いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ゴジラ模様?【リトアニアの軍服】陸軍砂漠用迷彩ユニフォーム(デザートパターン)とは? 0062 🇱🇹 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211124103536p:plain

今回は、1990年代のリトアニア軍砂漠用迷彩ユニフォームを分析します。

リトアニアをご存知のないあなたは、ぜひ地図などで確認してみてください。

なかなか合理的かつ機能的に造られていますね。

中古品ですが、程度は極上ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  リトアニア陸軍砂漠用迷彩ユニフォーム(デザートパターン)とは?

バルト三国で一番南に位置するリトアニアですが、マニアの間ではしっかりとした軍装備品を支給することで知られていますね。

 

今回のモデルは、その中でも珍しいデザートパターンの戦闘服になります。

 

湾岸戦争以降の砂漠を主体とした戦争は、この国にも影響していたのでしょうか?

 

それともPKO関連で装備していたのでしょうか?

 

全体的にはフランス軍のデザインを参考にしているようですよ!

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

ジャケット

前面  

胸には階級章を付けるためのマジックテープが。

フランス的です。

f:id:akmuzifal6489:20190529132231j:image

 

背面  

「ゴジラ」のような模様がありますね!
f:id:akmuzifal6489:20190529132229j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190529132216j:image

 

背面裏側  

ブラウンは結構透けてみえます。

これはこれで、砂漠用迷彩として使用可能かも。
f:id:akmuzifal6489:20190529131853j:image

 

右胸ポケット

ジッパー(プラスティック)で開閉  フランス的です。

ただし、パッチポケットです。
f:id:akmuzifal6489:20190529132257j:imagef:id:akmuzifal6489:20190529131923j:image

 

腰ポケット

2個の隠しボタンで開閉 アメリカ的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529132307j:imagef:id:akmuzifal6489:20190529131917j:image

 

右袖ポケット

右胸ポケットと同じ規格。合理的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529131905j:image

 

袖は、アメリカ軍のBDUに似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190529132211j:image

 

肘には補強布が。
f:id:akmuzifal6489:20190529132309j:image

 

ウェスト絞り用タブ  アメリカ軍の初期型BDUのようです。
f:id:akmuzifal6489:20190529132305j:image

 

左胸ポケット 上部にスリットが。
f:id:akmuzifal6489:20190529132222j:image

 

中にはペンポケットも準備されています。
f:id:akmuzifal6489:20190529131908j:image

 

左袖ポケットにもスリットが。

つまり左袖ポケット=左胸ポケットと同じデザイン!

合理的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529131859j:image

 

ジャケットのタグ

適正サイズがきっちりプリントされています。
f:id:akmuzifal6489:20190529132302j:image

 

その裏側  

材質とランドリーデータだと思われます。
f:id:akmuzifal6489:20190529132249j:image

 

右脇腹にも同様のタグが。

予備でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190529132259j:image

 

脇の通気孔 真鍮のハトメ
f:id:akmuzifal6489:20190529132241j:image

 

襟裏にはチンストラップがあって、襟を立てることができます。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190529132235j:image

f:id:akmuzifal6489:20190529131902j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20190529132253j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190529131920j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190529132225j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190529131857j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190529132220j:image

 

右側面レイアウト

腰スラッシュポケット以外はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190529132251j:imagef:id:akmuzifal6489:20190529131913j:image

 

ウエストにはサイズ調整ストラップが。

金属のバックル
f:id:akmuzifal6489:20190529132246j:image

 

股には円形の補強布が。

アメリカ的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529131847j:image

 

膝は立体裁断です。

これもアメリカ的。
f:id:akmuzifal6489:20190529131841j:image

 

裾は最初からゴムを内蔵

フランス的です。
f:id:akmuzifal6489:20190529132244j:image

 

裾の内側には補強用(?)の白いゴムが縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20190529132238j:image

 

トラウザースタグ  

とてもわかりやすいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529132214j:image

 

ここにも小さなランドリータグが。
f:id:akmuzifal6489:20190529132422j:image

 

ベルトループは、幅の広いベルト(例えばピストルベルト)と通常の細いベルト用の二種類が準備されています。

他にはない装備ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190529131850j:image 

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、デザートピンクをベースに、タンとブラウンで地図のような礫岩のような模様を描いています。

 

でもその中に「ゴジラ」によく似たパターンがありました!

リトアニア軍デザートユニフォーム迷彩パターン(ゴジラ?)

私には歩いているゴジラに見えるのですが?

(見えるか見えないかは…。くれぐれも「尻尾はどこに?」…などという華麗なご質問は「なし」でお願いします。)

 

生地は薄いリップストップで、通気性が良さそうです。

 

ちゃんとベース色がデザートピンクというところに、研究とこだわりを感じますね。

 

デザインは、アメリカ軍とフランス軍のミックスというイメージで、双方の良いところを取り入れているような特徴があります。

 

また、左右の胸ポケットと左右袖ポケットは、それぞれ同じ規格で作られています。

 

とても合理的ですね。

 

昨今は、アーマーベスト等を着用する場合が多いので、胸ポケットは簡素な物が良いのかもしれませんね。

 

全体的な縫製は、丁寧かつ正確で、上質な仕立てです。

4  製造とサイズ等のデータ

・製造年又は契約年度 1990年代

・製造場所      リトアニア

・契約会社      リトアニア

・製造会社       〃

・材  質      コットン

           ポリエステル

・表記サイズ     170-96

    (トラウザース84-78)

・各部のサイズ(平置)

            ジャケット

           着丈 約71センチ

           肩幅 約48センチ

           身幅 約53センチ

           袖丈 約59センチ

            トラウザース

         ウエスト 約41センチ

           着丈 約100センチ

           股下 約73センチ

           股上 約29センチ

           裾幅 約14-19センチ

・状  態      中古良品

・官民区分      官給品

・入手方法      ヤフオク

・入手難易度     3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

戦闘服としては、とても使い勝手が良いですね。

 

素晴らしい迷彩ユニフォームです。

 

特にジッパー縦開きの胸ポケットは、サバイバルゲーム愛好者のみならず、バイカーやキャンパーにもおすすめですね。

 

迷彩は、日本では秋から冬の河川敷くらいしか効果を発揮できなさそうです。

 

でも美しい迷彩は、シティユースでも目立ちそうですよ。

 

不定期にオークションへ出品されているので、入手は可能だと思います。

 

サイズが合致すれば「買い」かもしれませんね。

(ただし迷彩服としては高価な場合が多いですよ。)

 

次は一般的な迷彩を入手したいですね!

 

今回は、バルト三国の一端を担うリトアニアの砂漠用迷彩ユニフォームを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20211125更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:他国の砂漠用装備に関する記事はこちらです。⬇︎

🐪デザート(砂漠)装備(Desert) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

紹介します。

 

友達ニャンコの「ブク君(仮名)」です。

f:id:akmuzifal6489:20190601120357j:image

会うと何回もぶつかってきてくれます💕

 

今年も元気元気!

 

寒くなってくるので、お互い体調に気をつけて頑張ろうね!😍

 

読んでいただき、ありがとうございました。

(この記事は、2019年5月に掲載したものをリライトしたものです。)

スポンサーリンク


バルティックアンバー 琥珀 アンバー 34.46ct リトアニア産 化石 コハク シーアンバー 海琥珀

バルティックアンバー 琥珀 アンバー 11.65ct リトアニア産 化石 コハク シーアンバー

ウィリアム・モリス シルバー リング 碌山 SV ウィリアムモリス やぐるまぎく コンプトンリング リトアニア直送の琥珀 碌山SV

スポンサーリンク

WISH

WISH

  • ELISA
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes