いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

アフガン侵攻の主役!【旧ソ連の軍服】ユーティリティーユニフォーム(アフガンカ・カーキ単色バージョン)とは?1013 USSR ミリタリー

今回は、1990年代の旧ソ連軍ユーティリティーユニフォームを分析します。

旧ソ連時代のアフガニスタン侵攻で一躍有名になりましたね。

それまでの伝統的なデザインを変更したモデルです。

部分的に褪色がありますが、デッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

スポンサーリンク

1  旧ソ連陸軍ユーティリティーユニフォーム(アフガンカ・カーキ単色バージョン)とは?

第二次政界大戦以降、旧ソ連陸軍は「ルパシカ」と呼ばれるプルオーバーのジャケットを採用していました。

 

これは前合わせがなく、防寒防風に適した衣類でしたね。

 

ルパシカについては以下をご覧ください。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ルバシカ

ja.wikipedia.org

ルパシカ着用例

pin.it

https://pin.it/2s4iWRS

1979年の旧ソ連軍のアフガン侵攻の一報が入ってきた時、私はてっきり「兵の戦闘服はルパシカだろう…」と想像していました。

 

ところが当時流れてくるニュース映像では、兵士の多くが全く観たことの無い戦闘服を着用していましたよ。

(勿論、有名なブタン迷彩もありました。)

 

それが今回のモデルです。

 

この当時は、敵対するアメリカ軍が全軍統一のウッドランドBDUが普及し始めた頃でした。

 

今回のモデルも、一部その影響を受けているのではないかと思われます。

 

戦闘時の他、あらゆる場面で使用されましたよ!

 

さてさて、それはどんなユーティリティーユニフォームなのでしょうか?

 

今回は、旧ソ連軍装備マニアのみならず、アメリカ系BDUに飽きたあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

ジャケット

前面
f:id:akmuzifal6489:20220716194648j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220716194532j:image

 

前面裏側
胸部にライニング
左右の内ポケットに注意!
f:id:akmuzifal6489:20220716194638j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220716194454j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20220716194458j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20220716194614j:image

 

データ及びサイズスタンプ
1991年度契約品。
f:id:akmuzifal6489:20220716194607j:image

 

内ポケット
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220716194634j:image

 

エポレット
テーパーなしのクサビ型
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220716194512j:image

 

胸ポケット
ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220716194611j:imagef:id:akmuzifal6489:20220716194626j:image

 

腰ポケット
こちらもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220716194602j:imagef:id:akmuzifal6489:20220716194437j:image

 


緩やかなテーパー付き
f:id:akmuzifal6489:20220716194430j:imagef:id:akmuzifal6489:20220716194519j:image

 

肘の補強生地
小判型なのですが、少々いびつですね。😅
f:id:akmuzifal6489:20220716194544j:image

 

袖口もボタンで開閉
マチ付きですね。
f:id:akmuzifal6489:20220716194504j:image

 

背中には浅いアクションプリーツ付き。
f:id:akmuzifal6489:20220716194508j:image

 

やはり内側の左側には、ナイロン製とコットン製のループや紐が!
上のループはウエストの、下は裾のドローコードなのですが、中間の平紐の用途がわかりません。🤔
f:id:akmuzifal6489:20220716194528j:image

 

脇の通気孔
ボタンループ型で4個
f:id:akmuzifal6489:20220716194537j:image

 

トラウザーズ
前面
f:id:akmuzifal6489:20220716194618j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20220716194630j:image

 

前面裏側
ポケット裏側の生地はブラウンのコットンツイル。
f:id:akmuzifal6489:20220716194516j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20220716194450j:image

 

前合わせはボタンとホックです。
f:id:akmuzifal6489:20220716194442j:image

 

ウエスト右前面に小ポケットあり。
f:id:akmuzifal6489:20220716194547j:imagef:id:akmuzifal6489:20220716194643j:image

 

サイズ及びデータスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20220716194421j:image

 

左側面レイアウト
ヒップポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20220716194550j:image

 

ウエストのサイズ調整タブ
f:id:akmuzifal6489:20220716194540j:image

 

腰スラントポケット
f:id:akmuzifal6489:20220716194426j:image

膝ポケット
f:id:akmuzifal6489:20220716194652j:imagef:id:akmuzifal6489:20220716194623j:image

 

裾のドローコードとブーツ用ループ
ループはボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20220716194524j:image

 

普段ループは内側のボタンに留めておきます。
f:id:akmuzifal6489:20220716194433j:image

 

ボタンはODのプラスティック製
同心円上に一本の溝。
f:id:akmuzifal6489:20220716194558j:image

 

生地の番号が所々にスタンプされています。
f:id:akmuzifal6489:20220716194554j:image

 

トラウザーズ前面中央には縦に細いステッチが。
これでアイロンを当てなくても「当てている」ように見えますね。
f:id:akmuzifal6489:20220716194446j:image

 

アフガニスタンにおける着用例

pin.it

https://pin.it/4kaLITb

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地は、黄色味の強いカーキのコットン平織で、やや厚く丈夫です。

(逆に通気性は少々悪いかも。)

 

コレクションしていませんが、もっと薄い生地で製造されたモデルも確認しています。

(PX品かもしれません。)

 

デザインは、ジャケットがエポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2、内ポケット×2で、左腰内側には例のテープがあり、背中には浅いながらもアクションプリーツ付きです。

 

トラウザーズは、腰スラントポケット×2、膝ポケット×2、右ウエスト小ポケットで、裾にはブーツ用のループと、裾にはドローコードがあります。

 

これはいわゆる「アフガンカ」と呼ばれるモデルで、これ以降の旧ソ連軍、ロシア軍の標準的なデザインですね。

 

でも製造時期や製造工場によっていくつかバリエーションがあります。

(今回のモデルは、ソ連時代の末期に製造されたモデルのようですよ。)

 

全体的な縫製は、少々雑なところと、丁寧なところが混在している面白い仕立てですね。

 

また、パーツは全体的に粗末な感じで、耐久性はなさそうです。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1991年

・製造場所     旧ソ連

・契約会社     旧ソ連

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ナイロン

          麻

・表記サイズ    50-3

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

           ジャケット

          着丈 約77センチ

          肩幅 約48センチ

          身幅 約58センチ

          袖丈 約60センチ

         トラウザーズ 

        ウエスト 約41センチ

          着丈 約104センチ

          股上 約30センチ

          股下 約75センチ

          裾幅 約22センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     大阪の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

2022年現在では、とても懐かしく感じますね。

いかにも乾燥したアフガニスタンで使えそうなカラーも魅力です。

 

そういえばベトナム戦争では、多くの軍事顧問を派遣していた旧ソ連軍。

 

そこで目覚ましい活躍をするアメリカ軍を脅威と感じていました。

 

この戦争や以降の戦闘で得たアメリカ軍装備は、つぶさに研究され今回のモデルにも生かされているようですね。

(4ポケット+αというのが、それまでのジャケットと違っています。)

 

エポレットはともかく、他は多くの部分でアメリカ軍BDUとの共通点がありますね。

 

実際に着用してみると、ルパシカよりも使い勝手は大幅に向上していますよ。

(カラーもお洒落?)

 

でも、アメリカ軍系のBDUとは、一味も二味も違った雰囲気がなんとも言えないですね。

 

残念なことに、旧ソ連崩壊前後には、どこのSHOPでもデッドストックを在庫してたこのユニフォームも、現在では数がとても少なくなってしまいました。

 

それでもかろうじて大手通販サイトで取り扱われていますね。

(ただし、とてもお高いです。😅)

 

また未確認ながら、海外でモデル品も発売されているという情報もあります。

 

安価に住ませようと考えているあなたは、ぜひ探してみましょう!

 

今回は、旧ソ連軍がアフガン侵攻時に使用した、単色のユーティリティーユニフォームを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね!

 

それではまた、次回をお楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:旧ソ連軍装備に関する記事はこちらです。⬇︎

https://www.military-spec-an.com/archive/category/旧ソ連(USSR) 

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


【ロシア軍】実物 本物 軍用品ソビエト軍 1980年 アフガンカ BDU 戦闘服 ジャケット ズボン セット 制服 コスチューム USSR CCCP (XXL)

実物 新品 デッドストック ロシア軍(旧ソ連軍)70s〜80s キルティング 防寒ジャケット【クーポン対象外】【I】 WAIPER 楽天 送料無料

【中古】MILITARY◆旧ソ連軍/コットンキャンバスコート/70s/コート/コットン/BEG/【メンズウェア】
 


ソビエト USSR ロシア 下士官用ルパシカ M37 ジャケット 上衣 軍服 オリーブ色

 

 

 

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes
Grand symphony

Grand symphony

  • 佐咲紗花
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes