いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ブルガリアの軍服 陸軍迷彩カバーオール(その1)とは? 0054 🇧🇬

こんにちは!

さて今回は、ブルガリアの少し古い迷彩服を紹介します。

この時代のカバーオール(ワンピース)は珍しいですよ!

スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

   目次

1  ブルガリアの軍服  陸軍迷彩カバーオール(その1)とは?

これまでにも数点このブログでも紹介していましたが、今回は1970年代のものになります。

また、上下セパレートの戦闘服ではなく、カバーオールです。珍しいですね。

これまで紹介した戦闘服やスモックが、どこか機械的な感じがしたのに対し、今回のモデルは手造り感を感じます。

ボルサレロ博士の著作「CAMOUFLAGE UNIFORMS of European and NATO Armies 1945 to the Present」の82ページに似たカバーオールの写真がありますが、これより前のモデルのようです。

稀少品かもしれませんね。

2  カバーオール(ワンピース)の全体及び細部写真

 前面上半身

f:id:akmuzifal6489:20190501184800j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20190501184756j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20190501184711j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20190501184746j:image

 

前面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184717j:image

 

前面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184702j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184721j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184740j:image

 

プリーツ付きの胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190501184727j:image

 

右腰ポケット上の小ポケット  ブラウンの色が薄いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190501184708j:image

 

左側にもあります。
f:id:akmuzifal6489:20190501184659j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190501184750j:image

 

袖口  ストラップとボタンで調整
f:id:akmuzifal6489:20190501184714j:image
f:id:akmuzifal6489:20190501184724j:image

 

足首裾
f:id:akmuzifal6489:20190501184803j:image
f:id:akmuzifal6489:20190501184753j:image
f:id:akmuzifal6489:20190501184705j:image

 

ドローコードは何故か左右で色違い。
f:id:akmuzifal6489:20190501184733j:image

 

表側のプリント色がこんな所に付いています。手作り感いっぱい?
f:id:akmuzifal6489:20190501184743j:image

 

ボタンには星のマークが! よく見ると迷彩のプリントにズレが!
f:id:akmuzifal6489:20190501184736j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  特徴

今回のモデルは、生地がカーキでブラウンとグリーンでスプリンター(破片)迷彩をプリントしてあります。

その後のモデルのように、ブラウンとグリーンが離れているのではなく、一部接触したり上塗りされていますよ。

また、波線はなんか手描きのイメージがあります。

ブルガリアの迷彩は、昔は比較的明るい色調だったのですが、次第に暗くなって行きました。面白いですね。

4  諸元

   ・製造年又は契約年度       1970年代

                                            (推定)

   ・製造場所                         ブルガリア

   ・契約会社                         国内会社

   ・製造会社                              〃

   ・材質                                コットン

   ・表記サイズ                      不明

   ・各部のサイズ(平置)

                                  着丈  約153センチ

                                  肩幅  約51センチ

                                  身幅  約63センチ

                                  袖丈  約62センチ

                                  股下  約72センチ

                                  裾幅  約24センチ

   ・状態                    中古良品

   ・官民区分             官給品

   ・入手方法             ヤフオク

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

じつはもう一つカバーオールをコレクションしていますが、今回のモデルよりさらに明るい色調で、パターンがより手描き風です。(後日紹介します。)

ブルガリア軍で何があったのでしょうね。

この迷彩は、明暗が分かれていて、日本のフィールドでも効果ありそうです。

また、ベトナム戦争中のアメリカ特殊部隊員は、パイロットのカバーオールが欲しかったとの証言もあります。

カバーオールは、サバイバルゲームにも使い勝手が良いかもしれませんね。

なかなか見つからないアイテムですが、気長に網を張っていれば、入手は可能かもしれません。

 

今回は、これまでと微妙に違ったブルガリアの迷彩服を紹介しました。

次回は、陸上自衛隊の、ある意味稀少な迷彩服を紹介します。お楽しみに!

          ✳︎           ✳︎          ✳︎

所用で不在だったために、更新が遅れました。

私の住んでる地方は、ここのところ晴れ間が広がっています。

近所の水田には、アオサギさんが何羽もいて食事してましたよ。

大きな鳥さんと、友達になりたいですね。

(お魚おごってくれるかな?)

 

読んでいただき、ありがとうございました。