いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

オーストリアの回答!【オーストリアの軍服】陸軍フィールドジャケット(M65タイプ)とは?0924 🇦🇹 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211130201003p:plain

今回は、1980年代のオーストリア軍フィールドジャケットを分析します。

アメリカ軍M65フィールドジャケットは、ヨーロッパにも影響を与えていたようですね。

でも、そこはオーストリア。

単なるM65のコピーではありませんでしたよ!

中古品ですが、程度は良好です!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  オーストリア陸軍フィールドジャケット(M65タイプ)とは?

昨今の古今東西の軍隊や軍事組織では、もう迷彩服は標準装備ですね。

 

でもオーストリア軍は最近まで、迷彩装備支給はごく一部の部隊や兵科のみに限定されていました。

 

個人装備の多くは、濃いオリーブドラブ(オリーブグリーンではなく)単色の衣類で通してきていましたね。

 

今回のモデルは、そんなオーストリア軍の単色装備の一つで、フィールドジャケットになります。

 

オーストリア軍のフィールドジャケットは、年代や兵科でいくつかタイプがありますね。

 

でも今回のモデルは、アメリカ軍のM65フィールドジャケットや、M43フィールドジャケットを原型にしているようですよ!

 

さてさて、それはどんなフィールドジャケットなのでしょうか?

 

今回は、オーストリア軍装備マニアのみならず、他人とは違うM65フィールドジャケットを着用したいあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面

カラーはともかく、デザインは完全にアメリカ軍のM65フィーウドジャケットですね。

f:id:akmuzifal6489:20211128195111j:image

 

背面

サイズにもよりますが、全般的に着丈がやや長いのも特徴です。
f:id:akmuzifal6489:20211128195143j:image

 

前面裏側

…でもライナー装着用のボタンが一切ありません。

また左胸には内ポケットがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20211128195132j:image

 

背面裏側

勿論、ほぼ全面にライニングがあります。
f:id:akmuzifal6489:20211128195055j:image

 

襟周りレイアウト

f:id:akmuzifal6489:20211128195136j:image

 

襟裏
ちゃんとチンストラップもありますが、アメリカ軍M65フィールドジャケットのようにマジックテープではなく、ボタン留めですね。
f:id:akmuzifal6489:20211128195130j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます。

f:id:akmuzifal6489:20211128195108j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195105j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。

f:id:akmuzifal6489:20211128195116j:image

 

タグ①

表と裏
製造所と材質のようです。
f:id:akmuzifal6489:20211128195059j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195207j:image

 

タグ②
表と裏

サイズのようです。
f:id:akmuzifal6489:20211128195155j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195052j:image

 

エポレット

逆テーパー付きのクサビ型

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20211128195124j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
ボタンホールはアメリカ軍M43フィールドジャケットに似ていますね。

f:id:akmuzifal6489:20211128195152j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195139j:image

 

腰ポケット
こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20211128195127j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195202j:image

 


テーパー付きの立体裁断です。
f:id:akmuzifal6489:20211128195159j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195113j:image

 

袖口はボタンで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20211128195214j:image

 

背中にはアクションプリーツ
アメリカ軍M65フィールドジャケットにそっくりですね。
f:id:akmuzifal6489:20211128195149j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20211128195036j:image

 

内ポケット

ボタンで開閉

概ね胸ポケットと同じ容量です。
f:id:akmuzifal6489:20211128195102j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195120j:image

 

襟内部(背中まで通じています。)にはフードを内蔵。

簡易フードではなくシェルと同じ生地で作られています。

勿論、フード前縁にはドローコードを内蔵。
f:id:akmuzifal6489:20211128195146j:imagef:id:akmuzifal6489:20211128195045j:image

 

フード付け根の伸縮生地も、アメリカ軍M65フィールドジャケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20211128195042j:image

 

ライニングもシェルと同じ生地です。f:id:akmuzifal6489:20211128195049j:image

 

ジッパー

今回のモデルは「YKK」

でも、いくつかのメーカー製があります。
f:id:akmuzifal6489:20211128195217j:image

 

一方フードのジッパーは「COHO」
あまり見ないメーカーですね。
f:id:akmuzifal6489:20211128195039j:image

 

オーストリア陸軍共通ボタン。

ODのプラスティック製

2穴タイプで、お皿をひっくり返したようなデザイン。
f:id:akmuzifal6489:20211128195210j:image

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地は、茶色味の強いオリーブドラブ(本来オリーブドラブはこんな色調という説もありますね。)のコットン/ポリエステルサテンで、シェル、ライニング、フードが同じ生地です。

 

やや厚くしっかりした生地ですが、重量があるのが特徴ですね。

 

デザインは、やはりアメリカ軍のM65及びM43フィールドジャケットを参考にしています。

 

構成は、エポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2、内ポケットですが、M65フィールドジャケットにあるライナーを取り付けるボタンはありません。

前見頃、ポケット、袖口は全てボタンで開閉します。

(もしかしたらマジックテープを剥がす時の音を考慮したのかもしれませんね。)

 

全体的な縫製は、とても正確かつ丁寧で、高い技術で仕立てられています。

 

今回のモデルには最初からありませんでしたが、通常左袖上部に国家紋章のパッチ(ワッペン)が縫い付けられているモデルもあります。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1984年

・製造場所     オーストリア

・契約会社     オーストリア

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    88–92 Ⅲ/Ⅳ

         (日本人のM〜L)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約82センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約62センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     名古屋の専門店

・入手難易度    1(容易)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

やはりカラーが変わるだけで、受ける印象が全く違いますね。

 

アメリカ軍の官給品オリーブグリーンのM65フィールドジャケットもカッコイイですが、オーストリアのフィールドジャケットも、なかなかですね。

 

ある意味氾濫しているアメリカ軍M65主体のファッション界に一石を投じるものかもしれません。

 

またライニングやフードがシェルと同じ生地でできているというのは、そのまま防風、防寒性能が高いという事がいえます。

 

ライナーは単体で着られるフリースなどを準備すると、真冬でも大丈夫そうですね。

 

寒候期のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、キャンプ、バイクなどに使用できそうですよ。

 

またファッションの素材としても使えそうです。

 

今回のモデルは、なんとか現在でも入手可能です。

(場合によってはデッドストックも入手できるかもしれません。)

 

大手通販サイトでも取り扱われていますので、いつでも誰でも購入できるのが嬉しいですね。

 

他にもオーストリア陸軍フィールドジャケットは、デザインの違うモデルが数種類あるので、あなたのシチュエーションに合わせて購入できるのも利点です。

(同じコンセプトで、シャツやトラウザーズもありますね!)

 

ところで、オーストリア本国では、とうとう新型迷彩を採用・支給され始めたようです。

 

オーストリア軍新型迷彩服

New pattern: Austrian Army – Camogeek | Esercito

…ということは、必然的にOD単色装備は、お役御免となり多くが民間業者へ払い下げられるはずです。

 

これからオーストリア軍ものは、今以上に充実してくるかもしれませんね。

 

これをチャンスに、あなたも購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

私は国家紋章のパッチが付いたデッドストックを探してみようとお思います。😃

 

今回は、個性を発揮できるオーストリア陸軍単色フィールドジャケット(M65タイプ)を分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他のオーストリア軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【中古】◆実物 オーストリア軍 M-65フィールドジャケット ブラウン♪ミリタリー アーミー アウター 軍物 コンバット

実物 USED オーストリア軍 ファティーグカーゴパンツ【クーポン対象外】【I】 / 軍パン ミリタリーパンツ 実物放出品 軍払い下げ品 ユーロサープラス WIP メンズ ミリタリー アウトドア【N】
 


オーストリア軍放出品 バックパック KAZ 75 ナイロン製 オリーブドラブ 容量45L モデル75 払下げ品 リュックサック デイパック ザック ナップサック デイバッグ 背嚢 かばん カバン ミリタリーサープラス ミリタリーグッズ

オーストリア軍、ブラウン、ファティーグシャツ(USED)E74U-

【中古】◆実物 オーストリア軍 コットンキャンバスベルト グリーン♪ミリタリー アウトドア アクセサリー 軍物 アルミ アーミー 軍用

スポンサーリンク

白い冬

白い冬

  • ふきのとう
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
さよなら

さよなら

  • オフコース
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
さよなら

さよなら

  • 上白石萌音
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes