いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ロシアの軍服 陸軍迷彩スモック(フレック迷彩)とは? 0224 🇷🇺 ミリタリー

こんにちは!

今回もロシア軍の迷彩服を分析します。

ついに、この迷彩まで作ってしまいましたね。

ここまで来ると、別の用途があるのでは?

…なんて考えざるを得ないですね。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ロシアの軍服 陸軍迷彩スモック(フレック迷彩)とは?

近年の各国軍戦闘服は、まさに迷彩服のオンパレードです。

単色の戦闘服を使用している国を見つける方が困難な時代になってきました。

(迷彩服マニアにとっては、良い時代ですね!…私は違いますが。←嘘)

勿論、ロシア軍においても同様ですが、少々事情が違います。

それは、迷彩服の種類が多すぎるということです。

驚くことに、各省で独自の部隊があり、部隊毎に異なった迷彩服を採用しているからなんですね。

また、同じ部隊でも一人ひとり着ている迷彩服が違っていたりする場合があるから驚きです。

これは、迷彩服を開発しているメーカーが、次から次へと新モデルを量産していて、個人が気に入った迷彩服を着ている(?)からのようです。

その迷彩服のパターンは、ロシアオリジナルから、世界中の迷彩パターンを模倣したものまで様々です。

こんな状態でよく作戦できるなと思いますね。

宿敵ながら、友軍相撃(同士討ち)とか発生しないのか心配になります。

そんなロシア軍ですが、今回のモデルは世界的にも有名な迷彩をコピー(?)したものになります。

さて、どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  迷彩スモックの全体及び細部写真

ジャケット

前面

フードは最初から付属しています。

パターンは細部を比べてみないとわかりませんが、雰囲気はドイツ軍の迷彩そっくりですね。

f:id:akmuzifal6489:20191024073454j:image

 

背面

身幅が狭いのは、ゴムで絞られているからです。
f:id:akmuzifal6489:20191024073347j:image

 

前面裏側

左胸には、ボタンで開閉する内ポケットが設けられていますよ。
f:id:akmuzifal6489:20191024073444j:image

 

背面裏側

ウエストには、背中側のみゴムが内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20191024073342j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191024073423j:image

 

腰のスラッシュポケット

内側はカーキの生地

隠しボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191024073247j:image

 

袖ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191024073401j:imagef:id:akmuzifal6489:20191024073458j:image

 

肘の補強生地

袖口にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191024073357j:image

 

フードのドローコードとボタン


f:id:akmuzifal6489:20191024073325j:image

 

フード部

シンプルな造りです。
f:id:akmuzifal6489:20191024073338j:image

 

ウエストにはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191112145937j:image

 

フードの付け根もしっかり補強
f:id:akmuzifal6489:20191024073304j:image

 

ポケット内側の生地は、ストラップで縫い付けらrて、バタツキを防止しています。
f:id:akmuzifal6489:20191024073428j:image

 

タグは無くて、ポケットの裏地にサイズスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20191024073419j:image

 

トラウザース

前面

デザインはオーバーオールですね。
f:id:akmuzifal6489:20191024073251j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191024073405j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191024073300j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191024073434j:image

 

前合わせはボタンですが、開放できません。
f:id:akmuzifal6489:20191024073309j:image

 

膝前部のポケット
f:id:akmuzifal6489:20191024073256j:image

 

脚には、外側に二箇所ゴムが内蔵されています。

これは歩いた時に、衣擦れ音を消すための物です。

陸上自衛隊で言うところの「消音装置」ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191024073352j:image

 

臀部の補強生地

見づらいですが、ヘキサゴンタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20191024073414j:image

 

前掛け部分

真ん中にポケット
f:id:akmuzifal6489:20191024073316j:image

 

ウエストの左右にはゴムを内蔵

最近ゴム入りのトラウザースが増えてきましたね。
f:id:akmuzifal6489:20191024073507j:image

 

脚部裏側

消音装置はカーキの生地でカバー

裾にもゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20191024073409j:image

 

前掛け裏側
f:id:akmuzifal6489:20191024073449j:image

 

サイズタグはなく、スタンプのみ。
f:id:akmuzifal6489:20191024073321j:image

 

肩紐
f:id:akmuzifal6489:20191024073440j:imagef:id:akmuzifal6489:20191024073312j:image

 

肩紐付け根にはゴムテープが。

これで身体にフィットしそうです。
f:id:akmuzifal6489:20191024073502j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンをベースに、レッドブラウン、ダークグリーングレイ、ブラックグリーン、ブラックで斑点を描いています。

ドイツ軍が採用しているフレック迷彩にそっくりです。

(心なしか一粒ひと粒が大きい気がしますが…。)

生地は薄いリップストップですが、光が透けて見えるほどではありません。

デザインは、穿った見方かもしれませんが旧ドイツ軍の武装親衛隊のスモックを近代化、省略化したような造りですね。

ジャケットはフード付き2ポケット+袖ポケットでシンプルです。

トラウザースは、オーバーホール型2ポケット(前面のみ)+胸ポケットで、袖や裾はゴムを内蔵しています。

また両足には、トラウザースを絞った状態でキープするゴムも装備されていますよ。

この念入りな装備は…もしかして、このモデルもスナイパー用なのかもしれませんね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2010年代年

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                50–5

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)      

                                      ジャケット

                                    着丈  約75センチ

                                    肩幅  約53センチ

                                    身幅  約62センチ

                                    袖丈  約66センチ   

                                        トラウザース

                                    着丈  約112センチ

                             ウエスト  約45センチ

                                    股上  約38センチ

                                    股下  約77センチ

                                 裾幅   約15センチ                                         

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 民生品(?)

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

第二大戦中の有名な戦闘で、「バルジの戦い」というのがありました。

ドイツ軍が命運を掛けて、連合軍に反撃に出たヨーロッパの戦いでしたね。

そこでドイツ軍は、ネイティブに英語を話せる兵士にアメリカ兵捕虜の衣類を着用させて、偽のアメリカ兵部隊を組織しました。

それらの兵士は、アメリカ軍憲兵を演じていたりしたため、本当のアメリカ軍は大混乱に陥ったそうです。

そこまで徹底したものではありませんが、今回のスモックは、そんな目的もあるのかな?…なんて勘ぐってしまいますね。

また、1980年代の中国人民解放軍は、各国の迷彩を再現して研究していました。

(中には陸上自衛隊の迷彩服1型にも似た迷彩服もありましたよ。)

ロシア軍も、テストして効果を確認していたのかもしれませんね。

(それで採用されたのが、デジタルフローラなら…少々納得がいかないですね。←私見)

用途はともかく、迷彩としては定評のあるフレック迷彩なので、日本でも効果は抜群です。

またドイツ軍戦闘服のように型式ばったものではなく、ラフに着られるのでサバイバルゲームや野鳥観測にも手軽に使用できるかもしれませんね。

ポケットの数は必要最小限ですが、不足分は各種パウチ類で補完してみましょう。

今回のモデルも数は出回っていませんが、比較的新しい製品ですので、地道にそして気長に探せば必ず見つかりますよ!

 

今回は、ロシア軍のドイツ系迷彩のスモックを分析しました。

次回は、フランス軍のフライトジャケットを分析します。

ちょっと珍しい色調とパッチ(ワッペン)が意味深ですよ。

お楽しみに!

参考:ドイツ軍のフレック迷彩装備に関する記事はこちらです。⬇︎

 その他のロシア軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com 

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ポーリュシュカ・ポーレ

ポーリュシュカ・ポーレ

  • 浜口史郎
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes