いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ロシアの軍服? 陸軍迷彩服(DPM)とは? 0217 🇷🇺 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ロシア軍の迷彩服を分析します。

デザインはともかく、迷彩パターンは注目の価値ありです!

でも何故この迷彩なのでしょうか?

もしかして、開発者は…迷彩マニアでしょうか?

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ロシアの軍服? 陸軍迷彩服(DPM)とは?

日本の軍装備品マニアの間で、ロシア軍は「迷彩服地獄」という評価があります。

これは、ロシア正規軍のみならず、政府の部署(どこかの省の部隊とか)で各々の迷彩服を採用しているからなんですね。

実際に活動している兵士を見ると、多種多様な迷彩服を着用しています。

それら全部を解き明かそうとするのは、ドロ沼に足を踏み入れるみたいなもの。

手を出さない方が良い…手を出してはいけない!…とされていますよ。

でもせめて、できる範囲で、入手できる範囲で何かできるのでは?

そんな思いで、今回も分析してみます。

今回のモデルは、おそらく市販されている迷彩服、いわゆるPX品ではないかと思われるものです。

さて、どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  迷彩服の全体及び細部写真

 ジャケット

見事なDPMですね。

少々色調が暗く見えるのは、タンの色調によるものでしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20191104120626j:image

 

背面

着丈が短くて、旧共産圏の人民服くらいに感じます。
f:id:akmuzifal6489:20191104120330j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191104120409j:image

 

背面裏側

迷彩はけっこう透けています。

背中上部には内側にライニング(裏地)があります。
f:id:akmuzifal6489:20191104120631j:image

 

前合わせはジッパーとダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20191104120309j:image

 

右胸ポケット

肩から胸まで生地が二重になっていて、その生地がポケットフラップを兼ねています。

ポケットはジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191104120536j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120417j:image

 

エポレットは、若干のテーパー付きでクサビ型の短いタイプです。

ソ連からロシア装備に多いタイプですね。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191104120413j:image

 

袖口は  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191104120505j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120438j:image

 

肘には補強生地が。
f:id:akmuzifal6489:20191104120532j:image

 

右袖パッチポケット

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191104120454j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120358j:image

 

ジッパーはロシアのメーカーのようです。
f:id:akmuzifal6489:20191104120511j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120355j:image

 

メーカータグ

どこかで見ましたね。

(デジタルフローラ防寒パーカーだったような…。)
f:id:akmuzifal6489:20191104120441j:image

 

裾の調整ストラップ

バックルは金属です。
f:id:akmuzifal6489:20191104120524j:image

 

背中にはタックが2本

処理がよくある工場の作業服に似ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191104120547j:image

 

脇は別材質のメッシュ生地です
f:id:akmuzifal6489:20191104120518j:image

 

タグ①
f:id:akmuzifal6489:20191104120405j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120450j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20191104120610j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120528j:image

 

後部裾付近にはタックが。
f:id:akmuzifal6489:20191104120425j:image

 

背中裏側にもタックがありました。
f:id:akmuzifal6489:20191104120619j:image

 

タックは前面裾付近にもあります。
f:id:akmuzifal6489:20191104120614j:image

 

内ポケット

ナイロン製で防水のようです。

これだけでも水濡れが防げるのはありがたいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191104120314j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120508j:image

 

トラウザース

前面

f:id:akmuzifal6489:20191104120555j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191104120447j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191104120337j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191104120343j:image

 

前合わせはジッパーと  ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20191104120317j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20191104120422j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120551j:image

 

膝ポケット

二重のプリーツ付き。ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191104120434j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120352j:image

 

右側面各ポケットの配置

右スラントポケットの下に縦長のポケットがあります。

用途は何でしょう?
f:id:akmuzifal6489:20191104162925j:image

 

臀部のポケット
f:id:akmuzifal6489:20191104120559j:image

 

スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20191104120333j:image

 

縦長のポケットは、銃剣入れでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191104120457j:image

 

裾は二重になっていて、先端にはゴム製のループが付いています。

やはり長いブーツのための装備ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191104120325j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120541j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120320j:image

 

股は、例のメッシュ生地が。
f:id:akmuzifal6489:20191104120501j:image

 

おまけのフィールドキャップ

表側
f:id:akmuzifal6489:20191104120514j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120604j:image

 

裏地は黒い生地
f:id:akmuzifal6489:20191104120430j:image

 

裏側
f:id:akmuzifal6489:20191104120340j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120521j:image

 

キャップのタグ
f:id:akmuzifal6489:20191104120623j:imagef:id:akmuzifal6489:20191104120607j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、タンをベースにブラウン、グリーン、ブラックを、ハケで丸く塗ったようなパターンです。

なんとイギリス軍P–68スモック時代のDPMを完璧に再現していますよ!

でも色調が暗いですね。

イメージは「血色の悪いDPM」といったところでしょうか?(表現能力のなさ!)

これは、タンの色調がライトブラウンに近いのが原因のようです。

生地は一般的なツイルで、おそらくポリエステルとの混紡です。

デザインは、ジャケットがエポレット、袖ポケット付きの2ポケットタイプですが、裾はストラップで調整することができます。

着丈が短いのが特徴です。

トラウザースは6ポケットタイプですが、縦長のポケットが右側に付いています。

ナイフや銃剣を入れるポケットでしょうか?

全体的には丁寧な縫製で、西側のデザインを意識しつつ、旧ソ連のデザインも残しているハイブリットな感じです。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2010年

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ナイロン

 ・表記サイズ                52/170

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                               ジャケット

                                    着丈  約67センチ

                                    肩幅  約49センチ

                                    身幅  約59センチ

                                    袖丈  約62センチ         

                                      トラウザース

          着丈  約102センチ

                                    股上  約33センチ

                                    股下  約70センチ

                             ウエスト  約45センチ

                                 裾幅   約21センチ                              

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

なかなか、まとまった迷彩服ですね。

実際にこの迷彩服を着用してみると、ジャケットの着丈に戸惑います。

ピストルベルト(弾帯)やサスペンダーを装着するには丈が中途半端ですね。

ベスト型のウェブやチェストリグでも、同様だと思いますよ。

しかし、何も装備をつけないとすると、例えばアメリカ軍ACUなどよりも軽快な感じがします。

この迷彩は全く問題なく、日本のフィールドで効果を発揮しそうです。

サバイバルゲーム、野鳥観察、もうシティユースもOKにしましょう!

(…って誰の許可を得ての発言?)

この戦闘服の他にも、レインスーツなどもありますので、システムでコレクションするのも良いかもしれません。

しかし、残念ながらこの迷彩服も、日本では数が減ってきました。

(ロシア本国では、まだ入手可能なのでしょうか?

時々オークションでも見かけますが、とても高価です。

中古品を探してみましょう!

(後日この迷彩服をオークションに出す予定です。しばらくお待ちください。)

 

今回は、何故かDPMのロシア軍迷彩服を分析しました。

次回は、イギリス軍のフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

参考:イギリス軍のDPMスモック(P–68)の記事はこちらです。⬇︎ 

アメリカ軍ACU迷彩戦闘服の記事はこちらです。⬇︎

他のロシア軍迷彩服の関連記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes