いつだってミリタリアン!

ミリタリーグッズを、徹底的に分析、解説、解明します!

徹底解剖! フィンランド軍装備品 陸軍 迷彩防寒パーカー(0053)Finland

こんにちは!

今回はフィンランドの迷彩服を紹介します。

   目次

1  フィンランド軍装備品 陸軍 迷彩防寒パーカー 

サンタクロースや「冬の戦い」で人気のフィンランドですが、装備兵器は旧ソ連のものを主に使用しています。

しかし個人装備は独自のものを使用していますよ。

特に迷彩服は、個性的かつ効果的なものが多く、今回のモデルも「もしかして…」とあるものを連想させるパターンになっています。

今回のモデルについての開発経緯は不明ですが、2000年代から類似の迷彩服生地が使用されています。

 

2  全体及び細部写真

 前面  残雪迷彩というか、雪の降りはじめ迷彩という感じの迷彩ですね。

f:id:akmuzifal6489:20190515182114j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190515182044j:image

 

前面裏側 ライニングの主要部分はブラックで、化繊の中綿が入っています。(アメリカ軍ポンチョライナーのイメージ)
f:id:akmuzifal6489:20190515182041j:image

 

背面裏側 フードの裏は、グリーンのフリースです。今風ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190515182109j:image

 

前合わせはジッパー  とダットファスナーの併用
f:id:akmuzifal6489:20190515182057j:image

 

 胸のスラッシュポケット   ジッパーで開閉 北欧の装備品に多いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190515182051j:imagef:id:akmuzifal6489:20190515182111j:image

 

腰ポケット   ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190515182047j:imagef:id:akmuzifal6489:20190515182023j:image

 

袖口
f:id:akmuzifal6489:20190515182028j:image

 

内側にニット  防風対策は万全です。
f:id:akmuzifal6489:20190515182036j:image

 

ジッパーのスライダーはワイヤー  メーカーは「OPTI」
f:id:akmuzifal6489:20190515182100j:image

 

ダットファスナーはフラットブラック  フードのドローコード(ゴム)とODの調整具
f:id:akmuzifal6489:20190515182025j:image

 

フードは後面にサイズ調整用ストラップあり。アメリカ軍のN–3系のようです。
f:id:akmuzifal6489:20190515182054j:image

 

裾内側は、ドローテープ(帯ゴム)をボタンで調整できる。
f:id:akmuzifal6489:20190515182039j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190515182033j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190515182106j:image

 

ダットファスナーの刻印
f:id:akmuzifal6489:20190515182103j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  特徴

迷彩は、ライトブラウンをベースに、ライトグレイ、グリーン、チャコールグレイで小さなダットを組み合わせリーフというか雲形パターンを描いています。

野山でライトグレイは、目立つかもしれませんが、ベルギーのジグソー迷彩や戦後間も無くの西ドイツスプリンター迷彩のようなハイライトを表現しているのかもしれません。

面積が大きい場合には、ちょっと降った雪のようなイメージもありますよ。(残雪迷彩?)

デザインは北欧全般に共通する四つポケットのパーカーで、ポケットはジッパーで開閉します。

(スウェーデン軍のジャケットもこんな感じでした。)

中綿が入っていて、暖かいです。防風能力は高いものがあります。

 

4  諸元

・各部のサイズ(平置)      

                                    着丈  約78センチ

                                    肩幅  約57センチ

                                    身幅  約68センチ

                                    袖丈  約58センチ                                          

   ・状態                      中古極上品

   ・官民区分               官給品

   ・入手方法               ヤフオク

 

5  まとめ

迷彩を見ていると、色調やまとめ方が、かの「武装親衛隊」の迷彩に似ていると思いました。

そういえば、「冬の戦い」では、ドイツ製の兵器もフィンランドに送られて、活躍しましたよね。

やはり何か関係があるのでしょうか?何処かでつながっているのでしょうか?

また、ロシア軍も、フィンランドとよく似た迷彩を採用したりしてます。

面白いですね。

 

今回は、珍しいフィンランドの迷彩服を紹介しました。

次回は、またまたブルガリアの迷彩服を紹介したいと思います。お楽しみに!

 

さて、ちょっと古いですが、陸上400mリレー日本優勝!おめでとうございます🎊

個人の実力もさることながら、バトンテクニックを含めた全ての状態を高めての優勝!

日本が、今後目指すべき方向性が見えたような気がしました。

陸上競技に限らず、日本人全員が、同じ目標に向かってベクトルを揃えて臨む。

これができれば、多くの団体競技で日本は勝利を得ることができるかもしれませんね。

私もやる気が出てきました。皆さん頑張りましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました。