いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

アクリルファーのモデルです!【アメリカの軍服】空軍防寒フライトジャケットN–2B(6278F)とは?0193 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20220103233438p:plain

今回は、1970年代のアメリカ空軍防寒フライトジャケットを分析します。

ヘビーゾーン(−10℃〜−30℃)を担当するジャケットですね。

このジャケットは、ある映画で衣装として多数使用されたことで有名です。

(覚えている方、いらっしゃいますか?)

今回はデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ空軍フライトジャケットN–2B(6278F)とは?

まず、空気のお話です。

 

標準的な空気は、1000m上昇するごとに、気温が約6.5℃下がります。

(空気が乾燥していたら約10℃下がります。)

 

例えば、10000mまで上がると、少なく見積もっても65℃下がる計算になります。

 

仮に地上が冬で気温が5℃だった場合、10000mでは−60℃以下になるんですね。

 

航空機が、いつもそんな高度で飛ぶとは限りませんが、高高度での機内は気温がとても低くなります。

(多くの航空機は与圧されヒーターも付いていますが…。)

 

パイロットを含む航空機搭乗員は、敵と戦う前に寒さとも戦わなければならなかったのですね。

 

そんな寒気から搭乗員を守るため、アメリカが開発したのが今回のジャケットになります。

 

1945年採用のN–2から数えて、大きく三番目のモデル(サブタイプでは7番目のモデル)になりますね。

 

さてさて、それはどんな防寒フライトジャケットなのでしょうか?

 

もうお馴染みかもしれませんが、アメリカ空軍マニアのみならず、軽快な防寒着をお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面

デッドストックなのでシェルがピカピカですね。

フードのファーが目立ちます。

f:id:akmuzifal6489:20191010193514j:image

 

背面

丈は短いタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20191010193532j:image

 

前面裏側

ファーの材質はアクリルのタイプです。

初期にはコヨーテの毛皮が用いられるモデルもありました。
f:id:akmuzifal6489:20191010193538j:image

 

背面裏側

ライニンングはシェルとは別の生地が使用されています。

f:id:akmuzifal6489:20191010193636j:image

 

前合わせはボタン、ジッパー、ダットファスナーですが、ボタンはループで留めます。
f:id:akmuzifal6489:20191010193639j:image

 

タグ

1978年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20191010193643j:image

 

裾前面裏側にあったスタンプ

検査スタンプでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191010193535j:image

 

腰のポケットは  ダットファスナーで開閉します。

ポケット内部は、毛布のように起毛した生地でできていますよ。

ハンドウォーマーも兼ねているのですね。
f:id:akmuzifal6489:20191010193527j:imagef:id:akmuzifal6489:20191010193700j:image

 

ポケットにはスリットもあって、ジャケット下に着用している衣類のポケットが使用できます。
f:id:akmuzifal6489:20191010193601j:image

 

袖ニット

デッドストックなので、全く伸びていません。
f:id:akmuzifal6489:20191010193550j:imagef:id:akmuzifal6489:20191010193656j:image

 

左袖のシガレットポケット

上にペンポケットがあって、内部にプラスティック製のペン先カバーがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191010193621j:image

 

シガレットポケットのジッパーは、スコービルのグリッパーです。
f:id:akmuzifal6489:20191010193624j:image

 

裾前面のダットファスナー(2個)
f:id:akmuzifal6489:20191010193605j:image

 

フードはしっかりしていて、ジッパーを締め上げると自立します。

フードはかなり深く、これなら暴風雪でも耐えられそうですね。
f:id:akmuzifal6489:20191010193541j:imagef:id:akmuzifal6489:20191010193613j:image

 

フードには中央にジッパーがあり、左右に開くことができます。
f:id:akmuzifal6489:20191010193647j:imagef:id:akmuzifal6489:20191010193704j:image

 

フードのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20191010193522j:image

 

開いたフードは、ダットファスナーで首の後ろに留めることができます。
f:id:akmuzifal6489:20191010193617j:imagef:id:akmuzifal6489:20191010193629j:image

 

フード内側には短いファーが。

これは暖かいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191010193518j:image

 

前身頃のボタンは大きなグレイのプラスティック製です。
f:id:akmuzifal6489:20191010193609j:image

 

ボタンを留めるループ
f:id:akmuzifal6489:20191010193632j:image

 

ポケットの  ダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20191010193546j:image

 

メインのジッパーもスコービルです。

ゴツイですね。
f:id:akmuzifal6489:20191010193651j:image

 

ダットファスナー裏側

メーカー名の刻印
f:id:akmuzifal6489:20191010193554j:image

 

袖はラグランです。
f:id:akmuzifal6489:20191010193557j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルはセージグリーンのナイロン製で、緻密に織られています。

 

ライニングは全面にあって、ウールの中綿が入っていますよ。

 

またヘビーデューティーなフードが付いていていますね…。

 

かなり頑丈なフードで、暴風雪にも耐えられそうですが、ここは賛否の分かれるところです。

(使用しない時は意外とジャマなんですね。)

 

フードは中央のジッパーで、左右に開くことができます。

(これは、N–2からの伝統ですね。)

 

面白いのは腰のポケットで、通常のポケットの他にスリットがあり、フライトスーツのポケットに手が届くようになっています。

 

便利ですね。

 

着丈が短いのは、お腹までカバーする専用のオーバーパンツとセットで使用するからです。

 

全体的な縫製は、頑丈ですが少々粗い「アメリカ軍スタンダード」な仕立てです。

4  製造とサイズのデータです!

・製造又は契約年度 1978年

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     ナイロン

          ウール

・表記サイズ    M

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約56センチ

          肩幅 約50センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約61センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     浜松の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

着用してみると、とても暖かいジャケットですね。

 

真冬でも十分に使用できますよ。

 

フード付きというのも、強い風や不意の雪に対処できて便利です。

 

さすがアメリカ軍装備ですね。

 

しかし、ジャケットのみバイクで使用すると、意外と風が内部に侵入してきて寒かったです。

 

これは、丈が短いことが原因のようです。

 

バイクで使用する場合は、セットのオーバーパンツが必要ですね。

 

また、バイクではフードの必要性を感じませんでした。

(空気抵抗ですし、ヘルメットの上からは使用できないですね。)

 

あと、できればファーはコヨーテの毛皮が良いと思いました。

(毛皮…モフモフで可愛いですよね💕)

 

さて、今回のモデルはアメリカ軍官給品でしたが、N–2Bは民生品も発売されています。

 

ミリタリーマニアでなければ、沢山のカラーが選択できる民生品を購入するのがベストだと思います。

(民生品のモデルによっては、ソフトなフード付きもありますよ。)

 

ただし、官給品も民生品もシェルがナイロンなので、キャンプなどでの焚火等には充分注意してくださいね。

 

今年の冬は、暖かいN–2Bメインでいかがですか?

 

おすすめです!

(このジャケットが使用された映画は、下に答えがあります。面白かったですね。)

 

今回は、アメリカ軍のN–2Bという防寒ジャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それでは、また次回をお楽しみに!
(20220922更新)

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

参考:アメリカ空軍ナイロンフライトジャケットに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

 読んでいただき、ありがとうございました。 

 スポンサーリンク


【20%OFFセール開催中】ALPHA INDUSTRIES アルファ N-2B フライトジャケット JAPAN FIT 20005/メンズ ミリタリー アウター ミリタリージャケット N2B フライトジャケット フード ファー ジャパンフィット 定番 防寒 秋 冬 ギフト

スポンサーリンク

きみのうた

きみのうた

  • 安田 レイ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes