いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

質実剛健!【スイスの軍服】陸軍デニムジャケット(1980年代モデル)とは? 0186 🇨🇭ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210524080841p:plain

今回は、1980年代のスイス軍陸軍デニムジャケットを分析します。

アメリカ軍などのユーティリティジャケットに相当するモデルになります。

意外とファッショナブルで日本でも人気ですね。

勿論デッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  スイス陸軍デニムジャケット(1980年代モデル)とは?

第二次大戦以降の各国軍隊は、それまでの「制服で戦闘する」という常識を棄てて、制服と戦闘服を別々に運用するようになりました。

 

用途にあった服装をするのは、ある意味当然な事ですね。

 

我々の私服でもそうです。

 

出勤用のお気に入りのスーツで、仕事から趣味(バイク、キャンプ、釣りetc)までこなす…というのは考えづらいですよね。

(逆に、作業服で冠婚葬祭に参加する人もまず居ないでしょう。)

 

軍隊も同じなんですね。

 

とは言え制服、戦闘服、作業服などと多種類の被服を開発、支給するのも莫大な費用が掛かる(一部のリッチな軍隊を除く)ため、概ね「制服」と「その他の用途用」に分けられる事が多いです。

 

スイス軍も同様で、制服の他に戦闘時にも使用できる汎用性の高い各種衣類を支給していました。

(迷彩が必要な場合は、作業服の上に迷彩スモックを着用していましたよ。)

 

ところが昨今の世界情勢に鑑み、軍の方針が「迷彩服を標準的に支給する」ように変わったため、それまで使用していた単色の衣類が不要となったのですね。

 

今回のモデルは、その「不要になった」ジャケットで、スイス本国から大量に払い下げられたジャケットになります。

 

一説には1950年代に採用され、1990年代くらいまで使用されたようです。

 

さてさて、それはどんなジャケットなのでしょうか?

 

今回は、スイス軍マニアのみならず、ファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面 
シンプルですね。f:id:akmuzifal6489:20191002150810j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191002150742j:image

 

前面裏側
ライニングはありません。
裾付近のポケットが目立ちますね。
f:id:akmuzifal6489:20191002150745j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191002150751j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191002150759j:image

 

うなじのサイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20191002150813j:image

 

タグ
1989年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20191002150738j:image

 

前身頃のサイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20191002150801j:image

 

エポレットは、テーパーなしのクサビ型です。
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191002150756j:image

 

胸ポケット
やや角度が付いています。
ボタンで開閉
(初期型はボタンがありませんでした。)
f:id:akmuzifal6489:20191002150807j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002150820j:image

 

袖口
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191002150804j:image
f:id:akmuzifal6489:20191002150823j:image

 

前身頃裏側裾にある、ファアーストエイドドレッシング用ポケット
(救急包帯入れ)
f:id:akmuzifal6489:20191002150816j:image

 

ボタンはスイス軍官給品(リードグリーンです!)
f:id:akmuzifal6489:20191002150748j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210524081002p:plain

デニム生地は、濃淡2色の太いグレイの糸(コットン)で織られています。

 

明るい側を表側にしていますね。

 

やや厚くて、とても丈夫そうですが、意外に軽量です。

 

デザインは、エポレット付き、胸ポケット×2のシャツタイプで、とてもシンプルですね。

 

内ポケットはありませんが、前身頃裏側にファーストエイドドレッシング(救急包帯)ポケットがありますよ。

 

しっかり戦闘も想定してあるんですね。

(ここは、携帯電話入れとして使えそうです!)

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で、強度も十分ですね。

 

今回のモデルとは別に、普段愛用している中古品もありますが、もう30年近く使用していますが、どこも綻びていませんよ!

 

耐久性は抜群ですね。

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210524081145p:plain

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     スイス

・契約会社     スイス

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    48

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)  

          着丈 約72センチ

          肩幅 約46センチ

          身幅 約57センチ

          袖丈 約60センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易     1(容易)

スポンサーリンク

時計修理の千年堂でオーバーホール

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210524081343p:plain

世界的に見ると、つい最近まで軍装はOD(オリーブドラブ)またはOG(オリーブグリーン)系のカラーが主体でした。

(このブログのカテゴリー「単色服」を参照願います。)

 

それに対してスイス軍は、昔からグレイが基調ですね。

 

当然、今回のモデルもグレイ系です。

 

だからでしょうか?

 

一見軍物に見えないのが特徴ですね。

 

今回のモデルは1990年くらいから国内で、より頻繁に見かけるようになりましたよ。

(それまでは少数しか出回っていませんでした。)

 

当初珍しさもあって高価でしたが、現在はとても安価になっていますね。

 

現在では大手通販サイトでも取り扱われていて、なんとデッドストックが入手可能ですよ!

 

ただ、サイズは圧倒的に「48」が多いのが残念です。

 

注意点は、どちらかというと寒候期用の衣類なので真夏はかなり蒸れます。

 

でもしっかり織られたデニムなので、下にセーターを着込んだり、同軍のウールコートを重ね着することで真冬でも耐えられそうですよ!

 

日常的な、ユーティリティ(汎用)ジャケットとして一着いかがでしょうか?

(コーディネートはあなた次第!)

 

おすすめです!

 

私はペアで使用するトラウザーズ(…のデッドストック)を探してみたいと思います。

 

今回は、小粋なスイス陸軍のデニムユーティリティージャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20220217更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他のスイス軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


新品◆実物 スイス軍 1970年代 デニム素材 パトロールジャケット ミリタリー ヴィンテージ Gジャン軍服


ワールドサープラス スイス軍 デニムジャケット未使用


【あす楽】実物 USED スイス軍 1950年代 前期型 ヴィンテージ デニムワークパンツ【クーポン対象外】/ メンズ レディース ボトムス ミリタリーパンツ ビッグサイズ 大きいサイズ 軍放出品 軍モノ

スポンサーリンク

おしえて

おしえて

  • ネリー・シュワルツ & 伊集加代子
  • アニメ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes