いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ロシアの軍服】迷彩ユニフォーム(ウッドランドパターン)とは? 0474 🇷🇺ミリタリー

こんにちは!

今回は、ロシア軍の迷彩ユニフォームを分析します。

ところがロシア軍というのは判っているのですが、どこの部署が使用していた迷彩服なのかは不明です。

同じ迷彩生地を用いた、別デザインのモデルもあるようですよ。

もしかしたら貴重なものかもしれませんね!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ロシア軍迷彩ユニフォーム(ウッドランドパターン)とは?

このモデルを初めて観たときには、まさかロシア軍のものとは思えませんでした。

 

それまでにも全く存在しない系統の迷彩パターンだったからです。

 

でも部署(例えば内務省とか)や下手をすれば同じ部隊内でも、各人が違う迷彩服を着用するロシア軍。

 

こういう迷彩も採用していたのかな…と軽い気持ちで購入しておきました。

(因みに独身時代のことですよ…って誰に言ってるの?)

 

果たして、後にソ連/ロシア軍の迷彩服専門誌を池袋の洋書専門店で立ち読み(!)したときに、同じ迷彩パターンの衣類の写真があって、やはりロシア軍のものであったと安堵した状況です。

 

今回、こうやって分析できることができて。本当に良かったです。

 

旧東側を観ても、類似パターンの迷彩はなかったですね。

 

さてさて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

 

今回は、ソ連/ロシア軍マニアのみならず、迷彩服コレクター初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ロシア軍迷彩ユニフォーム(ウッドランドパターン)の全体及び細部写真

ジャケット

前面

f:id:akmuzifal6489:20200802164727j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200802164932j:image

 

前面裏側

上部のみライニングがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200802164823j:image

 

背面裏側

迷彩は意外に裏側まで透けています。
f:id:akmuzifal6489:20200802160035j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200802165031j:image

 

タグ

ロシア軍としては珍しい表記方法ですね。

民生品でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20200802164701j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802160137j:image

 

襟周りのレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20200802160125j:image

 

胸ポケット

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200802164535j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802165017j:image

 

袖ポケット

左右にあります。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200802155908j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802160153j:image

 

袖は余裕のある造り
f:id:akmuzifal6489:20200802164714j:image

 

肘の補強生地は大きな面積

f:id:akmuzifal6489:20200802171940j:image

 

右腕のみ手首付近に細長く小さいポケットが。

ナイフ入れでしょうか?

とするなら、空挺用なのかもしれませんね。

マジックテープで開閉

f:id:akmuzifal6489:20200802160108j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802164639j:image

 

袖口はボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200802155852j:image

 

内ポケット

ナイロン製です。

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200802164945j:image

 

ライニングは起毛した生地で暖かそうです。

でも面積が少ないですね。
f:id:akmuzifal6489:20200802164548j:image

 

右裾にはゴムの付いたテープで絞れます。

ロシア/ソ連装備に多い片持ち式ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200802160223j:image

 

トラウザーズ

前面
f:id:akmuzifal6489:20200802164522j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200802160252j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200802160318j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200802164600j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20200802164626j:image

 

膝ポケット

側面ではなく、前面にあります。
f:id:akmuzifal6489:20200802164837j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802164613j:image

 

膝の補強生地

その下部は…
f:id:akmuzifal6489:20200802164753j:image

 

マジックテープで開閉できました。

そして中には?
f:id:akmuzifal6489:20200802165000j:image

 

厚いナイロンの袋があって、中に不織布(フェルト?)のパットが。

でも、これで衝撃が幾分緩和されますね。
f:id:akmuzifal6489:20200802164652j:image

 

裾は二重になっていて、外側の裾にはゴムが内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20200802164850j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802164739j:image

 

内側の裾にはドローコードも完備。
f:id:akmuzifal6489:20200802160305j:image

 

内側裾はスリット付き
f:id:akmuzifal6489:20200802160331j:image

 

右腰には、細長い何かを入れるポケットが。

これもソ連時代からの伝統ですね。

ポケットはダットファスナーで開閉しますが、一部のファスナーがありませんでした。
f:id:akmuzifal6489:20200802160016j:image

 

臀部のポケット

こちらもマジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200802164806j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802160239j:image

 

左腰にも細長い何かを入れるポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200802160053j:imagef:id:akmuzifal6489:20200802155924j:image

 

コンパートメントが分かれているかと思ったら、2個のポケットが縫い付けられていました。
f:id:akmuzifal6489:20200802164917j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ロシア軍迷彩ユニフォーム(ウッドランドパターン)の特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンの生地に、レッドブラウン、ダークグリーン、マホガニーブラウンで雲やアメーバのようなパターンを描いています。

 

メリハリの効いた迷彩ですが、少々ライトグリーンの面積が多いせいか、目に刺激のある印象です。

(なんとなく、大戦中のドイツ軍が開発したライバーマスター迷彩やアメリカ軍ウッドランド迷彩の雰囲気もありますね。)

 

生地は、やや厚くて粗末なコットンツイルで、旧ソ連時代によく用いられていた生地に似ていますよ。

(少々肌触りが悪いですね。)

 

一部にあるライニングは起毛された生地が使用されていますよ。

 

デザインは、ジャケットがエポレットなし、胸ポケット×2、袖ポケット×2の丈がやや短い人民服タイプ。

 

トラウザーズは、膝ポケット×2、臀部ポケット、右太腿に細長いポケット、左太腿に細く短いポケット×2で変則的です。

 

面白いのは、右袖の小ポケットと、左右太腿のポケットです。

 

何を入れることを想定しているのでしょうか?

 

珍しいところでは、膝に不織布のパットが内蔵されていましたよ。

(取り外し可)

 

もしかしたら、空挺装備品なのかもしれませんね。

 

現時点では中古品なので、ほとんどのマジックテープが解れ気味です。

(マジックテープの癒着力(?)が半端なく強いので、なんと取り付けてある縫い目が解れています。)

4  ロシア軍迷彩ユニフォーム(ウッドランドパターン)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1990年代

・製造場所     ロシア

・契約会社     ロシア

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    不明

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約66センチ

          肩幅 約51センチ

          身幅 約62センチ

          袖丈 約59センチ

           トラウザーズ

          着丈 約101センチ

        ウエスト 約42センチ

          股上 約33センチ

          股下 約73センチ

          裾幅 約17センチ

・状  態     中古上品

・官民区分     官給品

・入手場      ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ロシア軍迷彩ユニフォーム(ウッドランドパターン)まとめ

写真を撮ってると、段々派手な迷彩に思えてきました。

 

移動間(動いている場合)はともかく、停止間(じっとしている場合)は、かなりの効果を発揮しそうです。

(この迷彩も実際のフィールドで効果を確認してみたいですね。)

 

用途はサバイバルゲーム、野鳥観測、狩猟など、オールマイティに使えそうです。

(膝パットもありがたい装備ですよね。)

 

ただし起毛のライニングでもわかるように、どうやら春秋用のようです。

生地も厚いので、真夏はきついかもしれませんね。

 

残念ながら、この迷彩服も現時点では品薄です。

(旧ソ連、初期ロシアの装備は、全般的にそうなのですが…。)

 

見つけたら、サイズや程度を確認して、良かったら取り敢えず購入しておきましょう。

 

私は、色違いのモデルやデザインの違うモデルを探してみたいと思います。

  

今回は、ロシア軍の珍しい迷彩服を分析しました。

次回は、不思議なイギリス軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

(20210403更新及び追記)

 

同じ迷彩のキャップが見つかりました!

 

左側面

f:id:akmuzifal6489:20210403001726j:plain

 

右側面

f:id:akmuzifal6489:20210403001838j:plain

 

内側には耳当てが織り込まれていました。

f:id:akmuzifal6489:20210403001950j:plain

 

上面

f:id:akmuzifal6489:20210403002012j:plain

 

下面

f:id:akmuzifal6489:20210403002116j:plain

 

サイズ表記

f:id:akmuzifal6489:20210403002159j:plain

 

耳当ては生地がニ枚あわせなのですが、折り曲げやすいように付け根は一枚でした。

f:id:akmuzifal6489:20210403002402j:plain

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のロシア軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クロニック・ラヴ

クロニック・ラヴ

  • 中谷美紀
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
NAMInoYUKUSAKI

NAMInoYUKUSAKI

  • THE RiCECOOKERS
  • ロック
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes