いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【国籍不明】M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターン②)とは? 0445 Unknown ミリタリー

こんにちは!

今回は、国籍不明のM65タイプのフィールドジャケットを分析します。

以前分析したものの続編ともいうべきアイテムです。

以前のモデルの生地はこちらです。⬇︎

【国籍不明】ダックハンター迷彩M65型フィールドジャケットとは? 0166 Unknown ミリタリー - いつだってミリタリアン!

今回のモデルを入手したことで、なんとなく正体が見えてきた気がしますね。

このアイテムもデッドストックですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  国籍不明M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターン②)とは?

アメリカ軍が第二次大戦中に採用した唯一の官給品迷彩である「ダックハンターパターン」。

その迷彩生地は、コットンのヘリンボーンツイル(杉綾織)で、春夏面と秋冬面のリバーシブルでした。

一説には、民間の狩猟などに用いられる迷彩パターンが原型だとか?

ただし、諸般の事情で大々的に増産されることなく、一部の部隊で使用された「限定品」で終始しましたね。

 

 第二次大戦中のアメリカ軍ダックハンター迷彩服はこちらです。⬇︎

海兵隊迷彩カバーオール(ダックハンターパターン)とは? 0025 🇺🇸ミリタリー - いつだってミリタリアン!

 

今回のモデルは、その「ダックハンター」リバーシブル迷彩生地を用いて製造されたジャケットになります。

 

デザイン&生地とも、とてもよくコピーされていますが、アメリカ軍のM65とは少々違ったところもありますよ。

そして胸には、あらぬスタンプが押してありました!

 

さてさて、それはどんなジャケットなのでしょうか?

今回は迷彩服コレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  国籍不明M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターン②)の全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20200703194055j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20200703194435j:image

 

前面裏側

前身頃に付いているボタンは、ライナー用です。
f:id:akmuzifal6489:20200703194922j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20200703194117j:image

 

前合わせはジッパーと  ダットファスナーです。
f:id:akmuzifal6489:20200703195136j:image

 

襟はチンストラップで立てることができます。
f:id:akmuzifal6489:20200703194541j:image

 

エポレットはテーパー付きのラウンドタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20200703194509j:image

 

右胸ポケット

ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200703195216j:imagef:id:akmuzifal6489:20200703194616j:image

 

左胸ポケット

なんとアメリカ軍海兵隊のスタンプが押されていました。

これは…?
f:id:akmuzifal6489:20200703194851j:image

 

腰ポケット

こちらもダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20200703194211j:imagef:id:akmuzifal6489:20200703194959j:image

 

ちゃんと立体裁断で肘の部分が曲がっていますね。
f:id:akmuzifal6489:20200703194356j:imagef:id:akmuzifal6489:20200703194744j:image

 

袖口はマチ付きでマジックテープで開閉

例の三角生地は省略されています。
f:id:akmuzifal6489:20200703194244j:image

 

背中のアクションプリーツも再現

でも少々長さが短い?
f:id:akmuzifal6489:20200703194030j:image

 

裾のドローコード

ちゃんとゴム紐で再現
f:id:akmuzifal6489:20200703194711j:image

 

襟裏のジッパー
f:id:akmuzifal6489:20200703194806j:image

 

メインジッパー

ジッパーは全てアルミの「YKK」です。
f:id:akmuzifal6489:20200703194638j:image

 

襟裏のジッパーを開けると…何もありませんでした。

でも、お姫様の指輪を隠せるかもしれませんね。
f:id:akmuzifal6489:20200703195312j:imagef:id:akmuzifal6489:20200703195244j:image

 

アクションプリーツは、左右をゴムテープで連結されています。
f:id:akmuzifal6489:20200703195105j:image

 

腰ポケット内側生地は、裏側がホワイトです。
f:id:akmuzifal6489:20200703195031j:image

 

ウエストのドローコード
f:id:akmuzifal6489:20200703194316j:image

 

ダットファスナーの刻印

前回分析したモデルと同じですね。
f:id:akmuzifal6489:20200703194135j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  国籍不明M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターン②)の特徴とは?

迷彩は、ライトグリーンをベースに濃淡2色のブラウンとグリーンで、斑点や葉のようなパターンを描いています。

一見、大戦中のダックハンターにそっくりですね。

(旧南ベトナムや韓国軍なども、同じような迷彩を採用していましたね。)

 

生地はコットンのヘリンボーンで、大戦中の生地よりやや薄いタイプです。

柔らかくて肌触りが良いですよ。

 

デザインは、そのままアメリカ軍のM65フィールドジャケットですが、ライニングはなくて、袖口の三角生地が省略されています。

また、襟内のフードも省略されていますね。

印象は、熱帯用のM65…と言った感じです。

(でもライナーは装着できますよ!)

 

製造国は不明ですが、丁寧な縫製で、しっかりとした作りになっています。

4  国籍不明M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターン②)の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     不明

 ・製造場所                   不明

 ・契約会社                   不明

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                なし

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約76センチ

                                    肩幅  約43センチ

                                    身幅  約57センチ

                                    袖丈  約60センチ

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 民生品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  国籍不明M65タイプフィールドジャケット(ダックハンターパターン②)まとめ

以前分析した同じタイプのモデルは、秋冬面を表側にしていました。

今回のモデルは、春夏面を表側にしただけで、全くの同じ製品ですね。

(姉妹品でしょうか?)

そして、今回のモデルには左胸ピケットにアメリカ海兵隊のスタンプが押されていました。

 

勿論、今回のモデルはアメリカ海兵隊官給品ではありません。

 

考えられるのは、

・ベトナム戦争時にローカルメイド(現地生産)で造られたジャケット

・上記ジャケットを再現したモデル品

のいずれかではないでしょうか?

 

それでも、製造に関するタグやスタンプが一切ないのがおかしいですね。

これでは、国籍不明どころか、正体不明なジャケットと言えます。

 

しかし、1着の迷彩服として見るなら、秋冬面より春夏面を表側にした今回のモデルの方が使いやすいですね。

日本のフィールドでも使えそうです。

 

ただし、入手は困難です。

今回、たまたま見つけて運良く入手できましたが、ネットでも実店舗でもまず見かけませんね。

もしかしたら大々的に量産されていないのかもしれません。

 

初心者のあなたは、まず手を出さない方が無難ですね。

(もう少し調査してみますので、その結果待ちでいかがでしょうか?)

 

ただ、ずっと探していたり、どうしても欲しい方は、しばらくお待ちください。

今回のモデルも、後日オークションに出品予定です。

 

今回は、国籍不明どころか正体不明のM65タイプ迷彩服を分析しました。

次回は、ウクライナの特殊な衣類を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:今回のモデルとの姉妹品と思われるモデルはこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

他のダックハンター系迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

九州熊本南部の球磨川が氾濫して多くの家屋が浸水したり、一部で土砂災害が発生しているようです。

心配ですね。

(和歌山も心配です。)

何か自分にできることはないかを考えたいです。

 

また梅雨はしばらく続くので、また同じような災害が発生するかもしれません。

今一度、あなたの自治体が発行しているハザードマップ、避難場所、避難手順、非常持ち出し物品リストと物品の確認をしておきましょう。

 

雨雲の直接的な動きは、以下で確認できます。

気象庁 | レーダー・ナウキャスト(降水・雷・竜巻)

 (地方で拡大できたり、動画で動きを見ることもできますよ。)

 

災害に対しては、まずは自分で自分の身を守り(自助)、天候が回復したら近所同士で助け合い(共助)、自治体や自衛隊の応援(公助)を待ちましょう!

日本なら3日頑張れば、なんとかなります!

 

読んでいただき、ありがとうございました。😃

スポンサーリンク

スポンサーリンク

空色の帽子

空色の帽子

  • 遊佐 未森
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes