いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

某国のコピーにあらず!【韓国の軍服】空軍フライトジャケット(難燃タイプ・ライナー付) とは?0843 🇰🇷 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210818235850p:plain

今回は、2000年代の韓国空軍フライトジャケットを分析します。

アメリカ軍の難燃フライトジャケットに似ていますね。

カッコイイデザインです。

残念ポイントもありますが、全く着用感のない極上品ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  韓国空軍フライトジャケット(難燃タイプ・ライナー付)とは?

f:id:akmuzifal6489:20210818235427p:plain

国の行く末が、我が国にも大きな影響を与える韓国。

 

強力な空軍を有することでも有名ですね。


特にF–15Kスラムイーグルは、機数こそ60機に届いていませんが全ての面で日本のF–15を凌駕する戦闘攻撃機であり、一大脅威となっています。


反日を国是とし、仮想敵国が日本の韓国は、とても恐ろしい存在ですね。

 

そんな韓国空軍は、日本と同様にアメリカ軍指導の下、空軍戦力を整えてきました。

 

そのためパイロット装備も、アメリカ軍の影響を強く受けていますよ。

 

今回のモデルは、そんな韓国空軍が採用したフライトジャケットで、アメリカ軍のフライトジャケットによく似たデザインとなっています。

 

でも独特の工夫がありましたよ。

 

さてさて、それはどんなフライトジャケットなのでしょうか?

 

今回は、世界のフライトジャケットをコレクションしているあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  フライトジャケットの全体及び細部写真

前面

シェルはセージグリーンのおそらくアラミド系生地ですね。

f:id:akmuzifal6489:20210818202354j:image

 

背面

背中で生地を縫い合わせてあるのが特徴です。
f:id:akmuzifal6489:20210818202502j:image

 

前面裏側

ライニングはやや濃いセージグリーン。

前身頃のジッパーは、ベストタイプのライナー用。
f:id:akmuzifal6489:20210818202446j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210818202308j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210818202442j:image

 

前合わせはジッパーのみです。
f:id:akmuzifal6489:20210818202419j:image

 

内ポケット

左胸のみです。

ダットファスナーで開閉

f:id:akmuzifal6489:20210818202458j:imagef:id:akmuzifal6489:20210818202339j:image

 

腰ポケット

パッチポケットではありません。

マジックテープで開閉

ポケット口には折り返しが。
f:id:akmuzifal6489:20210818202454j:imagef:id:akmuzifal6489:20210818202326j:image

 

胸のマジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20210818202423j:image

 

左袖ポケット

ジッパーで開閉

ペンを抑える大きいフラップ付き
f:id:akmuzifal6489:20210818202450j:imagef:id:akmuzifal6489:20210818202410j:image

 

袖ポケットのジッパー刻印
f:id:akmuzifal6489:20210818202402j:image

 

テーパーが付いています。
f:id:akmuzifal6489:20210818202510j:imagef:id:akmuzifal6489:20210818202312j:image

 

袖ニット

タイトです。

筒縫いではなくて、長方形のニット生地を筒状に縫い合わせてあります。
f:id:akmuzifal6489:20210818202350j:imagef:id:akmuzifal6489:20210818202434j:image

 

右袖のマジックテープ
f:id:akmuzifal6489:20210818202303j:image

 

腰ニット

こちらもタイトですね。
f:id:akmuzifal6489:20210818202431j:image

 

背面の継ぎ目
f:id:akmuzifal6489:20210818202346j:image

 

前身頃のジッパー

袖ポケットと同じメーカーです。
f:id:akmuzifal6489:20210818202427j:image

 

ジッパーはいずれもプラスティックジッパー。
f:id:akmuzifal6489:20210818202330j:image

 

専用ライナー

ベストタイプです。

ポリエステル製のようで、中綿入りのキルトになっています。
f:id:akmuzifal6489:20210818202334j:image
f:id:akmuzifal6489:20210818202342j:image

 

袖部左右の処理

何故かパーツの長さが足りなかったり、取り付け位置が違っていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210818202415j:imagef:id:akmuzifal6489:20210818202438j:image

 

ジャケットへ取り付けるためのジッパー

無刻印
f:id:akmuzifal6489:20210818202506j:image

 

ライナー本体には文字が。

どうやら静電防止対策が施されているようです。
f:id:akmuzifal6489:20210818202321j:image

 

ジッパーエンド

何故かジッパーの長さがライナーとジャケットで違っていました。

もしかしたら同じサイズのライナーではないかもしれませんね。
f:id:akmuzifal6489:20210818202316j:image

 

ライナー装着時の前面

ジャケットにライナーを取り付けると、ジャケットの型が少々崩れて斜めになりますね。
f:id:akmuzifal6489:20210818202358j:image

 

背面

どうやらライナーが左右で各部の寸法が違っているのが原因のようです。

ジッパーの長さが違っていたのは製造ミスでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20210818202406j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

f:id:akmuzifal6489:20210819000115p:plain

もっとも大きい特徴は、取り外し可能のライナーを装備していて、広い温度帯をこの一着でカバーできるところですね。

 

シェルの生地は、1990年代のアメリカ軍のCWU–45P、–36Pに似た、艶のあるセージグリーンのナイロン製です。

 

おそらく難燃繊維(アラミド系)製だと思われます。

 

一方ライニングは、濃いセージグリーンのコットンとポリエステルの混紡のようです。

 

ライナーはポリエステル製で、同じくポリエステルの中綿内蔵のキルトで、暖かそうですね。

 

でも、今回のライナーはサイズが違っていたのか、ジャケットに装着するとジャケットが斜めになってしまいます。

 

デザインは、エポレットなし、腰ポケット×2、袖ポケット、内ポケットで、袖ぐちと裾にはニットを配して、冷気の侵入を防いでいます。

 

全体的な縫製は正確ですが、やや強度が足りないところがあるようです。

 

また、今回のモデルはタグやスタンプがいっさいありませんでした。

 

それどころが、タグが縫い付けられていた痕跡もありません。

 

いったいどういった経緯で日本に流れてきたのでしょうか?

4  製造とサイズのデータ

f:id:akmuzifal6489:20210819000611p:plain

・製造又は契約年度 2000年代

・製造場所     韓国

・契約会社     韓国

・製造会社      〃

・材  質     難燃ナイロン

・表記サイズ    不明

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約61センチ

          肩幅 約49センチ

          身幅 約60センチ

          袖丈 約60センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品?

・入手場所     東京のイベント

・入手難易度    3(困難)   

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

f:id:akmuzifal6489:20210819001244p:plain 

生地こそアメリカ軍のフライトジャケットに似ていますが、その開発コンセプトは大きく違っているジャケットですね。

 

使用する温度帯としては、アメリカ軍のCWU–36P(ライトゾーン)とCWU–45P(インタオミディエイトゾーン)の中間くらいでしょうか?

より汎用性に富んでいる運用が可能です。

 

デザインも秀逸で、とてもファッショナブルなフライトジャケットといえます。

 

でもタグが無かったり、疑問のあるライナーの仕立てから、今回のモデルは検査落ちの製品なのかもしれません。

(もっとサンプルが欲しいところです。)

 

そしてアライド系の難燃繊維を使用しているなら、やはり気になるのは紫外線による褪色ですね。

 

他のサンプルが入手できるまで、しばらく日光や蛍光灯に当たらないように保管しようと思います。

 

今回のモデルは、私もたまたま見つけたもので、入手して以降、目にすることはありませんでした。

 (韓国軍のパイロット装備は、とても入手が困難ですね。)

 

それでも数年に一回くらいの割合で、国内のオークションに出品されていますよ。

 

探しているあなたは、諦めず待ってみましょう!

 

私は、同じジャケットのタグ付きを探してみたいと思います。

 

今回は、珍しい韓国空軍のフライトジャケットを分析しました。

次回は、フランス軍の特殊な衣類を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他の韓国軍パイロット装備関連記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

その他の韓国軍装備関連記事はこちらです。⬇︎ 

🇰🇷韓国(South Korea) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


Hobby Master 1/72 完成品 韓国 Air Power Series F-15K Slam Eagle"Kill Chain Operator" 08-056, 11th Fighter Air Wing, ROKAF, Nov 2014 ダイキャスト モデル 戦闘機

アカデミー 1/72 韓国空軍 F-15K スラムイーグル プラモデル 12554

Academy F-15K Slam Eagle"R.O.K. Air Force" [並行輸入品]


【送料無料】 韓国 軍隊 サングラス ソンジュンギ ソン・ジュンギ 太陽の末裔 韓流 グッズ ld001-2

スポンサーリンク

釜山港へ帰れ

釜山港へ帰れ

  • ジェロ
  • 歌謡曲
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes