いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

アフガン侵攻ロットです!【旧ソ連の軍服】空軍防寒迷彩フライトジャケット(ブタン迷彩)とは?0922 USSR ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211128104312p:plain

今回は、1980年代の旧ソ連空陸軍防寒迷彩フライトジャケットを分析します。

以前分析した同じく旧ソ連空軍シープスキンフライトジャケットの「ブタン迷彩」生地バージョンですね。

分厚い中綿でモコモコですが暖かいのが特徴です。

なんとデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  旧ソ連空軍防寒迷彩フライトジャケット(ブタン迷彩)とは?

以前、同じく旧ソ連空軍ブタン迷彩パイロットスーツ(セパレート型)を分析しました。

 

これは薄い生地の暖候期用でした。

 

でもあまり知られていませんが、実は中綿が入った冬用もありましたよ。

 

私も雑誌の不鮮明な写真でしかみたことがなく、長らく「幻のアイテム」と化していましたが、なんと今回デッドストックを入手することに成功しました!

 

まさか令和の現代に、このフライトジャケットが、しかもデッドストックで入手できるなんて、夢にも思わなかったです。

(これは奇跡ですよ!)

 

基本的には、旧ソ連空軍レザーフライトジャケット(シープスキン・寒候期用)のデザインと大きく変わりませんが、迷彩生地になるだけで大きく印象が変わっていますよ!

 

さてさて、それはどんな防寒迷彩フライトジャケットなのでしょうか?

 

今回は、旧ソ連軍パイロット装備マニアのみならず、一着で完結する防寒着をお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面
襟ボアが特徴的ですね。f:id:akmuzifal6489:20211116135155j:image

 

背面
美しい迷彩です!
f:id:akmuzifal6489:20211116135105j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211116135058j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211116135150j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20211116135115j:image

 

襟の裏にはチンストラップとボタンがあって…
f:id:akmuzifal6489:20211116135127j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135118j:image

 

襟を立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20211116135205j:image

 

前合わせはジッパーと下部にある2個のダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20211116135158j:image

 

内側の各種スタンプ

f:id:akmuzifal6489:20211116135211j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135202j:image

 

右胸ポケット

ジッパーで開閉

やはり拳銃用のマガジンポケットがあります。

内部の生地も迷彩
f:id:akmuzifal6489:20211116135152j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135109j:image

 

左胸ポケット

三角形の内部生地は、ホルスター(拳銃入れ)も兼ねています。

拳銃を繋ぎ止めておくためのコード(ランヤード)も装備
f:id:akmuzifal6489:20211116135147j:image

 

腰ポケット
オープンタイプです。
内部はブルーの起毛生地
ハンドウォーマーも兼ねているようです。
ポケット口はブラウンのナイロンで補強
f:id:akmuzifal6489:20211116135217j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135137j:image

 

ジッパー

プルタブはなく、ワイヤーを曲げたもの。

これもお馴染みのタイプですね。

ジッパー差し込み部は金属板で補強!
f:id:akmuzifal6489:20211116135208j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135054j:image

 

前合わせ下部のダットファスナー
何故か2個で留めるのは、旧ソ連軍の伝統ですね。
裏側はよく見ると皮革で補強されています。
f:id:akmuzifal6489:20211116135112j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135133j:image

 

裾左右のサイズ調整ストラップ
金属製リングのバックル付き。
f:id:akmuzifal6489:20211116135051j:image

 


テーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20211116135045j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135140j:image

 

肘の補強生地
2枚で構成されています。
f:id:akmuzifal6489:20211116135048j:image

 

袖口もブラウンのナイロン生地で補強
f:id:akmuzifal6489:20211116135214j:image

 

勿論二重袖で、内部にライトブラウンのニット袖あり。
旧ソ連軍もラクダ…キャメルカラー?
f:id:akmuzifal6489:20211116135102j:image

 

内ポケット
隠しボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20211116135121j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135125j:image

 

ポケットジッパー
プルタブには例の幾何模様が。
裏側は滑り止め加工
f:id:akmuzifal6489:20211116135144j:imagef:id:akmuzifal6489:20211116135131j:image

