いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 海軍迷彩戦闘服(ブルータイプ)とは? 0069 🇺🇸

こんにちは!

海上自衛隊迷彩服の回で、産経のニュースを紹介しました。

www.military-spec-an.com

今回は、その記事で取り上げられていた、アメリカ海軍の迷彩服を紹介します。

個人的には、キレイな迷彩服だと思うのですが…。

   目次

1  アメリカの軍服  海軍迷彩戦闘服(ブルータイプ)とは? 

前作ウッドランドで四軍の迷彩服統一を果たしたアメリカ軍ですが、またまた改善され、今度は四軍独立迷彩になりました。

大国の考えていることはよくわからないですね。

そのうち、今回のモデルは2008年頃から海軍に採用された迷彩服になります。

陸、海、空軍で違う迷彩を採用するのは他国にも例がありますね。

各軍で差別化を図り、士気を上げる…なんて目的があるのかもしれませんね。

でも、もうすぐ廃止になるそうです。

どんな迷彩服なのでしょうか?

じっくり観ていきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

 前面  フルパッチです。迷彩のメリハリがはっきりしていますね。

f:id:akmuzifal6489:20190607174945j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190607174903j:image

 

前面裏側  襟にチンストラップはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190607174935j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190607174859j:image

 

前合わせはボタンのみです。 ボタンは黒いプラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20190607174855j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20190607174925j:image

 

データタグ  2012年契約です。
f:id:akmuzifal6489:20190607174932j:image

 

胸ポケット  2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190607174918j:image
f:id:akmuzifal6489:20190607174915j:image

 

袖ポケット  2個のボタンで開閉  胸ポケットとは違うデザイン
f:id:akmuzifal6489:20190607174909j:image
f:id:akmuzifal6489:20190607174912j:image

 

袖口  ボタンで開閉  二段階に調整可能
f:id:akmuzifal6489:20190607174941j:image
f:id:akmuzifal6489:20190607174853j:image

 

肘には補強用の布が。
f:id:akmuzifal6489:20190607174850j:image

 

左胸ポケット内にはペン差しが。でもフラップにスリットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190607174921j:image

 

アメリカ海軍マークもプリントされています。
f:id:akmuzifal6489:20190607174948j:image

 

左胸ポケットにも海軍マークの刺繍が!
f:id:akmuzifal6489:20190607174937j:image

 

左胸ポケット裏側  ペン差しの縫い跡
f:id:akmuzifal6489:20190607174927j:image
 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、ライトグレイ、グリーングレイ(見方によってはダークグリーン)、ネイビーブルー、ブラックブルーを用いて細かいダットのパターンを描いています。

いわゆるデジタル(何がデジタルなのかよくわかりませんが)迷彩ですね。

今回は確認できませんでしたが、海兵隊とパターンが似ているような気がしました。

いつか比べてみたいですね。

記事はコットンツイルで、リップストップではありません。

デザインは、胸ポケット×2に加え、左右の袖にもポケットがあります。現代の主流ですね。

ウッドランドのように腰にポケットはありません。

 

4  製造、サイズ等のデータ

・製造年又は契約年度     2012年

・製造場所                       アメリカ

・契約会社                       アメリカ

・製造会社                           〃

・材質                              コットン

                                         ナイロン

・表記サイズ                    SーR

・各部のサイズ(平置)  

                                        着丈  約70センチ

                                        肩幅  約43センチ

                                        身幅  約55センチ

                                        袖丈  約59センチ

 ・状態                            中古極上品

 ・官民区分                    官給品

 ・入手方法                    ヤフオク

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

5  まとめ

素敵な迷彩服ですね。

あらためて見ると、本当に美しい迷彩です。

確かにブルー系の迷彩ではありますが、意外と日本のフィールドでも効果があるかもしれませんよ。

(特に日陰)

これもフィールドで効果を試したい迷彩服です。

シティユースでも普通に使えそうですね。

何より、廃止になるなら、入手しておいて損は無いと思います。

今回のモデルは、意識していなかったのですがフルパッチでした。

それも数千円で購入できましたよ。お買い得です。

 

今回は、今後数が減っていくであろうアメリカ軍の迷彩服を紹介しました。

次回は、自衛隊員が待ちに待った迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

近所のコインランドリーの常夜灯に巣を作って住んでいたツバメさん一家がいなくなっていました。

雛が4羽いて元気にとびまわっていたのは確認していたのですが、ちょっと寂しいですね。

また来年会えるかな?

みんな元気で無事に目的地へ到着してほしいですね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。