いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【韓国の軍服】陸軍迷彩ジャケット(ベトナム戦争期間モデル)とは? 0444 🇰🇷 ミリタリー

こんにちは!

今回は、韓国軍の古い迷彩服を分析します。

ベトナム戦争で使用されました。

ある意味、歴史の真実を記憶した迷彩服なのかしれませんね。

今回の程度は極上品です。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  韓国陸軍迷彩ジャケット(ベトナム戦争期間モデル)とは?

民族の特性というのは、何千年経っても大きく変わらないのですね。

 

古くは、第一回目の元寇(文永の役1274年)時。

当時の「元」の手下であった漢人(中国人)と高麗人(韓国人)は、先兵として対馬、壱岐へ侵攻しました。

後の記録(元が編纂)によると、漢人と高麗人はその対馬と壱岐の島民に対してとても残虐非道な行為をしたというのが残っていますね。

 

つまり、大きな後ろ盾(この時は「元」)があったり、相手が絶対的な弱者(一般的な島民)であった場合、想像を絶する残虐な行為を平気で行うのが中国人と韓国人の特性なんですね。

 

後の戦争でもそうでした。

 

例えば韓国が熱望して参戦したベトナム戦争。

 

ここでも、日本人には考えられないほどの残虐非道を繰り返し、現代でも大きな問題(ダイライハンなど)を残していますね。

アメリカを後ろ盾にし、考え得る限りの暴虐を繰り返していたようです。

(それにはさすがのアメリカ海兵隊員ですら嫌悪感を感じたとか。)

 

現在の彼らもそうですね。

(本質は何も変わっていないということを、そろそろ我々も自覚しなければいけません。)

 

今回のモデルは、そんなベトナム戦争当時に韓国軍が参加した兵士に支給していた迷彩服です。

実際に、この迷彩服を着て、現地のベトナム人に嫌がらせをしている韓国兵士の画像が残っていますね。

 

当時の南ベトナム軍もよく似た迷彩服を使用していましたが、やはりどこか違っているような気がします。

 

さて、それはどんな迷彩服なのでしょうか?

ベトナム戦争マニアのみならず、歴史を勉強しているあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  韓国陸軍迷彩ジャケット(ベトナム戦争期間モデル)の全体及び細部写真

前面

迷彩は、アメリカ軍が第二次大戦〜ベトナム戦争で使用したダックハンター迷彩に似ていますね。

f:id:akmuzifal6489:20200318194708j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200318194849j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200318194748j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200318194806j:image

 

エポレット

僅かなテーパー付きのクサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20200318194859j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200318194758j:image
f:id:akmuzifal6489:20200318194818j:image

 

腰ポケット

2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200318194739j:image
f:id:akmuzifal6489:20200318194838j:image

 

シンプルな筒です。
f:id:akmuzifal6489:20200318194718j:image
f:id:akmuzifal6489:20200318194828j:image

 

データスタンプ

f:id:akmuzifal6489:20200318194727j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  韓国陸軍迷彩ジャケット(ベトナム戦争期間モデル)の特徴とは?

迷彩は、ライトカーキの生地に、濃淡2色のグリーン、ライトブラウン、ブラックに近いブラウンで斑点や葉を描いています

やはりこの迷彩も、第二次大戦中にアメリカ軍の一部で使用された、通称「ダックハンター」迷彩が原型のようです。

 

生地は、コットンのヘリンボーンツイルで、軽量ですが丈夫そうですよ。

ただ、少し肌触りが悪いですね。

今回のモデルは、背面胴体の生地が、他の生地とやや色調が違っていました。

(軍装品あるあるですね。)

 

デザインは、当時としては進歩的なエポレット付き、胸ポケット×2、腰ポケット×2のコートタイプで、後のアメリカ軍BDUを彷彿とさせるものです。

 

全体的な縫製は、普通で特に雑な感じはしません。 

4  韓国陸軍迷彩ジャケット(ベトナム戦争期間モデル)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     1969年

 ・製造場所                   韓国

 ・契約会社                   韓国

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                なし

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約72センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約59センチ

                                    袖丈  約53センチ

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 大阪の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  韓国陸軍迷彩ジャケット(ベトナム戦争期間モデル)まとめ

1着の迷彩服としてみた場合、メリハリの効いた迷彩ですので、停止間(止まっている場合)なら効果的な迷彩かもしれませんね。

東南アジアの多くの国で、よく似た迷彩が使用されていたのもわかるような気がします。

 

用途は、サバイバルゲーム、狩猟、野鳥観測、ベトナム戦争のコスプレなどに使えそうです。

(特に野鳥観測には、専用の迷彩装備も今回のモデルとよく似たものがありますよ。)

 

でも、今回のモデルは実用というより、韓国軍がベトナムで何をしたのか…ということを記憶しておくためのKEYアイテムとして、大切に保管しておいた方が良いかもしれませんね。

 

私は、トラウザースの入手に努めるとともに、さらなる歴史の事実を確認していきたいと思います。

 

今回は、ベトナム戦争時の悪名高い韓国軍が使用した迷彩服を分析しました。

次回は、国籍不明のM65フィールドジャケットを分析します。

お楽しみに!

参考:他の韓国軍装備はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

今回のモデルに使用された迷彩の原型はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回のモデルと似ている旧南ベトナム軍が使用した迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

 韓国といえば、こんなニュースがありました。

check.weblog.to

日本では、話題にも上がりませんね。

何故でしょう?

また、こんなツイートもありました。

 生産国のみならず、原材料にもチェックが必要ですね。

 

読んでいただき、ありがとうございました。😎

スポンサーリンク

スポンサーリンク

釜山港へ帰れ

釜山港へ帰れ

  • ジェロ
  • 歌謡曲
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes