いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

【韓国の軍服】陸軍フライトジャケットとは? 0306 🇰🇷 ミリタリー

韓国で崩壊したデパート

今回は、韓国陸軍のフライトジャケットを分析します。

1990年頃は、空軍用として出回っていましたが、後に陸軍用という説も出てきました。

近くて遠い国なので、不明な点が多いですね。

中古品ですが、使用感のない極上品ですよ!

今回のテーマは、「敵を知り、己を知らば、百戦危うからず」です。

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  韓国陸軍フライトジャケットとは?

韓国軍はとても優秀な軍隊です。

 

他国にはない、装備に対する独特の考え方も魅力ですね。

 

有名なところでは、

・戦闘艦に魚群探知機を付けていた。

・戦車を採用する際に、実車性能が採用基準に達していなかったため、基準を下げて採用した。(加えて基準が高すぎるとメーカーが軍にクレームをつけた。)

・自分たちの運用できる能力を超えて、アメリカ製の高級戦闘爆撃機F–15Eストライクイーグルを購入し、多数を事故で損耗させた。

 

いやー我々日本人には、とても真似のできないことですね。

 

この考え方でも敵に余裕で勝てるそうなので、兵士がいかに優秀かということですね。

(フランスの例を出すまでもなく、優秀な兵器を持つことが戦争に勝利する条件ではありませんからね!😎)

 

さて、そんな精強な韓国軍ですが、個人装備は概ねアメリカ軍のデザインを採用していますね。

 

ただ、そっくりそのまま採用するのではなく、こちらも独特のデザインを取り入れたりしていますよ。

 

さてさて、今回の陸軍フライジャケットはどんなデザインなのでしょうか?

 

今回は、韓国軍装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真です!

前面

f:id:akmuzifal6489:20200123114915j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200123114935j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200123114928j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200123115007j:image

 

タグとループ
f:id:akmuzifal6489:20200123115019j:image

 

ジッパースライダーとプルタブ

皮革製のタブ付き

ジッパーの刻印は「ROSE」

(韓国製モデル品迷彩服などによく使用されているメーカーですね。)
f:id:akmuzifal6489:20200123115011j:image

 

ネームタグ用と部隊パッチ(ワッペン)用マジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20200123114940j:image

 

腰ポケット

一見アメリカ軍のCWU–45P、–36Pに似ていますが、パッチポケットではなくてスラッシュポケットです。

マジックテープで開閉

容量は小さいですよ。
f:id:akmuzifal6489:20200123114958j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123114924j:image

 

所属パッチ
f:id:akmuzifal6489:20200123114944j:image

 

左袖のシガレットポケット

表面にペンポケットがあって、丁寧にペンの脱落を防止する蓋が付いています。

これはFOD対策ですね。
f:id:akmuzifal6489:20200123114920j:image
f:id:akmuzifal6489:20200123114931j:image

 

メインジッパーと同じメーカーの刻印
f:id:akmuzifal6489:20200123114950j:image

 

袖はニットです。

おそらく同じ難燃繊維製だと思われますが、質感が少々違いますね。
f:id:akmuzifal6489:20200123114954j:image

 

腰ニット

縫製は丁寧で、レベルは高いですね。
f:id:akmuzifal6489:20200123115003j:image

 

背中には、アクションプリーツがあります。
f:id:akmuzifal6489:20200123115015j:image

 

左胸には内ポケットがあります。

パイロットスーツをではなく普段着の上に着用する場合は便利ですね。

f:id:akmuzifal6489:20200123115024j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地はグリーングレイ又はセージグリーンの艶消し難燃ナイロンで、落ち着いた雰囲気です。

 

ノーメックス系だと思われますが、生地の感じはアメリカ軍のCVC装備やヘリクルージャケットに似ていますね。

(カラーは大きく違いますが。)

 

デザインは、左右の腰ポケット、袖ポケットそれに内ポケットでとてもシンプルです。

 

しかし、背中にはアクションプリーツがあって腕の動きを良くしていますよ。

 

襟は通常タイプですが、先端はやや丸く縫製されていますね。

(そもそも、何故アメリカ軍のフライトジャケットの多くが丸い襟なのかご存知なのでしょうか?)

 

ライニング(内張)はありますが、インナーライニング(中綿)は入っていないようです。

 

アメリカのランクでは、ライトゾーン(10℃〜30℃)クラスの衣料でしょうか?

 

袖と腰にはニットがあって冷気を遮断しています。

 

やはり、全体的なデザインはアメリカ軍のフライトジャケットを参考にしているようです。

 

全体的な縫製は、正確かつ丁寧で好感の持てる仕立てです。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 2000年

・製造場所     韓国

・契約会社     韓国

・製造会社      〃

・材  質     難燃ナイロン                                   

・表記サイズ    判読不明

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約66センチ

          肩幅 約47センチ

          身幅 約58センチ

          袖丈 約63センチ

・状  態     デッドストック

・官民区分     官給品

・入手場所     神奈川県のイベント

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

なかなかまとまっているジャケットで、不覚にも「カッコいい!」と思ってしまいました。

 

いかにも表面的なカッコ良さを追求する韓国らしいですね。

 

カラーもシックで、普段着に十分使用できそうですよ。

 

今回のモデルではありませんが、もう少し使用感のあるモデルを実際に着用したことがあります。

 

防風性能もあって中にセーターなどを着込むと、初冬までくらいなら街乗り(バイク)で使えそうでしたよ。

 

実用十分ですね。

 

惜しいことに、市場には殆ど出回っていません。

 

対カリアゲ君対策で、まだ禁輸処置が続いているのでしょうか?

(でも、陸軍や海兵隊の一般装備は、多数出回っていますよね。)

 

もしかしたら、陸軍パイロットの絶対数が少ないのでしょうか?

(そもそも今回のモデルはどうやって流れてきたのでしょうか?)

 

やはり謎の多い国です。

6  韓国軍に対する懸念事項

韓国軍に関して、とても心配している所があります。

 

それは列強に追いつき追い越せと、かなり無理をしているようなところが見られるからです。

 

例えば、各種兵器。

 

通常兵器は、長い研究の積み重ねの上に完成するものです。

 

ただ輸入した兵器を調べて同じものを作っても、物にならない場合が多いですね。

 

拳銃や小銃はともかく、大きな兵器にはそれが顕著に現れます。

 

特に航空機のジェットエンジンとか戦車のパワーパック(エンジンや変速機が一体になった装置)は、長い研究が必要なのです。

 

それは、あたかもレンガ製の建物を一から作っていく事に似ています。

 

一段一段地道に積んでいくような研究や作業が必要なんですね。

(二十階分のレンガを、一気に持ってきてくれる人は、どこにもいないのです。)

 

地道な研究や作業を完成させるためには、あらゆる面で現在の状況を素直に認識し、今後進むべき方向を見つける必要があります。

 

それは、場合によってはそれまでの常識と180度違うもので、苦痛を伴うものかもしれません。

 

でも、それを認識することこそが第一歩なんですね。

 

韓国は、太古から我が国の安全保障上、重要な位置にあります。

 

是非、確かな技術を今からでも身につけて、独立を維持して欲しい物です。

(それに過去赤化統一した国に悲劇が待っているのは歴史が証明していますよね。)

 

今回は、近くて遠い国である韓国軍のフライトジャケットを分析しました。

 

いやー軍装品って、本当に素晴らしいですね。

 

それでは、また次回をお楽しみに!

(20211122更新)

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他の韓国軍アイテムはこちらです。⬇︎

🇰🇷韓国(South Korea) カテゴリーの記事一覧 - いつだってミリタリアン!

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Scarborough Fair / Canticle

Scarborough Fair / Canticle

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
The Sound of Silence

The Sound of Silence

  • サイモン&ガーファンクル
  • ポップ
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes
The Boxer

The Boxer

  • サイモン&ガーファンクル
  • フォーク
  • ¥204
  • provided courtesy of iTunes