いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【中国共産党】人民解放軍陸軍81式リバーシブル迷彩ユニフォームとは? 0481 🇨🇳ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210423164755p:plain

今回は、中国人民解放軍の古い迷彩スモックを分析します。

おそらく中国初の量産されたオリジナル迷彩服ではないでしょうか?

このアイテムも東京のN商店が大々的に取り扱っていましたね。

今回もデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  中国人民解放軍陸軍81式リバーシブル迷彩ユニフォームとは?

私が初めて今回のスモックを認識したのは、伝説のミリタリー雑誌「PXマガジン」内の記事でした。

 

いやー驚きました。

 

何故なら、初めて見たその迷彩服が、とても複雑なパターンで効果的な迷彩だったからです。

 

当時の人民解放軍は、お世辞にも効果的とは言い難いグリーン単色の人民服を戦闘服としていました。

(旧ソ連から供与された迷彩服も僅かにあったようですが、あまり使用されなかったようです。)

 

それが、いきなり物凄い迷彩服が出現したのですから大変です。

 

しかも、購入できるということでさらに驚きました。

(都合二着をGETしましたよ。…独身時代に!)

 

果たして入手した迷彩服は、仕立ては中国スタンダードでしたが、迷彩は予想以上に素晴らしい物でした。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は、迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  中国人民解放軍陸軍81式リバーシブル迷彩ユニフォームの全体及び細部写真

ジャケット

春夏側前面

複雑な迷彩ですね。

着丈が短い、旧東側のデザインですね。

f:id:akmuzifal6489:20200810063338j:image

 

春夏側背面

なんとなくイギリス軍のDPMに似たパターンもあります。
f:id:akmuzifal6489:20200810063247j:image

 

秋冬側前面

一転単純な迷彩ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200810063359j:image

 

秋冬側背面
f:id:akmuzifal6489:20200810063417j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200810063414j:image

 

タグ

上部が縫い付けられていますが「2」と読めます。

他のデータスタンプやタグは見当たりませんでした。
f:id:akmuzifal6489:20200810063258j:image

 

春夏側胸ポケット

ループとボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200810063310j:imagef:id:akmuzifal6489:20200810063343j:image

 

袖口はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200810063438j:imagef:id:akmuzifal6489:20200810063404j:image

 

袖ポケット

こちらもループとボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200810063446j:imagef:id:akmuzifal6489:20200810063429j:image

 

裾左右にはゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20200810063442j:image

 

 

秋冬側襟周りのレイアウト

迷彩の効果で、よくわかりませんね。

f:id:akmuzifal6489:20200810063335j:image

 

秋冬側胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20200810063433j:imagef:id:akmuzifal6489:20200810063243j:image

 

うなじにはライニングがあって、なんとフードが内蔵されていました。

フードもしっかりリバーシブルですね。
f:id:akmuzifal6489:20200810063319j:imagef:id:akmuzifal6489:20200810063421j:image

 

フード縁のドローコードは迷彩生地でできています。
f:id:akmuzifal6489:20200810063348j:image


ボタン

アメリカ軍型でブラウンのプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20200810063254j:image

 

春夏側迷彩パターン

イギリス軍DPMに似たパターンがありますね。

f:id:akmuzifal6489:20200810063251j:image

 

トラウザーズ

春夏側前面
f:id:akmuzifal6489:20200810063306j:image

 

春夏側背面
f:id:akmuzifal6489:20200810063351j:image

 

秋冬側前面
f:id:akmuzifal6489:20200810063323j:image

 

秋冬側背面
f:id:akmuzifal6489:20200810063327j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200810063330j:image

 

右側面レイアウト

腰のスラントポケット、膝のパッチポケット
f:id:akmuzifal6489:20200810063408j:image

 

膝ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200810063425j:imagef:id:akmuzifal6489:20200810063316j:image

 

膝には秋冬側に補強生地が縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20200810063450j:image

 

股間にも補強生地が。
f:id:akmuzifal6489:20200810063356j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  中国人民解放軍陸軍81式リバーシブル迷彩ユニフォームの特徴とは?

迷彩は、春夏側がタンをベースに濃淡4色のグリーンを用いて、刷毛で小さく丸く塗ったようなパターンを描いています。

 

何処かで見たことがあるパターンだと思ったら、部分的にイギリス軍のDPMに似ていますね。

 

勿論使用色、色調そしてパターンの多くは別物ですが、参考にしたのは間違いないようです。

(だから効果的なのですね。)

 

各色の重なり合っている部分は、別の色調に変化していて、都合6色の複雑な迷彩に見えますね。

 

一方秋冬型はタンをベースに、濃淡2色のグリーン、ブラウンで斑点を描いています。

春夏側と比べると、シンプルな迷彩と言えます。

 

時代的に品質管理がおおらかで、両面とも大きく色調の違うモデルも存在しますよ。

 

生地は薄いコットンの平織りで、ソ連/ロシア軍のスモックなどとよく似た生地です。

 

デザインは、リバーシブルですが胸や袖のボタンは、春夏側メインで縫い付けられているので、秋冬側を使用する場合はコツが必要です。

 

構成は、ジャケットが胸ポケット×2、袖ポケットですが、秋冬側に袖ポケットはありません。

 

トラウザースは、腰スラントポケット×2、膝ポケット×2ですが、秋冬側に膝ポケットはありません。

 

リバーシブルとは言え、セミリバーシブルですね。

 

全体的な縫製は、中国スタンダードで必要最小限といった感じですが、スモックなどの簡易衣料品だと考えると、こんなもので良いのかもしれませんね。 

4  中国人民解放軍陸軍81式リバーシブル迷彩ユニフォームの製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1980年代

・製造場所     中国

・契約会社     中国

・製造会社     〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    2

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約70センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約55センチ

          袖丈 約62センチ

           トラウザース

          着丈 約103センチ

        ウエスト 約37センチ

          股上 約35センチ

          股下 約70センチ

          裾幅 約21センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  中国人民解放軍陸軍81式リバーシブル迷彩ユニフォームまとめ

上述の「PXマガジン」の生地には、モデルさんが今回のスモックを着用して、木々の中に居る写真がありました。

(おそらく日本で撮影)

 

それを見る限りには、迷彩効果が高そうでしたね。

 

使える迷彩服かもしれません。

 

ただ、生地が薄く縫製も簡易ですので、衣類としての耐久性には少々疑問です。

 

元々、人民服の上に着用する迷彩や偽装が目的の簡易衣類ですので、こんなものなのでしょうか?

 

用途としては、日本ではほぼオールマイティと言っていいでしょう!

 

ただ、ひと頃市中に溢れていたこのスモックも、最近ではめっきり見かけなくなりました。

 

もしかしたら、もう絶滅危惧種の仲間入りしているのかもしれませんね。

 

今でももしN商店にあれば、比較的安価に入手できますよ。

(ただし、主に小さいサイズが残っていると思われます。)

 

また、時々ネットオークションやフリマで見かけます。

 

予算と相談して入札や購入してみましょう。

 

進化著しい人民解放軍の一番最初の迷彩服を、あなたもぜひ入手してみてください!

 

今回は、中国人民解放軍陸軍の古い迷彩服を分析しました。

次回は、アメリカ軍海兵隊の作業服を分析します。

お楽しみに!

(20210423更新)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の中国人民解放軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

Twitterでまた危険な記事を見つけました。

ある種ブームの携帯扇風機ですが、この型に限らず中華製は要注意ですね。

 

あなたの扇風機も気をつけて!

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Over the Sky (Angel Feather version)

Over the Sky (Angel Feather version)

  • Hitomi
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Over The Sky

Over The Sky

  • Hitomi
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes