBX(基地内売店)品ですが、この当時は官給品…

勿体ない一品!【アメリカの軍服】海軍レザーフライトジャケットG–1(7823D・全パッチ外し・ベトナム戦争ロット)とは? 0745 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは! 今回は、1970年代のアメリカ海軍G–1レザーフライトジャケットを分析します。 既に何着か分析しているG–1ですが、今回は各パッチ(ワッペン)が全て外されたモデルになります。 まったくもって、勿体ないですね。 残念ポイントもありますが、程…

シンプルイズベスト!【アメリカの軍服】陸軍ヘリクルージャケット(寒候期用・後期型・プレーン)とは? 0741 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1970年代のアメリカ陸軍ヘリクルー(フライヤーズジャケット)を分析します。 寒候期用で、以前分析したパッチ付きのモデルと同じものです。 でもパッチがない分、今回のモデルの方が細部がよくわかりますね。 今回は中古ですが、殆ど使用感のない極…

【イタリアの軍服】空軍フライトジャケット(L–2Bタイプ・グレイ)とは? 0710 🇮🇹 ミリタリー

今回は、1980年代のイタリア空軍振りとジャケットを分析します。 基本的には、以前分析した陸軍のフライトジャケットと同様のデザインですね。 でも、今回のモデルがより古いタイプのようです。 残念ポイントもありますが、程度は良い方ですよ! 目次 1 イ…

老舗の風格!【アメリカの軍服】陸軍航空隊A–2レザーフライトジャケット(イーストマン社製モデル品)とは? 0672 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1940年代の旧アメリカ陸軍航空隊のレザーフライトジャケットA–2を分析します。 勿論、近年のイギリス製モデル品ですが、とてもよくできていますね。 日本でA–2と言えば、国産の高級モデル品が有名ですが、それらとはちょっと違うところもあります。 …

【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットCWU–36P(初期型・83382Bプレーン)とは? 0664 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1970年代のアメリカ軍難燃フライトジャケットCWU–36Pを分析します。 初期型ですが、パッチ(ワッペン)類の付いていないプレーンなモデルになります。 以前分析したCWU–45Pと似ていますが、別物です。 今回のアイテムも中古品ですが、殆ど使用感のな…

コレクション史上最高位!【アメリカの軍服】フライトジャケットCWU–45P(83388A・少将着用品)とは? 0648 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1970年代のアメリカ軍フライトジャケットを分析します。 既に何着かのCWU–45P系フライトジャケットを記事にしています。 でも、今回は空軍の偉い軍人さん用ですね。 でも殆ど使用感がありませんでした。 何故でしょう? 今回のアイテムも中古品です…

【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットN–3B(6279F・ナイロンモデル)とは? 0644 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1960年代のアメリカ空軍防寒フライトジャケットN–3Bを分析します。 今回は、初期から中期にかけて支給されたナイロンモデルですね。 一見、見慣れた市販品に似ていますが、大きく違うところもありましたよ。 今回も中古品ですが、程度は良好です! …

【アメリカの軍服】海軍フライトジャケットJ–CWFS(83388A)とは? 0639 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは! 今回は、1970年代アメリカ軍の貴重なフライトジャケットを分析します。 有名なCWU–45P…になる前の段階のジャケットですね。 (SPECでは2番目のモデルになります。) そうです! CWU–45Pは、元はそんな型式番号なんて…なかったんですよね。 そ…

【アメリカの軍服】海軍フライトジャケットG–1(7823C)とは? 0635 🇺🇸 ミリタリー

kこんにちは! 今回は、アメリカ海軍のレザーフライトジャケットG–1を分析します。 既に何着か分析しているG–1ですが、今回は…もしかしたら歴史的な一品かもしれません。 (調査が必要ですね。) それはともかく、今回も中古品ですが、艶々で程度は良好ですよ…

【アメリカの軍服】空軍フライトジャケットN–3B(MODIFIED・6279Hオリーブグリーン)とは? 0634 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは! 今回は、アメリカ軍の防寒フライトジャケットN–3Bを分析します。 以前もN–3Bを分析しましたが、今回のモデルは、それ以前のモデルの一部を改造したものになります。 そのカラーや生産数の関係から、日本では一部で人気のN–3Bですね。 今回は中…

【アメリカの軍服】フライトジャケットCWU–45P(初期型・83388B)とは? 0622 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは! 今回は、1980年代のアメリカ軍難燃フライトジャケットの元祖、CWU–45Pを分析します。 以前、CWU–45P(最終型)を分析しましたね。 今回のモデルは、貴重な初期型(CWU–45Pとしては2番目のモデル)になります。 中古品ですが、程度はとても良い…

【旧東ドイツの軍服】空軍フライトジャケット(夏季用)とは? 0613 DDR ミリタリー

今回は、今は亡き旧東ドイツ空軍の迷彩フライトジャケットを分析します。 一見、どこかの会社の作業服みたいなデザインに見えます。 でも、本当は「羊の皮を被った狼」的なジャケットでしたよ! 今回のアイテムもデッドストックです。 目次 1 旧東ドイツ空…

天然ムートン襟!【アメリカの軍服】海軍レザーフライトジャケットG–1(7823D・1968年)とは? 0612 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1960年代のアメリカ海軍フライトジャケットG–1を分析します。 今回はサブタイプ(モデル番号の最後のアルファベット)が「D」で、G–1としては5番目のモデルになります。 勿論、ベトナム戦争ロットですね。 ニットはともかく、レザーの状態は良好で…