いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

リトアニアの軍服 陸軍砂漠用迷彩戦闘(上下)とは? 0062 🇱🇹

jこんにちは!

今回は、日本では、あまり知られていない国リトアニアの迷彩服を紹介します。

なかなか合理的に造られていますよ。

   目次

1  リトアニアの軍服  陸軍砂漠用迷彩戦服(上下)とは?

バルト三国で一番南に位置するリトアニアですが、マニアの間ではしっかりとした軍装備品を支給することで知られています。

今回のモデルは、その中でも珍しいデザートパターンの戦闘服になります。

湾岸戦争以降の砂漠を主体とした戦争は、この国にも影響していたのでしょうか?

それともPKO関連で装備していたのでしょうか?

2  戦闘服の全体及び細部写真

ジャケット

前面   胸には階級章を付けるためのマジックテープが。 フランス的です。

f:id:akmuzifal6489:20190529132231j:image

 

背面  ゴジラのような模様がありますね!
f:id:akmuzifal6489:20190529132229j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190529132216j:image

 

背面裏側  ブラウンは結構透けてみえます。これはこれでOKかも。
f:id:akmuzifal6489:20190529131853j:image

 

右胸ポケット ジッパー(プラスティック)で開閉  フランス的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529132257j:imagef:id:akmuzifal6489:20190529131923j:image

 

腰ポケット 2個の隠しボタンで開閉 アメリカ的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529132307j:imagef:id:akmuzifal6489:20190529131917j:image

 

右袖ポケット  右胸ポケットと同じ規格。合理的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529131905j:image

 

袖は、アメリカ軍のBDUに似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190529132211j:image

 

肘には補強布が。
f:id:akmuzifal6489:20190529132309j:image

 

ウェスト絞り用タブ  アメリカ軍の初期型BDUのようです。
f:id:akmuzifal6489:20190529132305j:image

 

左胸ポケット 上部にペン差し用スリットが。
f:id:akmuzifal6489:20190529132222j:image

 

中にはペン差しも準備されています。
f:id:akmuzifal6489:20190529131908j:image

 

左袖ポケットにもスリットが。つまり左袖ポケット=左胸ポケット。合理的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529131859j:image

 

ジャケットのタグ  きっちり適正サイズがプリントされています。
f:id:akmuzifal6489:20190529132302j:image

 

その裏側  ランドリーデータだと思われます。
f:id:akmuzifal6489:20190529132249j:image

 

右脇腹にも同様のタグが。
f:id:akmuzifal6489:20190529132259j:image

 

脇の通気孔 真鍮のハトメ
f:id:akmuzifal6489:20190529132241j:image

 

襟の裏にはチンストラップ マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190529132235j:image

 

このようにスタンドカラーになります。
f:id:akmuzifal6489:20190529131902j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20190529132253j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190529131920j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190529132225j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190529131857j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190529132220j:image

 

右側面 腰ポケット、尻ポケット、スラッシュポケット  スラッシュポケット以外はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190529132251j:imagef:id:akmuzifal6489:20190529131913j:image

 

ウエストには調整具が。金属のバックル
f:id:akmuzifal6489:20190529132246j:image

 

股には円形の補強布が。アメリカ的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529131847j:image

 

膝は立体裁断です。これもアメリカ的
f:id:akmuzifal6489:20190529131841j:image

 

裾はゴム入り フランス的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529132244j:image

 

裾の内側には補強用(?)の白いゴムが縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20190529132238j:image

 

トラウザースタグ  めちゃわかりやすいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529132214j:image

 

ここにも小さなランドリータグが。
f:id:akmuzifal6489:20190529132422j:image

 

ベルトループは、幅の広いベルト(例えばピストルベルト)と通常の細いベルト用の二種類が準備されています。他にはない装備ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529131850j:image 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴は?

迷彩は、デザートピンクをベースに、タンとブラウンで地図のような礫岩のような模様を描いています。

(ゴジラを右側から見たような模様も!(((o(*゚▽゚*)o))))

生地は薄いリップストップで、通気性が良さそうです。

ちゃんとベース色がデザートピンクというところに、こだわりを感じます。

デザインは、アメリカ軍とフランス軍のミックスというイメージで、双方の良いところを取り入れているような特徴がありますよ。

また、左右の胸ポケットと左右袖ポケットは、それぞれ同じ規格で作られています。合理的ですね。

昨今は、アーマーベスト等を着用する場合が多いので、胸ポケットは簡素な物が良いのかもしれませんね。

4  製造、サイズ等のデータ

 ・製造年又は契約年度     1990年代

 ・製造場所                       リトアニア

 ・契約会社                       リトアニア

 ・製造会社                              〃

 ・材質                              コットン

                                          ポリエステル

  ・表記サイズ                  170-96

                              (トラウザース84-78)

  ・各部のサイズ(平置)  ジャケット

                                     着丈  約71センチ

                                     肩幅  約48センチ

                                     身幅  約53センチ

                                     袖丈  約59センチ

                                        トラウザース

                               ウエスト 約41センチ

                                     着丈  約100センチ

                                     股下  約73センチ

                                     股上  約29センチ

                                     裾幅  約14-19センチ

   ・状態                       中古良品

   ・官民区分                官給品

   ・入手方法                ヤフオク

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

戦闘服としては、とても使い勝手が良いですね。素晴らしい迷彩戦闘服ですね。

特にジッパー縦開きの胸ポケットは、サバイバルゲーム愛好者のみならず、バイカーにもおすすめです。

迷彩は、日本では秋から冬の河川敷くらいしか効果を発揮できなさそうです。

でも美しい迷彩は、シティユースでも目立ちそう。

定期的にオークションでも出品されるので、入手は可能だと思います。

サイズが合致すれば「買い」かもしれません。(ただし高価ですよ。)

 

今回は、バルト三国の一端を担うリトアニアの迷彩服を紹介しました。

次回はアメリカの戦闘車両搭乗員のジャケットを紹介します。お楽しみに!

 

ところで、今朝は曇りからのスタートでした。

いつものようにウォーキングしてると、久しぶりにニャンコに会えましたよ!

f:id:akmuzifal6489:20190601120357j:image

近所のボス猫ブク君(仮名)です。(本名知らない…。)

何回もぶつかってきてくれましたよ💕

愛情のしるし?でしょうか。

おかげで今日も頑張れそうです。(花金ですしね!)

 

読んでいただき、ありがとうございました。