いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ブルガリアの軍服 陸軍迷彩カバーオール(その1)とは? 0054 🇧🇬 ミリタリー

こんにちは!

さて今回は、ブルガリアの少し古い迷彩服を分析します。

この時代のカバーオール(ワンピース)は珍しいですよ!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  ブルガリアの軍服  陸軍迷彩カバーオール(その1)とは?

これまでにも数点このブログでも紹介していましたが、今回のモデルは1970年代のものになります。

また、上下セパレートの戦闘服ではなく、カバーオール(ワンピース)です。

ブルガリア軍は、1950年代から終始一貫このスプリンター迷彩を採用している一方、旧東ドイツ軍などでも使用されていたレインドロップ迷彩も並行して採用していますね。

何故でしょう?

このスプリンター迷彩でも、時代とともに微妙に迷彩の色調やパターン、仕上げが変わってきていますよ。

特に、これまで紹介した戦闘服やスモックが、どこか機械で量産的な感じがしたのに対し、今回のモデルは手造り感を感じますよ。

ボルサレロ博士の著作「CAMOUFLAGE UNIFORMS of European and NATO Armies 1945 to the Present」の82ページに、似たカバーオールの写真がありますが、それより前のモデルのようです。

もしかしたら、稀少品かもしれませんね。

さて、どんなカバーオールなのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ブルガリアの軍服 陸軍迷彩カバーオール(ワンピース)の全体及び細部写真

前面上半身

迷彩のベース色がカーキでグリーンも明るいので、受ける印象が違ってきますね。

f:id:akmuzifal6489:20190501184800j:image

 

前面下半身
f:id:akmuzifal6489:20190501184756j:image

 

背面上半身
f:id:akmuzifal6489:20190501184711j:image

 

背面下半身
f:id:akmuzifal6489:20190501184746j:image

 

前面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184717j:image

 

前面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184702j:image

 

背面上半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184721j:image

 

背面下半身裏側
f:id:akmuzifal6489:20190501184740j:image

 

プリーツ付きの胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190501184727j:image

 

右腰ポケット上の小ポケット  ブラウンの色が薄いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190501184708j:image

 

左側にもあります。
f:id:akmuzifal6489:20190501184659j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190501184750j:image

 

袖口  ストラップとボタンで調整
f:id:akmuzifal6489:20190501184714j:image
f:id:akmuzifal6489:20190501184724j:image

 

足首裾
f:id:akmuzifal6489:20190501184803j:image
f:id:akmuzifal6489:20190501184753j:image
f:id:akmuzifal6489:20190501184705j:image

 

ドローコードは何故か左右で色違い。
f:id:akmuzifal6489:20190501184733j:image

 

表側のプリント色がこんな所に付いています。手作り感いっぱい?
f:id:akmuzifal6489:20190501184743j:image

 

ボタンには星のマークが! よく見ると迷彩のプリントにズレが!
f:id:akmuzifal6489:20190501184736j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  特徴

今回のモデルは、生地がカーキでブラウンとグリーンでスプリンター(破片)迷彩をプリントしてあります。

その後のモデルのように、ブラウンとグリーンが離れているのではなく、一部接触したり上塗りされていますよ。

また、波線はなんか手描きのイメージがあります。

ブルガリアの迷彩は、昔は比較的明るい色調だったのですが、次第に暗くなって行きました。

面白いですね。

4  諸元

   ・製造又は契約年度       1970年代

                                            (推定)

   ・製造場所                      ブルガリア

   ・契約会社                      ブルガリア  

   ・製造会社                             〃

   ・材質                             コットン

   ・表記サイズ                   不明

   ・各部のサイズ(平置)

                                  着丈  約153センチ

                                  肩幅  約51センチ

                                  身幅  約63センチ

                                  袖丈  約62センチ

                                  股下  約72センチ

                                  裾幅  約24センチ

   ・状態                    中古良品

   ・官民区分             官給品

   ・入手方法             ヤフオク

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

じつは、もう一つカバーオールをコレクションしていますが、今回のモデルよりさらに明るい色調で、パターンがさらに手描き風です。

(後日分析します。)

ブルガリア軍で何があったのでしょうね。

この迷彩は、メリハリが効いていて、日本のフィールドでも効果ありそうです。

また、ベトナム戦争中のアメリカ特殊部隊員は、パイロットのカバーオールが欲しかったとの証言もあります。

カバーオールは、サバイバルゲームにも使い勝手が良いかもしれませんよ。

昨今、ブルガリア軍ものは、頻繁にオークションでも見かけるようになりました。

でも、比較的新しい時代の物が多いですね。

今回のモデルは、なかなか見かけないです。

でも、気長に網を張っていれば、いつかは入手できます。

諦めないで、網を張って待ちましょう!

 

今回は、これまでと微妙に違ったブルガリアの迷彩服を紹介しました。

次回は、陸上自衛隊の、ある意味稀少な迷彩服を紹介します。

お楽しみに!

参考:その他のブルガリア軍装備関連記事はこちらです。⬇︎

ブルガリ軍が影響を受けたと思われる迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com      ✳︎     ✳︎              ✳︎

 読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

きみのうた

きみのうた

  • 安田 レイ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes