いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

国籍不明 スプリンター迷彩スモックとは? 0044 Unknown

こんにちは!

今回は、長いコレクター人生を経ても、識別できなかった謎の迷彩服を紹介します。

いったいどこの国の装備品でしょうか?

識別出来る方、いらっしゃいますか?

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  国籍不明 迷彩スモックとは?

ブルガリア陸軍の装備品ということで入手しました。

しかし、違和感があったので、今回は国籍不明とさせていただきます。

全体的な作りから、東欧の製品だとは思うのですが、国を示す特徴がないですね。

確かに迷彩パターンは、1960年代のブルガリアに似ていなくもないですが…。

また、ポーランドのスプリンター迷彩にも似ています。

もしご存知の方がいらしたら、ご教示お願いします。

2  スモックの全体及び細部写真

前面

腰ポケットの記事は、90°倒して使用されています。意図的なのでしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20190505093746j:image

 

背面  

素敵なスプリンター迷彩ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190505093736j:image

 

前面裏側  裏側はホワイトでほとんど迷彩は透けていません。

白い生地が目立ちますね。
f:id:akmuzifal6489:20190505093707j:image

 

 背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190505093721j:image

 

フード  立体裁断です。
f:id:akmuzifal6489:20190505093728j:image

 

 フードのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190505093754j:image

 

フードの内側から出ています。
f:id:akmuzifal6489:20190505093739j:image

 

ジッパースライダー  裏側の刻印 ジッパーの布地はハルレッド。
f:id:akmuzifal6489:20190505093801j:image

 

ジッパー  スライダー  の引き手裏側
f:id:akmuzifal6489:20190505093717j:image

 

表側  「KIN」の刻印が。もしかして…。
f:id:akmuzifal6489:20190505093808j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190505093714j:image

 

袖口  ゴムを内蔵
f:id:akmuzifal6489:20190505093725j:image

 

うなじのループ  青いフェルトペンで文字が。NEC?
f:id:akmuzifal6489:20190505093732j:image

 

前面裏側の布地に洗濯マークが!

珍しいです。

もしかしたらスタンプでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190505093805j:image

 

ジッパー差し込み口裏側

おそらく、裾にもドローコードがあったのでは?
f:id:akmuzifal6489:20190505093750j:image

 

袖口裏側
f:id:akmuzifal6489:20190505093743j:image

 

フード付け根にはチャコールブラウンの補強布。
f:id:akmuzifal6489:20190505093757j:image

 

ラグランスリーブの立体裁断
f:id:akmuzifal6489:20190505093710j:image

3  その特徴とは?

ライトタンをベースにライトグリーン、ブルーグリーン、ブラウンで破片の様な模様を描いています。

またその上から殆どの部分に、ブラックグリーンで縦の破線をプリントしています。

明らかにドイツの流れを汲んだ迷彩ですね。

デザインは、シンプルなラグランスリーブで、腰にマチ付きのオープンなパッチポケットが2個あります。フードも付いてますよ。

この種のスモックのフードは、単に半円形の布二枚を貼り合わせた様な単純なものが多いです。

しかし、このモデルはちゃんと立体裁断、縫製されていて、しかも大きいです。

ヘルメットの着用を考慮して作られているのかもしれません。

どこの国の装備品なのでしょうか?

4  製造とサイズのデータ

   ・製造又は契約年              不明

   ・製造場所                         不明

   ・契約会社                         不明

   ・製造会社                           〃

   ・材質                                コットン

   ・表記サイズ                      不明

   ・各部のサイズ(平置)  

                                   着丈  約67センチ

                                   肩幅  約46センチ

                                   身幅  約58センチ

                                   袖丈  約55センチ

   ・状態                      中古良品

   ・官民区分               不明

   ・入手方法               大阪の専門店

5  まとめ

どうもドイツ系迷彩には目がなくて、後先考えずに入手してしまいます。

今回のモデルも、店内の隅にあったのを見つけ、サイズも確認せず購入しました。

(良い子は真似しない!)

皆さんは、ちゃんとサイズと程度を確認して慎重に購入しましょう。

素敵な迷彩だったので気に入っていますが、実際にフィールドでどんな見え方をするのか確認したいですね。

明るいグリーンが入っているので、春から初夏の季節にピッタリかもしれません。

この明るさなら、シティユースでも使えそうですよ。

 

参考:各国のスプリンター迷彩を使用したアイテムの生地はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は、国籍不明ながら素敵なスプリンター迷彩服を紹介しました。

次回は、再度ベルギーの迷彩服を紹介します。

おたのしみに!

参考:その他の国籍不明迷彩服の記事はこちらです。⬇︎ 

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Evening Falls

Evening Falls

  • エンヤ
  • ニューエイジ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes