いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

イタリアの軍服 陸軍防寒セーターとは? 0221 🇮🇹 ミリタリー

こんにちは!

今回は、世界の軍用セーターシリーズ(?)の一環でイタリア軍のセーターを分析します。

デッドストックで入手していましたが、サイズが少し大きかったため、試着後「タンスの肥やし」になっていたものです。

とは言え、なかなかファッショナブルなセーターですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  イタリアの軍服 陸軍防寒セーターとは?

第二次大戦でイギリス軍により開発された、いわゆるコマンドセーター。

戦後は、世界中で大流行して、官民問わず多くの組織に採用されました。

今やロシア軍や自衛隊でも採用されていますね。

勿論イタリア軍にも採用されています。

ところが、自他とも認めるファッションの国イタリアは、イギリスのデザインを採り入れつつも独自のテイストを効かせて仕上げていますよ。

さて、どんなセーターでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  防寒セーターの全体及び細部写真

前面

着丈が長く、肩や肘のパッチの色がやや濃くて角が丸いのが特徴ですね。

袖は折り曲げています。

f:id:akmuzifal6489:20191108170256j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191108170307j:image

 

前面裏側

袖は伸ばしています。
f:id:akmuzifal6489:20191108170245j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191108170423j:image

 

エポレットは、テーパーなしのクサビ型です。

マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191108170435j:image

 

クルーネックです。

最初から、ネームタグ用のマジックテープが付いていました。
f:id:akmuzifal6489:20191108170409j:image

 

珍しく、ペンポケットもあります。

中にはステンレスのペンカバーが二本入っています。
f:id:akmuzifal6489:20191108170445j:image

 

袖の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20191108170534j:imagef:id:akmuzifal6489:20191108170521j:image

 

袖を伸ばすとこんな感じです。

縫い目は、裏側にあるので、袖を折り曲げると表側に縫い目が出ます。
f:id:akmuzifal6489:20191108170510j:image

 

ネームタグ 

ブラウンです。アクセントになりますね。

同じサイズの生地を縫い付けて、その上に縫い付けられています。

なるほど、力が加わるので補強されているのですね。

f:id:akmuzifal6489:20191108170458j:image

 

裾は編み込 しぼられています。 

f:id:akmuzifal6489:20191108170333j:image

 

肩のパッチはかなり後ろまでカバー
f:id:akmuzifal6489:20191108170349j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20191108170357j:image

 

袖の小さなタグ

サイズではないようです。
f:id:akmuzifal6489:20191108170315j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず毛糸の色調は、ODです。

でもドイツ軍ほどブラウン系ではなく、イギリス軍ほどグリーン系ではない、いい感じの中間色ですね。

各国とも、概ね毛糸とパッチの色調を合わせている場合が多いのですが、イタリアは敢えて替えていますよ。

パッチの形も角が取れて、いかにもイタリアらしいファショナブルな感じです。

珍しいところでは、左袖に専用のペンポケットが設けられていて、中には金属製のペンカバーがあります。

(昔のアメリカ軍フライトジャケットみたいですね!)

また、ネームタグ用のマジックテープ(ブラウン)も予め縫い付けられています。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1989年

 ・製造場所                   イタリア

 ・契約会社                   イタリア

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          ウール

                                      コットン

 ・表記サイズ                Ⅲ

                            (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約71センチ

                                    肩幅  約47センチ

                                    身幅  約57センチ

                                    袖丈  約66センチ                                          

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

このブログで、各国の軍装品を分析している過程で、思いついたことがあります。

第二次大戦後、主にイギリス系の軍装品を採用した国(オランダ、ベルギーなど)とアメリカは、イギリス軍と寸分変わらないデザインのセーターを採用しています。

でも、断固としてイギリス系を採用しなかったドイツ、フランス、イタリアは、イギリス系をベースとしながらも、独自のデザインを追求していますね。

国としての建前はともかく、こんな所でもその国の方針や、仲の良し悪しみたいな物を垣間見られるのは、興味深くて面白いですね。

さて、このセーターですが色調が落ち着いていて、ボトムを合わせ易いです。

これからの季節に活躍してくれそうです。

このセーターを試着した時、奥()様から

「あら、そのセーターもカッコ良いわね。でもあなたが着るとダサく見えるのは何故?」

とミリタリーマニアの神経を逆撫でする評価をいただきました!

(どうやらサイズが大きかったため、胴長短足が強調されたようです…。)

でもセーターに罪はありません。

皆さんは自分に合ったサイズのセーターを着用しましょう!

きっと似合いますよ!

嬉しいことに、このセーターは現在でもデッドストックが入手可能です。

値段もブランド系セーターの半値以下で購入できる場合が多いですね。

コストパフォーマンスの良いセーターと言えます。

 

今回は、ファッショナブルなイタリア軍のセーターを分析しました。

次回は、フランスのあるスーツを分析します。

お楽しみに!

参考:各国のセーターに関する記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎              ✳︎

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

時には昔の話を

時には昔の話を

  • 加藤 登紀子
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes