いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 陸軍ヘリクルージャケット(寒候期用)とは? 0030 🇺🇸

こんにちは!

さて30着目の今回は、米国の誇るフライトジャケットを紹介します。

よく似た形の、地上用ジャケットの陰に隠れて、最近めっきり見かけなくなったジャケットですよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服  陸軍ヘリクルージャケット(寒候期用)とは?

それ以前から噂がありましたが、このジャケットが初めて日本メディアに紹介されたのは、1980年代の「PXマガジン」内でした。

一見ノーメックスのMA−1風なのですが、カラーや細部は大きく違っているこのジャケットに、コレクターの皆さんは騒ついたものです。

実際に店舗で見たのは、それから程なくしてでしたが、ここで混乱が起きました。

通称「CVCジャケット」と呼ばれる、戦闘車両乗務員用のジャケットが、このジャケットと同時に入荷してきたからです。

CVCジャケットと今回のモデルは、見た目、重量がそっくりだったので、業者も混同して輸入したようです。

(あるいは、バージョン違いと軽く考えていたのかもしれません。)

確かにそっくりで、違いは背中のスリットのみでしたので無理もありません。

以来、現在まで混乱が続いており、ネットオークションでも誤解されたまま取引されています。

そしてフライトジャケットの方は、年々少なくなっていきました。

2  ジャケット全体及び細部写真

前面  フルパッチです。記章から元オーナーがパイロットというのがわかりますね。この状態で、タグの殆どが見えるのが、CVCジャケットとの相違点です。

f:id:akmuzifal6489:20190424145113j:image

 

背面  CVCジャケットにある背面上部のスリットがありませんね。
f:id:akmuzifal6489:20190424145140j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190424145233j:image

 

背面裏側  ニットも全て不燃性ナイロン  素晴らしいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190424145238j:image

 

ジッパーの布はブラウン  ストームフラップ付き
f:id:akmuzifal6489:20190424145120j:image

 

前合わせは、ジッパーのみ。 ポケットフラップはマジックテープで開閉 
f:id:akmuzifal6489:20190424145220j:image

 

ジッパーのスライダー 「G」の刻印
f:id:akmuzifal6489:20190424145134j:image

 

ポケット容量は、MA−1等より小さいです。
f:id:akmuzifal6489:20190424145147j:image

 

袖のシガレットポケット   スライダーには「 GENERAL 」の刻印!
f:id:akmuzifal6489:20190424145207j:image

 

タグ  最上段の品名に注意
f:id:akmuzifal6489:20190424145153j:image

 

タグ2
f:id:akmuzifal6489:20190424145228j:image

 

襟はチンストラップでスタンドカラーに。
f:id:akmuzifal6489:20190424145159j:imagef:id:akmuzifal6489:20190424145126j:image

 

背中の詰めは、MA−1とよく似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190424145214j:image

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴とは?

まず生地の色調ですが、OD(オリーブドラブ)で、海、空軍の同種ジャケット等とは一線を画しています。

生地は、つや消しの不燃性ナイロンのノーメックス製です。

袖と腰には、ニット装備ですが、襟はシェルと同じ生地で通常の形です。

ライニングも、中綿も、同じノーメックスでできたもので、分厚いですが比較的軽量です。

航空機でも車両でも、作戦中に火災で大火傷を負うことがあるのですが、これを着てれば安心ですね。

ただし、難燃効果は時間とともに無くなるという説もあります。

4  製造とサイズのデータ

   ・製造年又は契約年度       1970年代

   ・製造場所                         アメリカ

   ・契約会社                         アメリカ

   ・製造会社                                〃

   ・材質                         不燃性ナイロン

   ・表記サイズ                      MR

   ・各部のサイズ(平置)    

                                     着丈  約65センチ

                                     肩幅  約47センチ

                                     身幅  約56センチ

                                     袖丈  約59センチ

   ・状態                       中古極上品

   ・官民区分                官給品

   ・入手方法                ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

ジャケット自体は、よく兵士の事を考えられていて、素晴らしいものです。

CVCジャケットと違い、背中のスリットが無い分、防寒能力はこちらのモデルが高そうです。

ただ、圧倒的に入荷数が少ないですね。入手困難ですよ。

(CVCジャケットとの区別が付くマニアは、見つけたら、まず真っ先に購入しているでしょうね!)

あと、ノーメックス使用ジャケットの共通する問題点として、生地の退色が著しいということがあります。

紫外線に当たると退色が始まりますので、直射日光や蛍光灯に当てないようにしなければなりません。

これが管理上問題です。(着て歩けない!)

もし、不注意で退色してしまった場合は、遠慮なく全面退色させましょう!

別の色になるので、これはこれで美しいかもです。

単色で、ODも綺麗なので、シティユースにはもってこいですよ。

参考:アメリカ軍CVCジャケット(デザート)の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は、あまり知られていない米国のフライトジャケットを紹介しました。

次回は、再度ポルトガルの迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

私の住んでる地方は、昨日まではまあまあだったのに、本日は朝から低く厚い雲に覆われています。

近くの飛行場の観測値を観ると、5000ft〜6000ftの雲が多いですね。

昨日後半から高い雲が増えてきて、しかも時間とともに低くなってきました。悪天の前兆ですね。

今にも弱い雨が降りそうです。でも負けずに出勤しましょう!

 

読んでいただき、ありがとうございました。