いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【イギリスの軍服】陸軍迷彩スモック(P68)その2 最初期DPMとは? 0141 🇬🇧ミリタリー

こんにちは!

今回は、イギリス軍の迷彩服を分析します。

これまでにも、イギリス軍の迷彩スモック(P68)を分析しました。

過去のイギリス軍迷彩スモック(P68)の記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

今回は、同じP68スモックながら、マニアの間で「初期DPM」と呼ばれている希少な生地で製造されたものですよ。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  イギリス陸軍迷彩スモック(P68)その2  最初期DPMとは?

イギリス軍で1960年代に採用されて以来、約40年の永きに渡り使用されていたDPM。

その製造国、会社、時期、用途で迷彩のパターンや色調に数々のバリエーションがあることで知られています。

そのうち1960年代の一部で使用されたDPMは、後のDPMと色調が大きく違っていました。

スモックのモデルとしては、P60とP68で見ることができます。

通常のDPMと何が違うのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  イギリス陸軍迷彩スモック(P68)その2  最初期DPMの全体及び細部写真

 前面

f:id:akmuzifal6489:20190817175035j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190817175016j:image

 

前面裏側

P68の特徴であるフルライン(内張が全裏面にある。)です。
f:id:akmuzifal6489:20190817174912j:image

 

背面裏側

勿論、テイルピースも装備。
f:id:akmuzifal6489:20190817175205j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。

f:id:akmuzifal6489:20190819170559j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190817174908j:image

 

襟はボタンで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20190817174953j:image

 

エポレット  

若干のテーパー付きで先端はラウンド型です。
f:id:akmuzifal6489:20190817175220j:image

 

左袖ポケット  

ペン用と小物用に分かれています。

ボタンで開閉。
f:id:akmuzifal6489:20190817175223j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817174928j:image

 

胸ポケット  デニソンスモックのように角度が付いています。ボタンで開閉

ポケットの下部はスクエアです。
f:id:akmuzifal6489:20190817175040j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817175038j:image

 

腰ポケット  

こちらも僅かながら角度がついています。

ボタンで開閉。
f:id:akmuzifal6489:20190817175049j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817175216j:image

 

袖も2個のボタンで開閉・調整  

マチ付きです。
f:id:akmuzifal6489:20190817175707j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817174918j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817174939j:image

 

襟の裏にはボタンが。

これはエポレットのボタンと合わせて、専用のフードを取り付けるためのもの。
f:id:akmuzifal6489:20190817174936j:image

 

ジッパー  保管時の経年変化で白い粉が吹いていますが作動はスムーズです。
f:id:akmuzifal6489:20190817175013j:image

 

デニソンスモックのようなテイルピース  

裾のポケットを通してボタンで留められています。
f:id:akmuzifal6489:20190817175008j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817174946j:imagef:id:akmuzifal6489:20190817174915j:image

 

裾のタグ

取説ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190817175055j:image

 

前面裏側裾のテイルピース用ボタン  

配置がデニソンスモックに似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190817175043j:image

 

テイルピースは後ろの裾から股を通して前の裾にボタンで留めます。

日本の褌のようですね。
f:id:akmuzifal6489:20190817175028j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20190817175046j:image

 

左胸裏側には、シンプルな内ポケット有り。
f:id:akmuzifal6489:20190817175005j:image

 

専用フード左右表側

(初期DPMの中古良品です。)

f:id:akmuzifal6489:20190830164213j:imagef:id:akmuzifal6489:20190830164216j:image

 

裏側

f:id:akmuzifal6489:20190830164321j:imagef:id:akmuzifal6489:20190830164333j:image

 

表側後面  

ボタンホールの向きに注意   独特の裁断です。
f:id:akmuzifal6489:20190830164516j:image

 

タグ  

印字消失で殆ど読めませんが…。
f:id:akmuzifal6489:20190830164529j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  イギリス陸軍迷彩スモック(P68)その2  最初期DPMその特徴とは?

まず迷彩ですが、後のDPMと大きく違うのはその色調で、

 

 ・ベースがダークイエロー(又はタン)ではなく、明るいカーキ

 ・グリーンがライトグリーン(又は薄いエメラルドグリーン)

 ・カーキとグリーンの境界は、お互いが混じり合ってダークグリーンになっている

 

ところです。

 

通常のDPMでは、一番明るいカラーがダークイエローなのですが、初期DPMはグリーンなのが識別点です。

 

色調が全く違うので、「別の迷彩?」「プリントミス?」なんていう印象を持つかもしれませんね。

 

またよく見ると、迷彩パターンも少し違っていますね。

 

デザインや縫製は、以前分析したP68スモックと同じです。 

4  イギリス陸軍迷彩スモック(P68)その2  最初期DPM製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     イギリス

・契約会社     イギリス

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    3

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約75センチ

          肩幅 約54センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約58センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     ヤフオク

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  イギリス陸軍迷彩スモック(P68)その2  最初期DPMまとめ

海外の書籍やオークションの商品説明文を見ても、何故そしていつ初期DPMから通常DPMの色調に変更されたのか…というのはわかりませんでした。

 

イギリス人は、深く考えていないのかもしれませんね。

 

でも世界中で人気のDPMですよ。

 

日本でも、最も迷彩効果のあるDPMと信じている熱狂的なマニアがいることで有名ですね。

 

ただ、実際にフィールド(日本)で比べてみた場合、初期DPMより通常DPMの方が、より迷彩効果があるように見えます。(私見)

 

実は、ニュージーランド軍も、この初期DPMを参考にした迷彩を採用していますね。

 

ニュージーランド軍のDPM戦闘服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

初期DPM生地を用いたスモックは希少で、店舗やオークションでもまず見かけることがありません。

 

おそらくマニアがすぐに購入してしまうからでしょうね。

 

最も希少なのは、初期DPMのP60スモックとされています。

 

いつか入手したいですね。

 

今回は、DPMの中でも希少な初期DPM生地で製造された、イギリス軍のスモックを分析しました。

次回は、イギリス軍つながりで、イギリス製高級(?)モデル品のスモックを分析します。

お楽しみに!

参考:P68スモックの後継モデルに関する記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.comスポンサーリンク

スポンサーリンク

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク