いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

イギリスの軍服 陸軍DPMスモック(P−1963)とは? 0023 🇬🇧

こんにちは!

本日は、英国の稀少な迷彩服を分析します。

私の大好きな迷彩服ですが、何故か日本では人気がないですね。

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

    目次

1 イギリスの軍服  陸軍DPMスモック(P–63)とは?

第二次大戦中、ドイツ軍ほどではありませんでしたが、英軍もいくつか迷彩服を採用していました。
その内、最も有名なのは、このブログでも度々話題になる空挺部隊用デニソンスモックです。

イギリス軍空挺デニソンスモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com
そしてデニソンスモックと双璧をなすのが、通称「SASスモック」と呼ばれる薄い生地で作られたスモックでした。

大戦中のイギリス軍通称「SASスモック」の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回ご紹介するのは、その「SASスモック」のデザインを踏襲して、迷彩生地をDPMに置き換えたモデルになります。
海外では、P−63スモックとして有名ですが、どうも成り立ちがよくわかりません。

(軍装品は殆どそうなのですが…。)
何故か最近の海外オークションでは、頻繁に出品されるようになりました。

所有していた人に何かあったのでしょうか?
逆に日本では、殆ど…いえ全く見かけることがありません。

どんなスモックなのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  スモックの全体及び細部写真

前面

相変わらず美しい迷彩ですね。

f:id:akmuzifal6489:20190422144129j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190422144201j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190422144217j:image

 

背面裏側  

迷彩が透けて見えます。別のDPMみたいで、これはこれでカッコいいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190422144124j:image


前合わせはジッパーのみ

f:id:akmuzifal6489:20190422144223j:image

 

タグ

1963という数字に注意!  NSNがプリントされています。

f:id:akmuzifal6489:20190422144212j:image

 

袖はボタンで調整  ボタンは官給品でデープグリーンの皿形( 英軍定番!)

f:id:akmuzifal6489:20190422170038j:image

 

ジッパースライダー引手の刻印
f:id:akmuzifal6489:20190422144147j:image

 

ジッパー挿入口の金具
f:id:akmuzifal6489:20190422144151j:image

 

胸のパッチポケット  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190422144141j:image

 

腰のパッチポケット  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190422144133j:image

 

このモデルはドローテープではなく、ドローコードに変されています。 

ストームフラップ付き
f:id:akmuzifal6489:20190422144207j:image

 

フードのドローテープ  大戦中モデルより柔らかい材質
f:id:akmuzifal6489:20190422144156j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  気になる特徴とは?

迷彩生地は1960年代のDPMですが、デザインは第二次大戦中のスモックを踏襲しています。
以前に紹介した「極地用迷彩スモック」同様、最初からフードが付いていますね。

(もしかしたら、これが極地用スモックの原型なのでしょうか?)

生地は、コットンサテンでやや厚みのあるものです。
デザイン元のスモックがプルオーバーだったのに対し、このモデルは最初からジッパーでフルオープンになります。

使い勝手を重視した改良ですね。

(この流れはデニソンと同じです。)

ポケットは胸、腰にそれぞれ二個ずつあり、内ポケットはありません。めちゃシンプルです。
フードにはドローテープが内蔵されています。

これも大戦中のスモックを踏襲していますが、腰のドローテープはドローコードに変更されていますよ。

4  製造とサイズのデータ

   ・製造又は契約年度       1960年代
   ・製造場所                      イギリス
   ・契約会社                      イギリス
   ・製造会社                           〃
   ・材質                             コットン
   ・表記サイズ                   1
   ・各部のサイズ(平置)    

                              着丈  約69センチ
                              肩幅  約67センチ
                              身幅  約64センチ
                              袖丈  約59センチ
   ・状態                中古極上品
   ・官民区分         官給品
   ・入手場所       海外の専門店

5  まとめ

世の軍隊で共通する言葉があります。

それは「シンプルイズベスト」です。

今回のモデルは、まさにその言葉通りのシンプルさで、さすがSASと言わざるを得ません。

表記サイズは小さいですが、ゆったりしたデザインで、やはり重ね着を前提とした運用がなされたのでしょう。

DPMの迷彩効果は抜群ですので、日本のフィールドでも十分に使えそうです。

シティユースでは、シルエットが寸胴なのでアレンジに工夫する必要があるようです。(または開き直ってそのまま着るという方法も!難しいところです。)

このスモックも上級者向けかもしれません。

私はこのスモックが大好きなのですが、人気がないのはこの辺りが関係しているのかもしれませんね。

 

今回は英軍の稀少な迷彩服を分析しました。

次回は、ビールが大好きな国の迷彩服を分析します。

参考:同時期のDPMスモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 今回のスモックが原型と思われる極地用スモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

            ✳︎                  ✳︎                  ✳︎ 

読んでいただきありがとうございました。