いつだってミリタリアン!

謎の多い軍装品に関して細部を知りたくないですか?このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。上級コレクターのみならず、これからコレクションを始める初心者の方も必見です。

アメリカの軍服 ジャングルファーティーグとは? 0090 USA

こんにちは!

今回は、映画「プラトーン」以降のベトナム戦争映画で有名になった、ジャングルファーティーグことトロピカルコンバットコートです。

夏のジャケットは、これに限りますね。

   目次

1  アメリカの軍服  ジャングルファーティーグとは?

1960年代から、ベトナムに介入していたアメリカ軍ですが、当初は専用の熱帯装備を持っていませんでした。

しかし、すぐに現行の装備の欠点を補うべく、新たな装備が開発されました。

それが今回のモデルを含む一連のトロピカル装備です。

薄い生地や、ナイロン等を多用し、その後のアメリカ軍のみならず、世界中の装備の原型になりました。

今回のジャケットは、熱帯装備の戦闘服としては、最もオーソドックスなものです。

早速、確認していきましょう!

2  全体及び細部写真

前面  

生地が薄いので、洗濯を繰り返すと、クタっとしてくるのが魅力ですね。

ボタンが全部隠しボタンなのも素敵です。

原型は、第二次大戦中に採用された、パラトルーパー(空挺)ジャケットです。

f:id:akmuzifal6489:20190629132157j:image

 

背面  ジャケットタイプなので、着丈が長いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190629132148j:image

 

前面裏側  内ポケットなどは一切なくて、とてもシンプルです。
f:id:akmuzifal6489:20190629132224j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190629132143j:image

 

前合わせはボタンのみ。
f:id:akmuzifal6489:20190629132154j:image

 

サイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20190629132137j:image

 

データタグ 1969年契約品
f:id:akmuzifal6489:20190629132215j:image

 

胸ポケット  ボタン2個で開閉
f:id:akmuzifal6489:20190629132204j:imagef:id:akmuzifal6489:20190629132139j:image

 

腰ポケット  こちらも同様です。
f:id:akmuzifal6489:20190629132201j:imagef:id:akmuzifal6489:20190629132206j:image

 

袖口  ボタンで開閉、調整
f:id:akmuzifal6489:20190629132221j:imagef:id:akmuzifal6489:20190629132209j:image

 

各ポケットのマチの部分は、違う色の生地でできていました。 軍衣料品にはよくある処置ですね。

基本緑の強い生地なのですが、メーカーや時期によって、ODに近かったり、洗濯を重ねるとグレイになったりする生地がありますよ。
f:id:akmuzifal6489:20190629132151j:imagef:id:akmuzifal6489:20190629132218j:image

 

官給品のボタン   初期型はツヤツヤでしたが、後期型は艶消しですね。
f:id:akmuzifal6489:20190629132211j:image
 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴は?

薄いリップストップのコットンポプリン製で、戦闘服としてはとてもシンプルです。

必要最小限といった感じです。

生地は、そのカラーに大きく三種類あって、OD色の強い(茶色く見える)タイプ、今回のグリーンタイプ、そして同じグリーン系ながら、洗濯による退色でグレイに近くなるタイプです。

今回のモデルは、ポケットのマチ部分にそのODタイプとグレイタイプの生地が使用されています。

無駄を残さない製造方法ですね。軍衣料品には多い処理です。

各ポケットにはプリーツがあり、ポケットの下縁がラウンドですが、ベトナム戦後シンプルなスクエアタイプに変更され、ウッドランド迷彩へと続くBDUの原型になりましたね。

(その前に、グリーンとブラウンのリーフパターン迷彩がありました。)

4  製造、サイズのデータ
 

 ・製造年又は契約年度     1969年

 ・製造場所                       アメリカ

 ・契約会社                       アメリカ

 ・製造会社                            〃

 ・材質                              コットン

 ・表記サイズ                   S–R

 ・各部のサイズ(平置) 

                                     着丈  約77センチ

                                     肩幅  約42センチ

                                     身幅  約54センチ

                                     袖丈  約58センチ                             

 ・状態                         中古良品

 ・官民区分                  官給品

 ・入手場所                  愛知県の専門店

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

先の映画「プラトーン」「ハンバーガーヒル」「フルメタルジャケット」のベトナム三部作では、官給品のジャングルファーティーグが使用されていましたが、後の「フォレスト・ガンプ」では、衣装(今日の市販品?)が使用されていてガッカリした覚えがあります。

一昔前までは、まだデッドストックがゴロゴロ残っていたのですが、最近は少なくなって、さらに高価になりました。

時代ですね。

(何処からか大量にデッドストックが出ないものでしょうか?)

コットンポプリンは薄くて肌触りもよく、お気に入りなのですが、100パーセントコットンなので、場合によってはビニロンと混紡の自衛隊作業服より乾燥が遅かったりしますよ。

また体型的な問題でしょうか?日本人が適正サイズを着用すると、襟が変に折れたりします。

OG単色は、サバゲーやバードウオッチングには向かないかもしれませんが、普段着の、それもこれからの季節にぴったりです。

この梅雨は、ジャングルファーティーグにクレイモアバッグを持って出かけてみませんか?

(勿論、ブーニーハットで!)

 

今回は、アメリカ軍の熱帯用ジャケットを分析しました。

次回は、フランス軍の迷彩ジャケットを分析します。空挺スモックではありませんよ。

お楽しみに!

 

読んでいただき、ありがとうございました。