いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【パキスタンの軍服】陸軍空挺迷彩スモックとは? 0140 🇵🇰ミリタリー

こんにちは!

今回は、パキスタン軍の迷彩服を分析します。

当時、運良くデッドストックが入手できました。

   目次

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

1  パキスタン陸軍空挺迷彩スモックとは?

以前希少な将校用と思われるパキスタン軍のジャケットを分析しました。

 

今回のモデルは、日本ではよく見かける空挺スモックです。

 

このスモックもイギリス軍デニソンスモックの影響を受けているようですね。

 

でも、パキスタン独自の「改良」が施されていますよ。

 

さてさて、それはどんな空挺スモックでしょうか?

 

今回は、迷彩コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  パキスタン陸軍空挺迷彩スモックの全体及び細部写真

前面  

以前分析したジャケットよりグリーンの色調が変わっていますね。

胸ポケットのボタンは、表出しタイプです。

f:id:akmuzifal6489:20190817163849j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190817163753j:image

 

前面裏側  肩から前身頃にかけて、通気性の良い別の生地で内張されています。
f:id:akmuzifal6489:20190817163811j:image

 

背中も上部に内張があります。

迷彩は、生地の裏側に殆ど透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190817163843j:image

 

前合わせはジッパーではなくボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20190817163804j:image

 

タグがありますが、印字が消失しています。残念!
f:id:akmuzifal6489:20190817163801j:image

 

胸ポケットもボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190817163846j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817163839j:image

 

腰ポケットも同様です。
f:id:akmuzifal6489:20190817163756j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817163828j:image

 

裾絞り調整用のタブはありますが、全てボタンで調整します。
f:id:akmuzifal6489:20190817163831j:image

 

袖口  こちらもボタンで開閉・調整  
f:id:akmuzifal6489:20190817163808j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817163834j:image

 

脇の補強布(普通ここは通気孔が開いているのですが…。)
f:id:akmuzifal6489:20190817163837j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817163825j:image

 

右袖にはペン用のポケットが。左利きが多いのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190817163823j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  パキスタン陸軍空挺迷彩スモックの特徴とは?

迷彩は、タンをベースに大きなダークグリーンの雲形とレッドブラウンの刷毛目のようなパターンを描いています。

 

配色やパターンからネットオークションでは、ローデシア迷彩と間違って(または知ってて)紹介されたりしています。

 

でも、全く違うのがわかりますね。

 

生地は、ごく普通の薄いコットンツイルですが、裏地には通気性の良さそうな独特の生地が使用されています。

 

デザインは、概ねデニソンスモックを踏襲していますが、テイルピースは省略されていますよ。

 

あと、デニソンスモックでダットファスナーの部分は全て通常のボタンに変更されています。

 

空挺スモックのはずですが、パラシュートラインの引っ掛かりは全く考慮していないようです。

 

しかし、これでメインテナンスは楽になりましたね。

 

あと、袖口もニットも廃して、通常のワイシャツのようなボタン留めにしています。

 

面白いのは脇で、今回のモデルには通気孔がないところです。

 

通常のデニソンスモックでは、補強生地に通気孔が6個ほど開いたものが使用されているのですが…。

(…とするなら、脇の補強生地の必要性はなかったのではないでしょうか?)

 

全体的な縫製は、パキスタン軍としては正確かつ丁寧で、強度も十分ですね。

4  パキスタン陸軍空挺迷彩スモックの製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     パキスタン

・契約会社     パキスタン

・製造会社      〃

・材  質     コットン

          ポリエステル

・表記サイズ    不明

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約77センチ

          肩幅 約46センチ

          身幅 約70センチ

          袖丈 約64センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  パキスタン陸軍空挺迷彩スモックまとめ

同じくパキスタン軍の空挺迷彩スモックでは、各ポケットのボタンが隠しボタンになっているタイプもありますね。

 

このタイプは、迷彩のグリーンが今回のモデルよりやや濃くて、仕立てが少々雑なものが多いです。

 

それに比べて今回のモデルは、正確で丁寧な仕立てですよ。

 

製造メーカーが違うのでしょうか?

(メーカーを示すタグやスタンプは見つからなかったですが…。)

 

今回のモデルは生地が薄いので、日本でも真夏以外なら着用できそうですね。

 

ただ迷彩の色調がやや茶色系なので、日本のフィールドでは、秋から冬に効果を発揮しそうです。

 

ただネットでもショップでも、数は少ないです。

 

出回っているものは、破損が多く比較的小さいサイズが多いですよ。

 

また、非常に高価ですね。

 

購入される場合は、程度とサイズをよく確認して、少しでも不具合がある場合は次を待ちましょう!

(いつか今回のモデルをヤフオクに出品しますので、欲しい方は気長にお待ちください。)

 

今回は、パキスタンの迷彩スモックを分析しました。

次回は、私の大好きなイギリス軍の迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のパキスタン軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

 

読んでいただき、ありがとうございました。 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ガンダーラ

ガンダーラ

  • ゴダイゴ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes