いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ハンドバッグにも!【旧東ドイツ軍装備品】陸軍迷彩バックバック(レインドロップ迷彩)とは?0863 DDR ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210908121936p:plain

今回は、1980年代の旧東ドイツ軍迷彩バックパックを分析します。

ひと頃は大量に出回っていましたが、最近はかなり減ってきていますね。

バックパックですが、単体では背負えないのが特徴です。

今回は保管時の汚れがありますが、デッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  旧東ドイツ陸軍迷彩バックパック(レインドロップ迷彩)とは?

1990年に、それまで東西に分断されていたドイツが再統一されました。

 

冷戦を背景とした東西ドイツの悲劇が終わった瞬間でしたね。

 

…と同時に、世界の軍装品マニアに大きな福音をもたらせました。

 

それは…多くの旧東ドイツ軍の装備品は一部のアイテムを除き用途廃止となり、多くの官給品が民間業者へ払い下げられたのでした。

 

特に個人装備は世界中に拡散し、日本でも東京の老舗ショップが大々的に輸入して販売していますよ。

(おそらく現在でも在庫が残っていると思われます。)

 

これにより、冷戦当時「幻」とまで言われた東ドイツ軍装備品が、いつでも誰でも簡単に入手できるようになったのです。

(今考えても素晴らしい出来事でした!)

 

特に私が驚いたのは、本当に使える装備が多かったことですね。

 

今回のモデルは、そんな旧東ドイツ軍が支給していたバックパックになります。

 

バッグにショルダーストラップが付いていませんが、それには秘密がありましたよ。

 

さてさて、それはどんなバックパックなのでしょうか?

 

今回は、旧東ドイツ軍装備品マニアのみならず、日常生活でも使用できる安価な軍用バッグをお探しのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  迷彩バックパックの全体及び細部写真

全体形

上部にハンドルがあって、ハンドバッグに見えますね。

f:id:akmuzifal6489:20210907225125j:image

 

前面
f:id:akmuzifal6489:20210907225100j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20210907225240j:image

 

上面
f:id:akmuzifal6489:20210907225115j:image

 

下面

f:id:akmuzifal6489:20210907225055j:image

 

左側面


f:id:akmuzifal6489:20210907225223j:image

 

右側面
f:id:akmuzifal6489:20210907225205j:image

 

上面のハンドル

その下に迷彩生地のループがありますね。

ハンドルを固定しているグレイの生地はナイロン製

f:id:akmuzifal6489:20210907225121j:image

 

上面のフック

(アルミニウムとステンレススティール)
f:id:akmuzifal6489:20210907225208j:image

 

上蓋のストラップとバックル

ストラップ先端は金具で補強。

(全てアルミニウム)

バックルには鋸刄があって、ストラップを差し込むだけでも、ある程度のストッパーの役割を持たせています。
f:id:akmuzifal6489:20210907225232j:imagef:id:akmuzifal6489:20210907225052j:image

 

下面のDリングとフック

全てアルミニウム
f:id:akmuzifal6489:20210907225235j:image

上蓋に付いているネイムケース

(透明プラスティックのカバー付き)
f:id:akmuzifal6489:20210907225229j:image

 

中蓋

ストラップとバックルで開閉
f:id:akmuzifal6489:20210907225226j:image

 

内部にはODのナイロンシートが敷き詰められています。

イメージ的にはブルーシートの丈夫なタイプですね。

側面は二重になっていて、引き出して口を閉めることで、防水性を高めることができますよ。
f:id:akmuzifal6489:20210907225213j:imagef:id:akmuzifal6489:20210907225128j:image

 

バッグ内側のナイロンシート拡大

表面が立体的な加工が。

これにどんな効果があるのでしょう?

(糸がコーティングされていて、強度を高めているのでしょうか?)

f:id:akmuzifal6489:20210907225118j:image

 

中蓋のスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20210907225216j:image

 

こちらは検査スタンプでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20210907225243j:image


やはり単体ではハンドバッグですね。
f:id:akmuzifal6489:20210907225104j:image

 

兵用サスペンダー

 

前面(身体側)

金具は全てアルミニウム製
f:id:akmuzifal6489:20210907232418j:image

 

背面

背面から見ると、ちょうど「Y」の字に見えるので「Y型サスペンダー」と呼ばれます。
f:id:akmuzifal6489:20210907225049j:image

 

背面のDリング

左右に2個、合計4個あります。
f:id:akmuzifal6489:20210907225112j:image

 

背面端末のフック

ウエストのベルト背面に引っ掛けます。
f:id:akmuzifal6489:20210907225057j:image

 

前面端ストラップ①

Dリングとサイズ調整用バックル

こちらをバッグ下部のフックに取り付けます。
f:id:akmuzifal6489:20210907225237j:image

 

前部ストラップ②

こちらはウエストのベルトに引っ掛けます。

スクエアリングの用途は?

f:id:akmuzifal6489:20210907225109j:image

 

サスペンダーをハンドバッグに取り付けた状態

バッグのフックやDリングに連結してバックパックのショルダーストラップとして使用可能
f:id:akmuzifal6489:20210907225220j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210908121832p:plain

迷彩生地は、カーキブラウンをベースに、ブラウンでやや長い破線を縦にプリントしてあります。

 

いつものレインドロップ(雨垂れ)迷彩ですね。

 

一見奇妙な迷彩に見えますが、フィールドでは迷彩効果が高いという情報もありますよ。

(末期の東ドイツ陸軍は、個人装備は全てこの迷彩でした。)

 

生地はやや厚いコットン製でサテンに似た織り方がされていますね。

 

これは、同時期のツェルトバーン(テント)やマガジンパウチに使用されている生地と同じものです。

 

デザインは蓋付き直方体でとてもシンプルですが、上面にハンドル、各部に各種リングやフックが取り付けられていますね。

 

これは、兵用のサスペンダーに取り付けてバックパック(背のう)として使用するための装備です。

 

単体ではハンドバッグとして、サスペンダーに装着するとバックパックとして使用が可能です。

(因みに、サスペンダーは専用のベルトでなくても装着可能ですよ。)

 

面白いのは内部構造で、容量を超えるサイズのナイロン袋風になっているところですね。

 

通常の状態では、上蓋の左右から雨などの侵入(中蓋がありますが完全に水は防げません。)が懸念されます。

 

でもこの袋の引き出して中に内容物を入れ、袋を閉じることでかなりの防水が期待できますね。

 

よく考えて造られています。

 

全体的な縫製は、ドイツ製ながら少々雑で、荒らしいところがありますが、強度は十分です。

(サスペンダーは少々粗末な造りです。)

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210908122802p:plain

・製造又は契約年度 1980年代?

・製造場所     旧東ドイツ

・契約会社     旧東ドイツ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ナイロン

・各部のサイズ   縦 約32センチ

          横 約31センチ

         厚さ 約14センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     名古屋の専門店

・入手難易度    2(やや困難)   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210908122101p:plain

優秀な化学素材全盛の現在では、コットン製の厚い生地は少々時代遅れに見えます。

(水を吸うと重くなりますしね。)

 

でも戦闘やキャンプを考えると、ナイロンなどより遥かに火に強いのが利点ですね。

 

バックパックにする分には、専用のサスペンダーが必要ですが、そのままでもハンドバッグとして使用できますね。

 

迷彩パターンも迷彩に見えないところが汎用性があります。

 

パックの容量は大きくありませんが、逆に普段使いにはピッタリかもしれませんね。

 

使えるバッグなのでは?

 

ただし今回のモデルも、デッドストックは数が減ってきました。

 

2021年現在では、限られたSHOPでしか入手できないようです。

(中古品なら大手通販サイトで入手可能。)

 

もしあなたがまだ入手していないなら、少々急いだ方が良いかもしれません。

 

私もまだ2個しか入手できていないので、追加で購入したいです。

(東京の老舗なら、まだデッドストックがあるでしょうか?)

 

今回は、亡国旧東ドイツ陸軍の便利なバックパックを分析しました。

次回は、自衛隊の装備品を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の旧東ドイツ軍装備品関連記事はこちらです。⬇︎

旧東ドイツ(East Germany・DDR) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


東ドイツ軍放出品 バックパック レインカモ 並下品

NVA 東ドイツ軍 ランドリーバッグ 綿製 NVA 2nd Type Strichtarn 迷彩 軍払下品 中古品 実物 本物
 


Strichtarn東ドイツカモ、シェフエプロン、男女兼用、調理エプロン面白いエプロンバーベキューエプロンポケット付き調節可能なビブエプロン(民生品)

実物 新品 東ドイツ軍 NVA(国家人民軍)テントシェル・ポンチョ レインドロップカモ / ミリタリー 軍物 ユーロサープラス ユーロミリタリー【クーポン対象外】【T】【N】


【ポイント20倍】東ドイツ軍放出 テントシート レインドロップカモフラージュ 未使用 デットストック品 1枚

スポンサーリンク

VOYAGER ~ 日付のない墓標

VOYAGER ~ 日付のない墓標

  • 松任谷由実
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
One Last Kiss

One Last Kiss

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Beautiful World

Beautiful World

  • 宇多田ヒカル
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes