いつだってミリタリアン!

謎の多い軍装品に関して細部を知りたくないですか?このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。上級コレクターのみならず、これからコレクションを始める初心者の方も必見です。

エジプトの軍服 陸軍リバーシブル迷彩戦闘服(上下)その1 0018 Egypt

こんにちは!

今回は、こちらも歴史あるファラオの国エジプトの迷彩服を紹介します。

初めて見たときに、軽い既知感と感動を覚えた不思議な迷彩服ですよ。

   目次

1  エジプト 陸軍 リバーシブル 迷彩服(上下)その1とは?

第二次大戦中のドイツ軍が装備した迷彩服は、その効果的な独特の迷彩パターンから、今日でも世界的に有名で人気があります。

特に武装親衛隊の各種迷彩は、その希少性から実物は価格が高騰、国内外で多種のモデル品も製作されているほどです。(ロシア軍では、迷彩服に殆どそのままの迷彩パターンを採用している例もありますよ!)

その武装親衛隊の迷彩を彷彿させるのが、今回の迷彩服です。

初めて見たのは、ボルサレロ博士の著書で、迷彩服研究のバイブルとも言える「camouflage」でした。(今から見ると、結構間違いの多い本でしたね。)

迷彩生地(森林側)のパターンや色調は、当時のドイツ迷彩に、とても良く似ているように思います。

エジプトとドイツ。大戦後に何か関係があったのでしょうか?

(エジプト軍の武器といえば、旧ソ連製のイメージがありますが…。)

諸説ありますが、1950年代に採用され、1990年代まで使用されていたようです。

2  戦闘服の全体及び細部写真

前面  素晴らしい迷彩ですね。日本でも使えそうです。

f:id:akmuzifal6489:20190412082057j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190412082026j:image

 

前面裏側   昔こんな色合いのお菓子があったような気が…。デザートだけに…。
f:id:akmuzifal6489:20190412082128j:image

 

背面裏側   森林側の迷彩が若干透けて見えます。これも狙った効果でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190412082110j:image

 

うなじのタグ   読めません。 不勉強で申し訳ありません。
f:id:akmuzifal6489:20190412082134j:image

 

デザート側のスラッシュポケット  ジャケットのポケットは、両面左側に一つずつ。シンプル!
f:id:akmuzifal6489:20190412082105j:image

 

前合わせはボタンのみ  リバーシブル側にもボタンあり。完全リバーシブル。
f:id:akmuzifal6489:20190412082029j:image

 

裏地が見えると派手ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190412082033j:image

 

森林パターンのスラッシュポケット
f:id:akmuzifal6489:20190412082119j:image

 

袖口はシンプル。森林迷彩側の布がデザート側に巻き込まれています。

f:id:akmuzifal6489:20190412082041j:image

 

デザート側前身頃のボタンホール
f:id:akmuzifal6489:20190412082045j:image

 

トラウザース  前面
f:id:akmuzifal6489:20190412082101j:image

 

トラウザース背面
f:id:akmuzifal6489:20190412082123j:image

 

デザート側  前面
f:id:akmuzifal6489:20190412082038j:image

 

デザート側  背面
f:id:akmuzifal6489:20190412082050j:image

 

ウエスト部分  結ばれた白い紐が一周まわっています。トレーナーのパンツみたいな感じです
f:id:akmuzifal6489:20190412082054j:image

 

トラウザースのポケットも片面一つずつ。シンプルです。ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190412082114j:image

 

デザート側ポケット ボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20190412082138j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴とは?

何と言ってもこの迷彩が衝撃的です!

森林迷彩側の代赭色、斑点迷彩、おまけに生地の粗末な感じ…まさに武装親衛隊のスモックそのもののイメージです。(この迷彩生地、欲しいです。)

ところがリバーシブルのもう一方は、デザート迷彩になっています。斬新です。

エジプトの気候を考えると、むしろデザート面の方が利用価値があるのでは…と思いましたが、森林側も需要があるのでしょうか?

それとも、何か他の目的があったのでしょうか? 

4  製造とサイズのデータ

   ・製造年又は契約年度       不明

   ・製造場所                         エジプト

   ・契約会社                         エジプト

   ・製造会社                         エジプト

   ・材質                                コットン

   ・表記サイズ                      不明

   ・各部のサイズ(平置)   シャツ 

                                     着丈  約72センチ

                                     肩幅  約45センチ

                                     身幅  約56センチ

                                     袖丈  約55センチ

                                         トラウザース

                               ウエスト約54センチ

                                   股下  約72センチ

                                   股上  約30センチ

                                   着丈  約103センチ

                                   裾幅  約22センチ

   ・状態                                中古極上品

   ・官民区分                         官給品

   ・入手方法                         ヤフオク

5  まとめ

デザインも縫製も、シンプルでラフな感じから、もしかしたらスモック的な使い方をするのかもしれませんね。

防寒の対策はなされていませんが、両面とも季節を選べば日本のフィールドでも使用できそうです。

これはこれで素晴らしい迷彩服ですね。(もっと大きいサイズが欲しいです。)

シティユースは、かなりのアレンジ能力と勇気が必要なので、上級者向けかもしれません。

 

今回は、胸が高鳴るエジプトの迷彩服を紹介しました。

次回は、再度ヨーグルトで有名な国の迷彩服を紹介します。お楽しみに!

                ✳︎                  ✳︎                  ✳︎

ところで、フランスのノートルダム寺院の火災は鎮火したようですね。

なんでも修復作業中に出火だとか。原因は人的ミスでしょうか?

日本でも時々文化財が焼失しますが、長い歴史を経た人類の宝が、人の不注意や安全配慮不足で燃えてしまうのは本当に辛いですよね。

ハインリッヒの法則では、1件の大事故には、それまでに29件の中事故が起こっていて、300件の事故には至らないヒヤリハット事案が発生していると教わりました。

今回人命に影響はなかったですが、ノートルダム大聖堂でどんな事が起こっていたのでしょうね。

詳細を知りたいです。何か教訓が得られるかもしれません。

 

読んでいただき、ありがとうございました。

もう一つのエジプト軍迷彩服はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com