いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

イタリアの軍服 空軍フィールドジャケットとは?  0227 🇮🇹 ミリタリー

こんにちは!

今回は、イタリア空軍のフィールドジャケットを分析します。

「陸軍のフィールドジャケットと色が違うだけ?」

…などという、鋭いご質問は「なし」でお願いします…ね♡

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  イタリアの軍服 空軍フィールドジャケットとは?

あまり知られていませんが、第一次大戦後いち早く航空機の有用性を認め、制空権確保や航空攻撃の重要性を説いたのは、イタリア空軍のドゥーエ将軍でした。

当時はとても先進的な考えを持っていた空軍だったのですね。

でも思想と、実際の装備は別物でした。

イタリア空軍は第二次大戦において、なんと複葉機を主力として臨みました。

時代錯誤も甚だしいですね。

(因みに後にドイツから高出力エンジンの供給を受けて、高性能航空機の開発に成功してましたよ。素地はできていたのですね。)

そんなイタリア空軍ですが、戦後はさらに航空産業に力を入れて、世界でも有数の空軍になっています。

ところで、ヨーロッパの軍隊は空軍のシンボルカラーをグレイにしている国が多いですね。

イギリス、ドイツ、イタリアとも、第一次大戦から空軍が独立していたので、我々にはわからない「共通認識」があるのかもしれません。

さて今回のモデルは、そんなイタリア空軍のフィールドジャケットです。

何処かで見たジャケットですが、早速確認していきましょう! 

2  フールドジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20191116121241j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191116121301j:image

 

前面裏側

(ライナー付き)
f:id:akmuzifal6489:20191116121237j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191116121157j:image

 

前合わせはジッパーと一番下にダットファスナー1個です。
f:id:akmuzifal6489:20191116121200j:image

 

襟は通常タイプ
f:id:akmuzifal6489:20191116121212j:image

 

胸ポケットは角度が付いていてジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191116121304j:image

 

腰ポケットも同様です。
f:id:akmuzifal6489:20191116121230j:image

 

袖はマジックテープで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20191116121246j:image

 

ジッパー差込口金具の刻印
f:id:akmuzifal6489:20191116121220j:image

 

脇の通気孔
f:id:akmuzifal6489:20191116121256j:image

 

ウエストにはゴムが内蔵されています。
f:id:akmuzifal6489:20191116121209j:image

 

前見頃一番下のダットファスナー
f:id:akmuzifal6489:20191116121217j:imagef:id:akmuzifal6489:20191116121206j:image

 

前面裏側

(ライナーなし。)

f:id:akmuzifal6489:20191116121249j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191116121234j:image

 

背中のライニングは、下部が縫い付けられていません。

f:id:akmuzifal6489:20191116121223j:image

 

タグは残念ながら払い下げ時に切り取られていました。

イタリアにしては厳格?
f:id:akmuzifal6489:20191116121227j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルのカラーは、やや青みがかったグレイです。

生地は一般的なコットンツイルで、陸軍のフィールドジャケットと変わりません。

デザインも陸軍モデルと同様ですね。

専用のライナーも共通しているようです。

(おそらく、タグは替えていると思いますが。)

今回のモデルには破損がなかったですが、ライナーも含めてタグが全部外されていました。

イタリアにしては、珍しい処置ですね。 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1980年代

 ・製造場所                   イタリア

 ・契約会社                   イタリア

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                不明

                                (日本人のM〜L)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約72センチ

                                    肩幅  約47センチ

                                    身幅  約56センチ

                                    袖丈  約63センチ                                          

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ 

やはりイタリア軍の被服には、デザインに「カッコよさ」が取り入れられているように思います。

だからでしょうか?

陸軍のフィールドジャケット同様、このジャケットも素敵ですね。

シェルがグレイなのは、好みの分かれるところです。

でもボトムを合わせて、上手くアレンジすると、個性的な着こなしができそうです。

陸軍モデルに比べ、圧倒的に数の少ない空軍モデル。

稀少品ですが、これからの寒くなる季節にいかがですか?

(ライナー付きは暖かいですよ!)

 

今回は、珍しいイタリア空軍のフィールドジャケットを分析しました。

次回は、フランス軍の新しい迷彩服を分析します。

お楽しみに!

参考:他のイタリア軍装備品の記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com   ✳︎               ✳︎              ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

piece of youth

piece of youth

  • ChouCho
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes