いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

ロシアの軍服 陸軍迷彩リバーシブルパーカーとは? 0173 🇷🇺

こんにちは!

今回は、   ロシア軍の「裏山」迷彩服を分析します。

勿論、今回の迷彩服も開発における経緯は不明です。

が、とても魅力的な迷彩服ですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  ロシアの軍服  陸軍迷彩リバーシブルパーカーとは?

旧ソ連時代末期からそんな雰囲気がありましたが、現在のロシア軍は多種多様な迷彩服を採用、運用しています。

いろんな役所が軍隊を持っていたりするので、差別化を図っているのでしょうか?

でも同じ作戦に従事している部隊でも、数種類の迷彩服を着用している場合があります。

まさに「混沌」ですね

そんな中、1994年9月にロシア北オセチアで発生したベスラン学校占拠事件がありました。

そのニュースを見ていたとき、事件を鎮圧するため出動したロシア軍兵士が着用していた迷彩服に衝撃を受けました。

それは、とても見覚えのある迷彩服だったからです。

今回のモデルは、その迷彩服になります。

どんな迷彩服だと思いますか?

早速、確認していきましょう!

2  パーカーの全体及び細部写真

ジャケット

前面

f:id:akmuzifal6489:20190916141734j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190916141850j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916141752j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916141828j:image

 

胸ポケット  

ボタンで開閉

ボタンは全て小さいカナディアンタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20190916141646j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916141755j:image

 

タグ  なんと表形式です。斬新ですね。
f:id:akmuzifal6489:20190916141745j:image

 

ポケットの中の生地も同じ迷彩です。
f:id:akmuzifal6489:20190916141857j:image

 

腰ポケット

胸ポケット同様、ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190916141825j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916141903j:image

 

袖口にはゴムを内蔵

指に掛けるループがありました。
f:id:akmuzifal6489:20190916141846j:image

 

肘の補強生地  大面積です。
f:id:akmuzifal6489:20190916141726j:image

 

偽装用ループも各所に付いています。
f:id:akmuzifal6489:20190916141720j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916141643j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916141748j:image

 

フードにもループが沢山あります。
f:id:akmuzifal6489:20190916141655j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916141730j:image

 

裏面  同じ迷彩生地でドローテープが作られています。
f:id:akmuzifal6489:20190916141803j:image

 

各ボタンの周辺にはスリットがあって、ボタンを裏側に移動させることができます。

これはナイスアイデアですね。
f:id:akmuzifal6489:20190916141758j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916141805j:image
f:id:akmuzifal6489:20190916141831j:image

 

ポケット内の生地は、全て迷彩生地です。
f:id:akmuzifal6489:20190916141708j:image

 

トラウザース(オーバーパンツ)

 

前面
f:id:akmuzifal6489:20190916141738j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190916141658j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916142025j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190916141852j:image

 

前合わせはボタンとホックです。
f:id:akmuzifal6489:20190916141901j:image

 

ウエストのドローコードも表裏に出せます。

左のループは、サスペンダー用です。
f:id:akmuzifal6489:20190916141818j:image

 

腰のスラッシュポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190916141815j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916141636j:image

 

膝スラッシュポケット

こちらもボタンで開閉

f:id:akmuzifal6489:20190916141855j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916141909j:image

 

膝の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20190916141801j:image

 

臀部のポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190916141741j:imagef:id:akmuzifal6489:20190916141704j:image

 

ウエストにはゴムを内蔵  ベルトループ、ドローコードも準備されています。
f:id:akmuzifal6489:20190916141639j:image

 

臀部の補強生地

大面積です。
f:id:akmuzifal6489:20190916141915j:image

 

トラウザースにも偽装用ループがありました!
f:id:akmuzifal6489:20190916141714j:image

 

裾は、表側の生地が裏側まで回り込んでいます。

ジャケットは完全リバーシブルですが、トラウザースは違いました。
f:id:akmuzifal6489:20190916141809j:image

 

前合わせのボタンとホックは、裏側で使用する場合、使いづらそうですね。
f:id:akmuzifal6489:20190916141822j:image

 

所々、プリントがずれて白い生地が見えているのが、泣けてきますね。

(嬉し泣き!)
f:id:akmuzifal6489:20190916141811j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩パターンは、まるで武装親衛隊スモックと同じ!…と言って良いほど似ています。

(正確には、僅かにパターンや色調が変わっていますね。)

しかも白色生地の両面に違うパターンを描くというのも、同様ですね。

これは渋い迷彩です。

デザインこそ、通常の4ポケット(トラウザースは6ポケット)ですが、随所に独自の工夫が見られます。

特筆すべきはボタンで、全てカナディアンタイプですが、殆どのボタンが裏側に移動できます。

これにより、両面に同じボタンを装備する必要はなくなりました。

この発想はなかったです。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1990年代

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                       〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                170/48–50

                                   (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                        ジャケット

                                    着丈  約77センチ

                                    肩幅  約58センチ

                                    身幅  約70センチ

                                    袖丈  約65センチ       

                        トラウザース

                       ウエスト  約34〜44センチ

                              股上  約37センチ

                              股下  約75センチ

                              着丈  約106センチ

                              裾幅  約15〜22センチ                            

 ・状態                           中古上品

 ・官民区分                    官給品

 ・入手場所                    ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

アメリカには、第二次大戦中にドイツで実際に武装親衛隊のスモックを製造していた人がいるそうですね。

もしかしてロシアにもいて、迷彩服の製造に携わっているのでしょうか?

そんな印象があります。

(まず、あり得ないですけどね。。)

まさに、現代に蘇った武装親衛隊スモック!

あるいは、武装親衛隊の亡霊…とも言えそうです。

でも憎っくきドイツ軍に祖国を蹂躙されたロシアが、この迷彩服を採用するなんて…。

意外な気がしますが、「良い物は何でも採用する」という方針だったのかもしれませんね。

もし、その考えが今も生きているなら、ロシア軍…やはり侮れません。

それはともかく、この迷彩は日本のフィールドでも効果がありそうです。

今回のモデルは、上下揃っているというのが嬉しいですよね。

サバイバルゲームではアンブッシュに。

(フード付きなので、本来はスナイパー用の迷彩服かもしれませんね。)

野鳥観察では、迷彩のハットを入手したら完璧です。

さすがの鳥さんも、「何か居るけど、何だろう?」なんて思うかも。

この迷彩服も防寒性能は殆どありませんので使用する季節には要注意です。

残念ながら、現在市中に出回っている数は少なく、とても高価です。

でも、中古品なら比較的安価に入手できますよ。

気長に探しましょう!

 

今回は、世界的に有名な迷彩パターンを採用した、ロシア軍の迷彩服を分析しました。

次回は、伝統あるアメリカ軍の防寒着を分析します。

お楽しみに。

 

参考:武装親衛隊の迷彩スモック(いずれもモデル品)記事はこちらです。

                                                     ⬇︎

 武装親衛隊の迷彩に影響を受けたと思われる迷彩服の記事はこちらです。

                                                         ⬇︎

www.military-spec-an.com

 

                ✳︎               ✳︎               ✳︎

 

読んでいただき、ありがとうございました。