いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ベルギーの軍服? 国籍不明空挺迷彩スモック②(ブラッシュパターン)とは? 0159 🇧🇪 又 はUnknown

こんにちは!

今回も、ベルギー製と思われる国籍不明の空挺迷彩スモックを分析します。

表と裏で何かが違っていましたよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ベルギーの軍服? 国籍不明空挺迷彩スモック②(ブラッシュパターン)とは?

今回のモデルは、以前分析したベルギー陸軍空挺迷彩スモック(ブラッシュパターン)に酷似しています。

以前のベルギー軍ブラッシュパターンスモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

似てはいますが、どう見ても製造誤差とは思えない、異なる箇所が多いという不思議なスモックです。

いったいどこの国の装備品なのでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  スモックの全体及び細部写真

前面

デザインはイギリス軍のデニソンスモックを参考にしています。

襟が目立ちますね。

迷彩生地とパターンは、1950年代にベルギーが採用したものです。

f:id:akmuzifal6489:20190830193843j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190830193744j:image

 

前面裏側

ちゃんと内ポケットも準備されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20190830193808j:image

 

背面裏側

裏側に使用されている迷彩生地が表側と別物です。
f:id:akmuzifal6489:20190830193831j:image

 

前合わせはジッパーですが、同迷彩のベルギー軍官給品より短いです。
f:id:akmuzifal6489:20190830193811j:image

 

タグ

刺繍ですが、ベルギー軍のものではありません。

パターンと年代も合いませんね。

ブルーの「1」は、サイズのようです。(サイズ刺繍忘れ?)
f:id:akmuzifal6489:20190830193817j:image

 

襟にはベージュの薄い生地で、内張されています。

デニソンスモックのようにウールではないんですね。

冬は冷たそうです。

裏側の迷彩が、表側と全く違うことがここでもわかります。
f:id:akmuzifal6489:20190830193814j:image

 

エポレットは、瓜型です。

見かけないタイプですね。

エポレットのボタンは、ベルギー官給品ではありません。
f:id:akmuzifal6489:20190830193805j:image

 

胸ポケット

角度が付いています。

フラップの形は、イギリス軍デニソンスモック型ですが、ポケットの下部はスクエアです。

ダットファスナーで開閉

ダットファスナーは、ブラウン(アース)に塗装されています。
f:id:akmuzifal6489:20190830193752j:imagef:id:akmuzifal6489:20190830193801j:image

 

腰ポケット

こちらも角度が付いています。

細部は胸ポケットと同様です。
f:id:akmuzifal6489:20190830193757j:imagef:id:akmuzifal6489:20190830193839j:image

 

袖  

調整用のフラップがあります。  よく見るとフラップも違う迷彩生地ですね。

ボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20190830193846j:image

 

ジッパーは「riri」ヨーロッパ仕様ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190830193823j:image

 

テイルピース  用のダットファスナーは、一部がポケットと干渉していますね。

配置も乱れています。
f:id:akmuzifal6489:20190830193828j:image

 

袖口
f:id:akmuzifal6489:20190830193837j:image

 

テイルピース  

付け根は貼り付けです。

テイルピースのセンターがずれていますね。
f:id:akmuzifal6489:20190830193834j:image

 

特徴ある「ノコギリパターン」と「かすれ」

よく見ると、、逆二等辺三角形のパッチ(ワッペン)をはがした跡が!

ベルギー軍の、とある部隊マークに似ています。
f:id:akmuzifal6489:20190830193825j:image

 

裏面の迷彩生地は、表と違うものでした。
f:id:akmuzifal6489:20190830193748j:image

 

表の迷彩パターン

f:id:akmuzifal6489:20190830193820j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

表側の迷彩生地は、ベルギー軍ブラッシュパターンのスモックと同じものです。

ベルギー軍が、この迷彩生地を使用していたのは、1950〜1960年代なので、タグの年代と合わないですね。

しかも裏側は、国籍不明のブラッシュパターンスモック①と同じです。

国籍不明の空挺スモックの記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

この処理は、明らかにおかしいです。

(余り物でライニングを縫ったのでしょうか?)

デザインは、イギリス軍のデニソンスモックを参考にしていますが、ベルギー軍独特の変更・改良点がありません。

(ジッパーの長さとか。)

細部は、ベルギーやイギリスの正確な造りではなく、いい加減な感じを受けます。

ボタンもベルギー軍とは違いますね。 

4  製造とサイズのデータ 

 ・製造又は契約年度    1975年

 ・製造場所                   ベルギー

 ・契約会社                   不明

 ・製造会社                     〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                1

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約74センチ

                                    肩幅  約48センチ

                                    身幅  約61センチ

                                    袖丈  約55センチ                                          

 ・状態                        中古極上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

5  まとめ

このスモックも「ベルギー軍」という商品名で出品されていました。

でも、合点がいかない所があったので、取り敢えず入手してみました。

見れば見るほど、不思議なスモックです。

スモック自体は、ベルギーの官給迷彩生地なので、日本のフィールドでも効果は高そうです。

防風性能もなかなかですよ。

普段使いなら問題はありません。

でも、私はもう少し調査してみます。

まずは、サンプルを入手したいですね。

 

今回は、再度ベルギー製らしい国籍不明のスモックを分析しました。

次回は、アメリカの迷彩服を分析します。お楽しみに!

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

 

付録  

家族で楽しめる自衛隊イベント

(予約なしで参加できます。)

 

9/16   航空自衛隊  

          小松基地航空祭

      (ブルーインパルス参加予定)

9/21   海上自衛隊  

          八戸航空基地祭

9/25   陸上自衛隊

          仙台駐屯地

          東北方面隊創隊59周年記念行事

9/28〜29  広島地本

           広島市外貿埠頭

           練習艦「やまゆき」一般公開

10/6   陸上自衛隊

          伊丹駐屯地  

          中部方面隊創設59周年記念行事

10/20  航空自衛隊

           浜松基地

           エアフェスタ浜松2019

       (ブルーインパルス参加予定)