いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

多くのバリエーションあり?【アメリカの軍服】トロピカルコンバットジャケット(ジャングルファーティーグ・ノンリップ・3rd)とは? 0757 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210518075007p:plain

今回は、1960年代のアメリカ軍トロピカルコンバットジャケット(熱帯用戦闘服)を分析します。

マニアのあなたには、ジャングルファーティーグといった方がピン!とくるかも。

今回は、その中でも珍しい3番目のモデルですよ。

残念ポイントもありますが、程度は良い方です!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍トロピカルコンバットジャケット(ジャングルファーティーグ・ノンリップ・3rd)とは?

ベトナム戦争中に開発され、その後のアメリカ軍のみならず、世界の軍隊の戦闘服の基本デザインとなったトロピカルコンバットユニフォーム。

 

そのジャケットには、以下の大きく4つの型に分かれていました。

 

・1st:エポレット付きで各ポケットのボタンが表出し。ウエストにサイズ調整タブ、前見頃にガスフラップ装備。

・2nd:1stにあったポケットのボタンを、全て隠ボタンにした。

・3rd:1st、2ndのエポレット、ウエストのサイズ調整タブを廃止。

・4th:それまでのガスフラップを廃止し、生地をリップストップに変更した。

 

今回のモデルは、その中でも3rdモデルと呼ばれているタイプで、1st、2ndモデル同様、数が少ないとされていますね。

 

ただし研究者によっては、3rdは2ndから4thに移行する過程で発生したバリエーション(製造時の混乱、製造誤差などによる)の一種で、正式な型式ではないという説を唱えている場合もありますね。

 

さてさて、それはどんなトロピカルコンバットジャケットなのでしょうか?

 

今回は、ベトナム戦争マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2 アメリカ軍トロピカルコンバットジャケット(ジャングルファーティーグ・ノンリップ・3rd)の全体及び細部写真

前面

一見4thとの違いが判りませんね。

f:id:akmuzifal6489:20210517122923j:image

 

背面

よく見ると背面は、1stから続く一枚生地でね。
f:id:akmuzifal6489:20210517122849j:image

 

参考:過去に分析した4th。

背面は2枚の生地で縫製されています。

に注意!)

f:id:akmuzifal6489:20210518065217j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210517122910j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20210517122936j:image

 

襟周りレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20210517122858j:image

 

前合わせはボタンのみですが、ガスフラップが付いていますよ。
f:id:akmuzifal6489:20210517122853j:image

 

タグ①

f:id:akmuzifal6489:20210517122919j:image

 

タグ②

契約年度が記載されていませんが、1960年代初めの製品ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210517122949j:image

 

ガスフラップの状況
f:id:akmuzifal6489:20210517122915j:imagef:id:akmuzifal6489:20210517122846j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉

ポケットフラップ上部のスリットのに注意

(左右の胸ポケットにあります。)
f:id:akmuzifal6489:20210517122957j:imagef:id:akmuzifal6489:20210517122928j:image

 

中にはペンポケットが。
f:id:akmuzifal6489:20210517122932j:image

 

腰ポケット

よく見るとポケットフラップの内側は違う生地製ですね。

(胸ポケットもそうでした。)
f:id:akmuzifal6489:20210517122902j:imagef:id:akmuzifal6489:20210517123004j:image

 

立体裁断ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210517122906j:imagef:id:akmuzifal6489:20210517122953j:image

 

袖口はボタンで開閉・調整

マチは別生地
f:id:akmuzifal6489:20210517123000j:image

 

前身頃の下部裾には穴が!😓

生地がリップストップではないので、今後拡がっていきそう!
f:id:akmuzifal6489:20210517122940j:image

 

ボタンは、後のBDUにも通じる肉厚のプラスティック製。

でも、色調が茶色味の強い初期のタイプです。

生地は通常のポプリンなので、リップストップのように格子状の模様がありません。
f:id:akmuzifal6489:20210517122944j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3 アメリカ軍トロピカルコンバットジャケット(ジャングルファーティーグ・ノンリップ・3rd)の特徴とは?

生地はOG(オリーブグリーン)のコットンポプリンで、この型まではリップストップではありませんでした。

 

 

そのため、洗濯のたびに開いた穴が拡がっていくのが特徴です。

(4thでリップストップが導入されたのも理解できますね!)

 

色調は、やはり規定のOG–107なのですが、今回のモデルはグリーンが強いですね。

(個人的には、この色調が最も気に入っています。)

 

デザインは、4thにほとんど同じです。

 

構成は、エポレットなし、胸ポケット×2、腰ポケット×2なのですが、前身頃のガスフラップ(毒ガスの侵入を阻む四角い生地)が残っていました。

 

これは、1stから続く装備ですね。

(でも、3rdでも省略されたモデルもあるという情報もあります。)

 

細かいところでは、背面は1stから続く1枚生地で、スッキリしていますね。

 

やはり今回のモデルも、ポケットフラップの裏側とか袖のマチには別の生地が使用されていました。

 

全体的な縫製は、4thなどに比べてやや丁寧な印象がありますが、誤差かもしれません。

(勿論、強度は十分ですよ!) 

4 アメリカ軍トロピカルコンバットジャケット(ジャングルファーティーグ・ノンリップ・3rd)の製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1960年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    S–R

         (日本人のL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約75センチ

          肩幅 約43センチ

          身幅 約56センチ

          袖丈 約58センチ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     愛知の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5 アメリカ軍トロピカルコンバットジャケット(ジャングルファーティーグ・ノンリップ・3rd)まとめ

気のせいかもしれませんが、3rdは4thに比べて、生地の肌触りが良いですね。

 

リップストップとの違いでしょうか?

(4thより軽い気もします。→使用されている生地には僅かに重さの違うものもありましたが…。)

 

コットンなので吸湿性に優れているとこから、着ていて快適です。

(ただし、雨などで濡れると化繊混紡に比べて乾燥が遅いようですよ。)

 

 

また、コートタイプでポケットが多いのも、野外での活動に向いていますね。

 

昨今では迷彩の戦闘服が主流ですが、逆にOG単色は新鮮に思えます。

 

これなら迷彩に違和感を感じる人でも普通に着用できそうですね。

 

ただし、ベトナム戦争当時の古い官給品は、数が減るのに比例して、次第に高額になりつつあります。

 

実用はモデル品に任せることにして、マニアのあなたは資金を投入し程度の良い官給品購入に努めてみてはいかがでしょうか?

(きっと将来あなたを助けてくれますよ!)

 

私は各型のデッドストックを探してみたいと思います。

 

今回は、3番目の型とされるトロピカルコンバットジャケット分析しました。

次回は、ロシア軍の地域限定(?)迷彩服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のトロピカルコンバットジャケット(モデル品も含む)はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

    ✳︎     ✳︎     ✳︎

Twitterで見つけました。

恐ろしいですね。😱

 

近くに中共製EV車があったら要注意です! 

 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


アメリカ軍 米軍 ベトナム戦争 TCU コート ジャケット空挺服 (L)

ROTHCO ロスコ ジャングル ファティーグ ジャケット(XL 4687 OLIVE DRAB)

スポンサーリンク 

楓

  • Uru
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
糸

  • Uru
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes