いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

フルパッチは貴重です!【アメリカの軍服】陸軍ヘリクルージャケット(寒候期用)とは? 0030 🇺🇸ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210906114603p:plain

今回は、1970年代のアメリカ陸軍ヘリクルー用フライトジャケットを紹介します。

よく似た形の、地上用ジャケットの陰に隠れて、最近めっきり見かけなくなったジャケットですね。

どうやら混同されているようです。

今回は中古品ですが、極上品のフルパッチですよ!

   目次

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍ヘリクルージャケット(寒候期用)とは?

それ以前から噂がありましたが、このジャケットが初めて日本メディア(?)に紹介されたのは、1980年代の「PXマガジン」内でした。

 

一見ノーメックスのMA−1風なのですが、カラーや細部は大きく違っているこのジャケットに、マニアは騒ついたものです。

 

実際に店舗で見たのは、それから程なくしてでしたが、ここで混乱が起きました。

 

通称「CVCジャケット」と呼ばれる、戦闘車両乗務員用のジャケットが、このジャケットと同時に入荷してきたからです。

 

CVCジャケットと今回のモデルは、見た目、重量がそっくりだったので、業者も混同して輸入したようです。

(あるいは、バージョン違いと軽く考えていたのかもしれません。)

 

確かにそっくりで、違いは背中のスリットのみでしたので無理もありません。

 

以来、現在まで混乱が続いており、ネットオークションでも誤解されたまま取引されています。

 

そしてフライトジャケットの方は、年々少なくなっていきましたね。

 

さてさて、それはどんなジャケットでしょうか?

 

今回は、アメリカ軍マニアのみならず、フライトジャケットマニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ヘリクルージャケット(寒候期用)の全体及び細部写真

前面  

フルパッチです。

記章から元オーナーがパイロットというのがわかりますね。

この状態で、タグの殆どが見えるのが、CVCジャケットとの相違点です。

(CVCジャケットは、この状態でタグがこんなに見えません。)

f:id:akmuzifal6489:20190424145113j:image

 

背面  

CVCジャケットにある背面上部のスリットがありませんね。
f:id:akmuzifal6489:20190424145140j:image

 

前面裏側

寒候期用なので中綿とストームフラップがあります。
f:id:akmuzifal6489:20190424145233j:image

 

背面裏側  

ニットも全て不燃性ナイロンです。素晴らしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190424145238j:image

 

ジッパーの生地はブラウンです。
f:id:akmuzifal6489:20190424145120j:image

 

前合わせは、ジッパーのみ。

ポケットフラップはマジックテープで開閉 

(初期型はポケットフラップがありません。)
f:id:akmuzifal6489:20190424145220j:image

 

ジッパーのスライダー 「G」の刻印
f:id:akmuzifal6489:20190424145134j:image

 

ポケット容量は、MA−1等より小さいです。
f:id:akmuzifal6489:20190424145147j:image

 

袖のシガレットポケット  

スライダーには「 GENERAL 」の刻印!
f:id:akmuzifal6489:20190424145207j:image

 

タグ  

最上段の品名に注意

1978年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20190424145153j:image

 

タグ2
f:id:akmuzifal6489:20190424145228j:image

 

襟はチンストラップでスタンドカラーに。
f:id:akmuzifal6489:20190424145159j:imagef:id:akmuzifal6489:20190424145126j:image

 

背中の詰めは、MA−1とよく似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190424145214j:image

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

3  そ特徴とは?

まず生地の色調ですが、OD(オリーブドラブ)で、海、空軍の同種ジャケット等とは一線を画しています。

 

生地は、つや消しの不燃性ナイロン(ノーメックス)製で落ち着いていますよ。

 

袖と腰には、ニット装備ですが、襟はシェルと同じ生地で通常のデザインですね。

 

ライニングも、中綿も、同じノーメックスでできたもので、分厚いですが比較的軽量で暖かいです。

 

航空機でも車両でも、作戦中に火災で大火傷を負うことがあるのですが、これを着てれば安心ですね。

 

ただし、難燃効果は時間とともに効果が半減するという説もあります。

 

それでも、ナイロンジャケットのように、メラメラと燃え上がって溶けることはないようですね。

 

全体的な縫製は、雑ですが強度は抜群です。

これもアメリカンスタンダードですね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社       〃

・材  質     ノーメックス

         (難燃性ナイロン)

・表記サイズ    MR

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約65センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約59センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手方法     ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  アメリカ陸軍ヘリクルージャケット(寒候期用)まとめ

実際にこのジャケットを着用してみると、軽量で身体にフィットしますね。

そして暖かいです。

 

着用する兵士の事を、よく考えて作られている印象がありますよ。

 

CVCジャケットと違い、背中のスリットが無い分、防寒能力はこちらのモデルが高そうですね。

 

あとノーメックスを使用しているジャケットに共通する問題点として、生地の退色(変色)があります。

(このジャケットやCVCジャケットも、ブラウン系に褪色(変色)してきますよ。)

 

紫外線に当たると退色が始まりますので、直射日光や蛍光灯に当てないようにしなければなりません。

 

全体が退色するのではなく、紫外線が当たった所だけ退色するので厄介ですね。

 

これが管理上問題点です。

 

もし、不注意で退色してしまった場合は…遠慮なく全面退色させましょう!

別の色になるので、これはこれで美しいかもです。

(無責任!)

 

ジャケット自体は、単色で、ODも綺麗なので、シティユースにはもってこいですよ。

 

ただ、圧倒的に入荷数が少ないですね。

 

入手困難なアイテムと言えます。

(CVCジャケットとの区別が付くマニアは、見つけたら真っ先に購入しているでしょうね!)

 

探している方は、ネットのオークションやフリマ出品物に注意しましょう。

(中には、多数出回っているCVCジャケットと勘違いして、とても安価で出品している場合がありますよ。)


今回は、あまり知られていないアメリカ軍のフライトジャケットを紹介しました。

次回は、再度ポルトガルの迷彩服を紹介します。

お楽しみに!

(20210906更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ軍難燃性パイロット装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【中古】US.ARMY◆77年登録/ヘリクルージャケット/アラミド/ALPHA社製/S/--/KHK/8415-00-221-88【メンズウェア】


80's U.S.ARMY ノ−メックス ヘリクルーフライトジャケット パッチ付き MEDIUM-REGULAR 80年代 ミリタリー アメリカ軍 米軍 カーキ 【古着】 【ヴィンテージ】 【中古】 【メンズ店】

スポンサーリンク

ノーサイド

ノーサイド

  • 松任谷由実
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes