いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

イタリアの軍服 陸軍最新迷彩戦闘服(上下)とは? 0176 🇮🇹

こんにちは!

今回は、イタリア軍の新しい迷彩服を分析します。

とても「カッコいい」戦闘服ですよ。

残念ながらモデル品です。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  イタリアの軍服  陸軍最新迷彩ジャケット(上下)とは?

第二次大戦前の1929年に採用した迷彩で、戦後も長らく迷彩服を製造、運用していたイタリア軍。

その後は虎の威を借る狐のごとく、アメリカ軍のウッドランドに似た迷彩服を採用していましたが、2000年くらいから新しい迷彩服を採用しました。

これは、全くのイタリア・オリジナルで、デザインもファッションの国イタリアの面目躍如…といった素晴らしい迷彩服になっています。

どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  戦闘服の全体及び細部写真

ジャケット

前面

 

f:id:akmuzifal6489:20190920124729j:image

 

背面

この迷彩もパターン繰り返しの長さが長いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920124755j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190920124706j:image

 

背面裏側

裏側に迷彩は透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190920124718j:image

 

タグ  

モデル品なので、アメリカ的表示になっています。

しかし、この実寸でL–Rとは?
f:id:akmuzifal6489:20190920124650j:image

 

データタグ  
f:id:akmuzifal6489:20190920124709j:image

 

襟はスタンドカラーを意識した造りです。

襟の先端に星のパッチがなく、モデル品を表しています。
f:id:akmuzifal6489:20190920124716j:image

 

胸ポケット

左右にあります。

角度が付いていて、2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920124726j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920124711j:image

 

ランクスライド

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920124757j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920124745j:image

 

袖ポケット

2個のボタンで開閉

ポケットフラップが、胴体のパーツで縫い付けられています。

合理的ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920124751j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920124808j:image

 

袖口

タブとボタンで開閉・調整

ボタンは市販品でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190920124641j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920124748j:image

 

肘の補強生地

平行四辺形は珍しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920124656j:image

 

襟裏にはチンストラップがあってスタンドカラーにできます。
f:id:akmuzifal6489:20190920124703j:image

 

左胸ポケット裏側には、ポケットの形に合わせて内ポケットが。

ジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920124742j:image

 

ウエストは、タブとボタンで絞りを調整できます。
f:id:akmuzifal6489:20190920124734j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20190920124737j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190920124805j:image

 

前面裏側

裾にはドローコード内蔵です。
f:id:akmuzifal6489:20190920124659j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190920124721j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20190920124644j:image

 

臀部にも2ポケット

臀部の補強生地が印象的な形です。
f:id:akmuzifal6489:20190920124739j:image

 

ポケット配置

前面にスラッシュポケット、臀部にパッチポケット、膝にプリーツ付きポケットがそれぞれ2個ずつ付いている6ポケットタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190920124713j:image

 

臀部のポケット

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190920124802j:image

 

前面のスラッシュポケットは、後縁にアールが付いています。

何故でしょう?
f:id:akmuzifal6489:20190920124800j:image

 

膝ポケット

角度が付いていて、2個のボタンで開閉

ポケットフラップ前側は縫い付けられています。

ポケットのプリーツは二重です。
f:id:akmuzifal6489:20190920124647j:imagef:id:akmuzifal6489:20190920124653j:image

 

タグ

ジャケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20190920124732j:image

 

迷彩パターン

複雑です。苔のようですね。
f:id:akmuzifal6489:20190920124724j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩はタンに近いライトグリーン(明灰緑色?)をベースにグリーン、ブラウン、マホガニーブラウンで緻密なパターンを描いています。

全体的には、やはり赤味の強い迷彩ですね。

生地は薄いリップストップで、タグ通りならかなり丈夫だと言えます。

デザインは、ポケット等に急な角度がついていて、スパルタンな印象がありますよ。

機能よりカッコ良さを追求きたのでしょうか?

…とすれば、イタリアらしいですね。

ジャケット各部に付いているマジックテープは、イタリア陸軍の標準的な配置で、予め縫い付けられていました。

もしかしたら、今回のモデル品は軍のPXで販売されているものかもしれませんね。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                   不明

 ・契約会社                   イタリア

 ・製造会社                   不明

 ・材質                          コットン

                                      ナイロン

 ・表記サイズ                L–R

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                        ジャケット

                                    着丈  約73センチ

                                    肩幅  約52センチ

                                    身幅  約60センチ

                                    袖丈  約57センチ       

                                        トラウザース

                             ウエスト  約44センチ

                                    股上  約30センチ

                                    股下  約76センチ

                                    着丈  約104センチ

                                    裾幅  約20センチ                                

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

第二次大戦初期のイタリア軍装備(特に衣類)は、ムッソリーニの指導で「カッコ良さ」をデザインに取り入れていました。

何か思惑や効果があったのかもしれませんが、本質を見失っていますね。

だからイタリア軍は弱い…いえ、強くないのかもしれませんね。

今回のモデルも、そんな所が見え隠れします。

でも…迷彩もデザインも本当にカッコ良いです!

(しっかりハマってますね!…所詮、第三者!)

これはぜひ官給品を入手したいですね。

緻密な迷彩ですが、明暗のメリハリが効いているので、分裂効果も期待できます。

サバイバルゲーム、野鳥観察にはうってつけではないでしょうか?

また、モデル品なのでガンガン使えるところも魅力ですね。

未使用品を販売しているSHOPもまだありますので、入手は可能ですよ!

(そろそろ、官給品も沢山放出されているのでは?)

 

今回は、モデル品ながらイタリア軍のカッコいい戦闘服を分析しました。

次回は、フランスのフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

 

参考:第二次大戦中のイタリア軍迷彩服関連記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


イタリア軍 VEGETATO カモスーツセット デッドストック 迷彩

スポンサーリンク