いつだってミリタリアン!

謎の多い軍装品に関して細部を知りたくないですか?このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。上級コレクターのみならず、これからコレクションを始める初心者の方も必見です。

ポルトガルの軍服 陸軍迷彩シャツ(半袖)とは? 0102 Portugal

こんにちは!

今回は、ポルトガル軍の迷彩シャツを分析します。

軍官給品、迷彩、半袖シャツは、じつは数が少ないアイテムなんですよ。

   目次

1  ポルトガルの軍服  陸軍迷彩シャツ(半袖)とは?

以前、同じ迷彩生地の空挺スモックを紹介しました。

空挺スモックの記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com

今回のモデルは、半袖の戦闘シャツになります。

過去にも、フランス軍や旧ローデシア軍の半袖迷彩シャツを分析しました。

過去の半袖迷彩シャツの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

今回はどんなシャツでしょうか?

早速確認していきましょう! 

2  シャツの全体及び細部写真

前面  フランス軍リザード迷彩より、各色のストロークが短い気がします。

高気圧性循環?

f:id:akmuzifal6489:20190710085353j:image

 

背面  偏西風の蛇行みたいな迷彩ですね。ステキです。
f:id:akmuzifal6489:20190710085351j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190710085336j:image

 

背面裏側  裏側に迷彩は透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190710085347j:image

 

胸ポケット  ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190710085328j:imagef:id:akmuzifal6489:20190710085334j:image

 

エポレット  先端は、クサビ型です。
f:id:akmuzifal6489:20190710085344j:image

 

タグ 
f:id:akmuzifal6489:20190710085332j:imagef:id:akmuzifal6489:20190710085340j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  シャツの特徴

迷彩は、スモック同様、タンをベースにライトグリーンとマホガニーブラウンを用いたブラッシュ(刷毛)パターンを描いています。

フランス軍リザード迷彩とは、似て非なるものですね。

これはこれでステキです。

デザインは、典型的な2ポケットの開襟シャツで、めちゃシンプルです。

ポケットのプリーツもありません。

生地は、比較的厚めのゴワゴワしたもので、着心地(肌触り)はあまり良くありません。

(洗濯を繰り返したり、柔軟剤を使ったら、もっと柔らかくなるのかも。)

4  製造とサイズのデータ

 ・製造・契約年度     1970年代

 ・製造場所                ポルトガル

 ・契約会社                ポルトガル

 ・製造会社                       〃

 ・材質                       コットン

 ・表記サイズ            2

 ・各部のサイズ(平置) 

                                   着丈  約67センチ

                                   肩幅  約42センチ

                                   身幅  約56センチ

                                   袖丈  約22センチ                             

 ・状態                       デッドストック

 ・官民区分                官給品

 ・入手場所                ヤフオク

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

こうなってくると、トラウザースが欲しいですね。

のみならずハットも装備も靴も欲しいですね。

(こんな気持ちが、コレクションアイテムの激増をもたらす原因なんですね。)

この迷彩は、メリハリが効いているので、日本のフィールドでも効果が高そうです。

サイズ「2」は、普段アメリカ軍の「40」又は「M」がピッタリの私でも着用する事ができました。

でも、おそらく細身で小さいサイズもあると思いますよ。

というのも、ネットオークションに出品されているポルトガル軍の違うパターンの迷彩シャツ(長袖)は、私が着用できない細身で小さいサイズが殆どですから。

今回のモデルも、女性用のサイズがあるかもしれませんね。

明らかに数は少ないので、見つけたら保護しておいて損はないと思います。

これからの季節にピッタリですよ。

 

今回は、ポルトガル軍の珍しい半袖迷彩シャツを分析しました。

次回は、アメリカ海軍のフライトジャケットを分析します。お楽しみに!

       ✳︎             ✳︎            ✳︎

はやぶさ2が、またやってくれましたね!

今度は、小惑星「リュウグウ」内部の岩石採取に成功したとか!

凄いですね!これぞ日本の技術!

宇宙の歴史が解明される日も近いかも知れません。

ワクワクしますね。

ただ、歴史の解明は、良い事ばかりではないかもしれませんね。

どんな事が判明しても、それを真摯に受け止めましょう。

正しい歴史の認識が、これからの未来を決めるのです。

…って誰か言ってませんでしたっけ?

 

読んでいただき、ありがとうございました。