 

手書きのサイズタグ
西側のカッタータグに当たります。
デッドストックの証ですね!
f:id:akmuzifal6489:20211116135041j:image

 

(20220106追記)

着用例

https://twitter.com/su2519385275/status/1479041392127397891?s=21

暖かそうですね💕

(ベスト欲しいです💕)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、有名な「ブタン迷彩」で、タイトグリーンの生地に、ライトブラウン、オリーブドラ部でアメーバ模様や雲形をプリントしています。

 

各色はとても複雑に入り組んでいて、部分的に斑点もありますね。

 

都合3色迷彩ですが、とても効果的に思えます。

 

生地はシェルがコットンツイルで、緻密に織られた防風性能が高そうですよ。

 

一方ライニングは、カーキのナイロンまたはレーヨンのようで、薄く艶があります。

(ライニングのカラーは、何故かダークピンクの個体もありますね。)

 

中綿は、覗き見ることはできませんが、重量が軽いので化繊のようです。

 

デザインは、襟ボア付き、エポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット×2、内ポケットで、内ポケット以外はジッパーで開閉します。

 

デザイン比較
今回のモデル旧ソ連空軍防寒迷彩フライトジャケット

 

防寒シープスキンフライトジャケット旧ソ連空軍シープスキンフライトジャケット

やはり基本的なデザインは、殆ど同じですね。

 

面白いのは左胸ポケットで、ホルスター(拳銃入れ)を兼ねているところです。

そのため拳銃を無くさないように、ランヤード(紐)が備え付けられていますよ。

(右ポケット内には、マガジン(拳銃の弾倉)を入れるポケットもあります。)

 

あとソ連時代の伝統として、前見頃の下端にはダットファスナーで留めるようになっていますね。

 

全体的な縫製は、旧ソ連製にしてはとても丁寧かつ正確で、驚きました。

 

アフガン侵攻後間も無くの製品なので、品質が安定していたようです。

4  製造とサイズのデータです!

・製造又は契約年度 1981年代

・製造場所     旧ソ連

・契約会社     旧ソ連

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          アクリル

・表記サイズ    48–3

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約76センチ

          肩幅 約45センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約63センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     京都の専門店

・入手難易度    1(容易)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

配色は少ないですが、相変わらず美しい迷彩ですね!

 

しかもなかなか効果的な迷彩でもあります。

 

思えばブタン迷彩は、後にロシア軍やウクライナ軍、そして旧ソ連軍衛星国で使用されたの例もあり、優れた迷彩といえそうです。

 

また襟ボアや中綿装備で、とても暖かいジャケットですよ。

 

寒候期のサバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、キャンプなどに使用できそうですね。

 

でもある意味、冷戦の遺産とも言えるフライトジャケットなので、購入しても大切に保管しておくのが良いかもしれません。

 

何故なら旧ソ連軍の各種装備は、年々価格が向上しています。

 

ましてやデッドストックなら、言わずもがなですね。

 

ここは将来のために、備えてみるのも良いかもしれませんね。

 

嬉しいことに、本日現在まだこの防寒迷彩フライトジャケットのデッドストックは大手通販サイトで取り扱われていて、いつでも誰でも入手可能です。

 

少々お高いですが、歴史的価値を考えると殆ど「捨て値」と言えます。

 

数に限りがあるので、今が入手するチャンスかもしれません。

 

旧ソ連軍マニアのみならず、迷彩服コレクターのあなたはぜひ入手してください。

 

今回は、希少な旧ソ連陸軍防寒迷彩フライトジャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

(20221023更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他の旧ソ連軍パイロット装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

旧ソ連軍のその他のアイテムに関する記事はこちらです。⬇︎

旧ソ連(USSR) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ソビエト軍 ウィンター パイロットジャケット ブタンカモ デッドストック ZJJ554NN 実物ミリタリー ソ連 ロシア 冬季 冬期 中綿入り 防寒着 フライトジャケット コート アウター エビエーター アビエーター TTsKO 迷彩柄 カモフラージュ

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes