いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

トルコの軍服 陸軍迷彩防寒コートとは? 0104 🇹🇷

こんにちは!

今回は、   トルコ陸軍の迷彩服を分析します。

やはり、何かやってくれる国でした。

   目次

 スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

1  トルコの軍服  陸軍迷彩防寒コートとは?

過去にこのブログでも、トルコ軍のとても魅力的な迷彩トラウザースを分析しました。

ターコイズブルーのトラウザース記事はこちら⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は、それから二番目に採用された迷彩服です。

なかなかの迷彩パターンですよ。早速確認していきましょう! 

2  コートの全体及び細部写真

前面  着丈の長いコートタイプです。でも…。

典型的な4ポケットタイプで、各ポケットにプリーツあり。

f:id:akmuzifal6489:20190710094417j:image

 

背面  以前分析したターコイズダックハンターと全く違う色調ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190710094521j:image

 

前面裏側

なんと腕はキルトのライニングを装備  取り外せません。
f:id:akmuzifal6489:20190710094419j:image

 

背面裏側

アクションプリーツがあって、背中のライニングからゴムテープで引っ張っています。
f:id:akmuzifal6489:20190710094412j:image

 

前合わせは、ボタンとジッパー

ボタンは、カナディアンタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190710094426j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20190710094442j:image

 

胸ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190710094459j:image

 

2個のボタンで開閉…っと、変わったボタンホールです。左右に分かれているですね。
f:id:akmuzifal6489:20190710094540j:imagef:id:akmuzifal6489:20190710094523j:image

 

腰ポケット
f:id:akmuzifal6489:20190710094513j:image

 

胸ポケットと同じように2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190710094531j:image

 

腰ポケットには、ジッパーで開閉するハンドウォーマーポケットが!
f:id:akmuzifal6489:20190710094534j:image

 

肘の補強布 4/5周あります。
f:id:akmuzifal6489:20190710094436j:image

 

袖口  マチ付きでオーソドックスです。ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190710094528j:imagef:id:akmuzifal6489:20190710094414j:imagef:id:akmuzifal6489:20190710094445j:image

 

襟の後ろ付け根にジッパーが!これはもしかして…
f:id:akmuzifal6489:20190710094453j:image

 

やはりフード内蔵でした!  って、背面裏側の写真でも一部見えてましたね。

フードもシェルと同じ生地です。
f:id:akmuzifal6489:20190710094510j:image

 

襟はジッパーを上げると、スタンドカラーに。
f:id:akmuzifal6489:20190710094440j:image

 

フードは前面でボタン留めします。
f:id:akmuzifal6489:20190710094515j:image

 

アクションプリーツのヒダの部分には通気口が!
f:id:akmuzifal6489:20190710094428j:image

 

アクションプリーツのゴムテープは短いものが二本です。

CWU36P、45P初期型などとは違う処置ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190710094518j:image

 

脇の下にはジッパーで大きく開く通気口が!ECWCSパーカーを連想させます。
f:id:akmuzifal6489:20190710094450j:image

 

ウエストのドローコードとロック  ゴム紐です。
f:id:akmuzifal6489:20190710094433j:image

 

ライナー前面

ライナー  ディープグリーンと言うよりは、濃緑色!

カマボコ型のものは内ポケット。珍しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20190710094431j:image

 

ライナー背面  前の持ち主が、裾を殆ど切り取っています。
f:id:akmuzifal6489:20190710094543j:image

 

ライナー前面裏側

面白いのは、ジッパーとボタンでジャケットに取り付けますが、ライナー単体でも着用できるように工夫してあります。これは斬新ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190710094502j:image

 

ライナー背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190710094526j:image

 

ライナーのドローコードホール
f:id:akmuzifal6489:20190710094505j:image

 

内ポケットもライナーと同じ生地
f:id:akmuzifal6489:20190710094537j:image

 

なんと脇はメッシュに!
f:id:akmuzifal6489:20190710094455j:image

 

ベストタイプなので袖はないですが、しっかり端末処理されていますね。

f:id:akmuzifal6489:20190710094447j:image

 

内ポケットはジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190710094508j:image

 

元の持ち主が裾を単純な方法で詰めてカスタム化していました。

(裾の違和感は、これが原因でした。)

トルコ軍では、こんな改造は「アリのでしょうね。
f:id:akmuzifal6489:20190710094422j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

まず迷彩ですが、タンにライトレッドブラウンをまばらに配置し、カーキグリーン縁取っています。

遠くから見るとデジタル迷彩のように思えますが、よく見ると四角いダットではないですね。

特筆すべきは、リップストップ生地なのですが、そのうち一本の織糸の色調をタンからカーキグリーンに変えて、碁盤の目のようにしているところです。

しかも迷彩の上に、意図的に描いています。

(どうやって生地を作るのでしょうか?)

この処理にはどんな効果があるのでしょうね。

生地は薄いながらも、防風性能が高いですね。

デザインはとても凝ってて、トルコ軍の並々ならぬ意欲が感じられます。

特にハンドウォーマーは、嬉しい装備です。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造年又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                       トルコ

 ・契約会社                       トルコ

 ・製造会社                            〃

 ・材質                              コットン

                                          ポリエステル

                                        アクリル(推定)

 ・表記サイズ                   51–C

 ・各部のサイズ(平置) 

                                         着丈  約81センチ

                                         肩幅  約52センチ

                                         身幅  約63センチ

                                         袖丈  約66センチ                             

 ・状態                             中古良品

 ・官民区分                      官給品

 ・入手方法                      ヤフオク

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

5  まとめ

トルコ陸軍の迷彩服が、ターコイズブルーからウッドランドに変わった時も感じましたが、この迷彩を見たときにちょっと寂しい気持ちになりました。

でも、いかにも乾燥した(?)トルコの風景にマッチした迷彩ですね。

日本では、限られた所しか活用できませんが、なかなかステキな迷彩です。

欲を言えば、ブラックグレイの部分も欲しいような気がします。

コートですので、真冬限定使用とするなら、袖のキルトも無問題です。

こうなってくると、シャツやトラウザースも欲しいですね。

まだ新しい迷彩なので、これからも入手は可能です。

空軍用の迷彩服は、また違ったパターンらしいので、入手できたら分析したいです。

そのトルコ軍空軍用の迷彩服を入手しました。⬇︎

www.military-spec-an.com

 

今回は、トルコ陸軍の新しい迷彩服を分析しました。

次回は、フランス軍の空挺スモックを分析します。

 

読んでいただき、ありがとうございました。