いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、オークション、ファッションの参考になります。

陸上自衛隊装備品 迷彩服2型(2ndタイプその2 )とは? 0004 🇯🇵

こんにちは!

今回は、またまた陸上自衛隊の迷彩服を紹介します。

目次

1  陸上自衛隊装備品 迷彩服2型(2ndタイプその2)とは?

上衣と一緒に紹介してよ!…お怒りはごもっともです。

申し訳ありません。行方不明でした!   どうやら特外だったたようです。

この下衣は、一番最初に紹介(0001)した陸上自衛隊の迷彩服上衣とセットで入手したものです。

戦闘服上下衣の記事はこちらです。

www.military-spec-an.com退色の度合いが上衣と同じような感じですが、やはり座ったり膝をついたりする部分は退色が進んでいます。でも見苦しいほどではありません。

一つ前のモデルからは、お尻右側のボタンで開閉するパッチポケットが省略され、代わりに左右のふくらはぎ横に小さなポケットが追加されました。

そのためポケットの数は増えています。(これも空挺服と同じデザインでしょうか?)

考えてみれば、お尻のポケットに物を入れて座ったりすると、お尻に違和感があったり、ポケット内の物(スマホとか)が破損したりしますもんね。

カチッとした作りはさすが日本の製品って感じがします。

同サイズの空自迷彩服より股下が短いと感じましたが、半長靴を使用する陸自はこのサイズがベストなのかもしれません。(スニーカー使用とかならこのサイズがベストかも。) 

2  下衣の全体及び細部写真

前面   やはり迷彩の影響でポケットが判別しにくいです。

f:id:akmuzifal6489:20190402123143j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190402123147j:image

 

前面裏側   タグはスラッシュポケットの袋についています。
f:id:akmuzifal6489:20190402123139j:image

 

後面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190402123135j:image

 

右側面  膝の補強布に注意

f:id:akmuzifal6489:20190401201035j:image

 

左側面

f:id:akmuzifal6489:20190401201025j:image

 

左側面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190401201048j:image

 

右側面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190401201058j:image

 

股下
f:id:akmuzifal6489:20190401201052j:image

 

前合わせ  ボタンによる開閉  閉めるときには下から。
f:id:akmuzifal6489:20190401201021j:image

 

タグ   上衣と全く同じものです。

f:id:akmuzifal6489:20190401201411j:image

 

ベルトバックル  硬質プラスティック製
f:id:akmuzifal6489:20190401201013j:image

 

バックル裏側 ベルトと分離可能
f:id:akmuzifal6489:20190401201028j:image

 

ベルトの端末   先端までしっかり縫製されています。

f:id:akmuzifal6489:20190401201103j:image

 

本邦初公開?  ベルト裏側のネームタグ
f:id:akmuzifal6489:20190401201017j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  上衣を思い出しながらの特徴

自衛隊の作業服や戦闘服ズボンは、米軍よりポケットの容量が少ないですね。

米軍のBDUカーゴポケットなんかMREが一袋入るくらいありますが、実際に沢山の物を入れて駆け回ると、邪魔で仕方ないです。自衛隊くらいの方が機能的なのかもしれませんね。

着てみたらわかりますが、丁度良いところにポケットが配置されていて使い勝手が非常に良いです。

素晴らしいですね。ちゃんと隊員の事を考えてデザインされています。

また、ベルトループが太いのも特徴です。

ベルトも戦闘服等の迷彩生地で作られた専用のベルトがセットになっています。

このベルトがまた凝った作りで驚きですよね。さすが日本!

4  製造、サイズのデータです。

   ・製造又は契約年度           2015年

   ・製造場所                          日本

   ・契約会社                          国内会社

   ・製造会社                          国内会社

   ・材質                                 難燃ビニロン

                                                 コットン

                                                 その他

   ・表記サイズ                      4B             

   ・各部のサイズ(平置)   

                                      ウエスト 約46センチ

                                            着丈  約104センチ

                                            股下  約76センチ

                                            股上  約29センチ

                                            裾幅  約22センチ

                                     ベルト

                 長さ(バックル含む) 約107センチ

                                                    幅  約4センチ

                     バックルの大きさ  約5センチ    

   ・状態                                      中古良品

   ・官民区分                               官給品

   ・入手方法                               ヤフオク

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

まさに、日本人による 日本人のための迷彩服と言えます。

上衣と合わせることによって、最高の個人迷彩システムが完成します。

素晴らしいですね。

ファッショナブルですし、機能的でもあります。

シティユースでは下衣だけを用いて、ラフなトップスというのも渋いかもです。

高性能なので災害時にも使えそうです。

上衣もそうですが、生地が化繊との混紡なので、水濡れではコットン100パーセントより早く乾くのも助かります。

唯一の欠点は、迷彩効果が高すぎるという点でしょうか?

野山で使用する場合は、充分注意しましょう。(誤◯されないようにね。)

また、購入及び使用は、良識の範囲内でよろしくお願いします。

 

今回は、陸上自衛隊の迷彩服を紹介しました。

次回は、カレーで有名なあの国の迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

私の住んでる地方は、昨日まで冷たい雨が降っていました。

でも上空の寒気が抜けて大気の状態が安定してきたようです。

天気回復!でも今朝は放射冷却で冷えましたね。

そんな中、会社の近くでは、二羽のセグロセキレイさんが散歩していましたよ。

カップルでしょうか?夫婦でしょうか?   かなり冷えたのにまったく平気のようです。

朝ごはん捜索中だったのかも。セキレイさん可愛いですね。

スズメさんと違って、一歩いっぽ歩くところが素敵です。友達になりたいなあ!

 

読んでいただき、ありがとうございました。