いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

アメリカの軍服 空軍防寒フライトトラウザース(F–1B)とは? 0229 🇺🇸 ミリタリー

こんにちは!

今回は、アメリカ軍の防寒トラウザースを分析します。

第二次大戦中の皮革製モデルから続く、ヘビーゾーン対応のトラウザースです。

今回は、シェルがオックスフォードのモデルですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  アメリカの軍服 空軍防寒フライトトラウザース(F–1B)とは?

今もってなお、パイロットを含む空中勤務員の大敵は、風や上空の寒気ですね。

敵と戦う以前に、これにどう対処するか?

各国は熱心に研究を重ねてきました。

特に与圧や熱交換技術が未熟だった朝鮮戦争の頃までは、生死に直結した深刻な問題でしたね。

これに対しアメリカの回答は、電熱服とシープスキンジャケット&トラウザースの装備でした。

(羊さんを多用するのはリッチですね。)

さすがに現在では技術や素材が発達して、以前のような重装備は必要がなくなりました。

でも輸送機などは、まだ充分とは言えない機体があるようです。

今回のモデルは、主にそんな輸送機上で勤務するロードマスター(空中輸送員)の為に開発された装備品になります。

シープスキンのトラウザースを現代の素材に置き換えたモデルといえます。

通常、有名なN–2系やN–3系のヘビーゾーンフライトジャケットとペアで使用します。

さて、どんなトラウザースなのでしょうか?

早速確認していきましょう!

2  防寒トラウザースの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20191117072644j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191117072753j:image

 

前面裏側

裏側の生地が色違いですね。
f:id:akmuzifal6489:20191117072731j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191117072807j:image

 

前合わせはジッパーと一番上のダットファスナーです。

ウエスト背部の生地がやや上部に出ていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191117072710j:image

 

タグ

1978年度契約品です。
f:id:akmuzifal6489:20191117072706j:image

 

腰横のジッパー(左右にあります。)はポケットではなくスリットです。
f:id:akmuzifal6489:20191117072719j:image

f:id:akmuzifal6489:20191118163008j:image

 

腰前面のポケット

ダットファスナーで開閉

膝の補強生地は小判型
f:id:akmuzifal6489:20191117072745j:imagef:id:akmuzifal6489:20191117072735j:image

 

ウエスト部背面

サイズ調整用のストラップがあります。

バックルは金属製

臀部にはおむすび型の補強生地
f:id:akmuzifal6489:20191117072647j:image

 

サイズ調整用ストラップアップ。

手抜きなし。


f:id:akmuzifal6489:20191117072738j:image

 

臀部のポケット

こちらも  ダットファスナーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191117072756j:imagef:id:akmuzifal6489:20191117072717j:image

 

裾は約半周がニットです。

でもジッパーもあって大きく開くことができます。
f:id:akmuzifal6489:20191117072640j:imagef:id:akmuzifal6489:20191117072655j:imagef:id:akmuzifal6489:20191117072749j:image

 

股の裏側は、独特の裁断
f:id:akmuzifal6489:20191117072817j:image

 

足首のジッパーは「General」です。革タブ付き。

光って見えますが、全て黒染めです。

f:id:akmuzifal6489:20191117072800j:image

 

その他のジッパーも
f:id:akmuzifal6489:20191117072652j:image

 

ダットファスナー表面
f:id:akmuzifal6489:20191117072742j:image

 

  ダットファスナー裏側の刻印
f:id:akmuzifal6489:20191117072727j:image

 

サスペンダー用ボタン
f:id:akmuzifal6489:20191117072658j:image

 

横から見ると、厚みが分かりますね。

中綿ぎっしり!
f:id:akmuzifal6489:20191117072722j:image

 

専用サスペンダーです。

トラウザースのボタンに取り付けます。
f:id:akmuzifal6489:20191117072811j:imagef:id:akmuzifal6489:20191117072814j:image

 

装着した状態(前面)
f:id:akmuzifal6489:20191117072713j:image

 

装着した状態(背面)
f:id:akmuzifal6489:20191117072701j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

シェルは、コットンとナイロンの混紡でオックスフォードと呼ばれています。

陸軍のM51パーカー(通称モッズパーカー)と同じ生地ですね。

でもシェルのカラーは、セージグリーンです。

シェルとライニングとの間には、ポリエステルの中綿が内蔵されていますよ。

デザインは、シープスキン時代のモデルを受け継いでいますが、前面の腰から足首まであった通しのジッパーは廃止され、通常のトラウザースタイプになっていますね。

ポケットは前後に2個ずつで、全てダットファスナーで開閉します。

腰サイドのジッパーは内側に着用しているフライトスーツのポケットを使用できるようにスリットになっています。

トラウザース上部には、複数のボタンがあって、専用のサスペンダーを装着できます。

でも、腰にはウエストサイズを調整するストラップもあってサスペンダーは使用しなくても大丈夫ですね。

(ただし、自分に合ったサイズの場合です。)

足首にもジッパーがあって、大きく開くことできます。

ブーツを履いたままでも着用し易いですね。 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1978年

 ・製造場所                   アメリカ

 ・契約会社                   アメリカ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ナイロン

                            ポリエステル

 ・表記サイズ                36

                                   (日本人のL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約111センチ

                             ウエスト  約45センチ

                                    股上  約35センチ

                                    股下  約77センチ     

                                    裾幅  約15センチ                                    

 ・状態                        中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

 スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

5  まとめ

私事ですが現在単身赴任中で、休日は自宅までの片道道約150kmをバイクで移動します。

(ちょっとしたツーリング感覚ですね❤️)

公共交通機関を利用するとバイクの約6倍以上の交通費が掛かるので、大きな節約といえます。

勿論真冬でも、道路事情が許す限りバイクで移動しますが、そのときに重宝するのが今回モデルです。

通常のライダースパンツ(デニム)の上にこのトラウザースを履くだけで、下半身の防寒は必要十分ですね。

実際の運用方法と同じくオーバーパンツとして使用していますが、ポケットもあって使い勝手は抜群です。

オックスフォード生地は、ナイロンより熱に強く、コットンより軽量なので、バイクでの使用にピッタリですね。

(同じモデルでも、シェルがナイロンのみ、コットンのみのモデルもあります。)

不意にマフラーに触れても、生地が大きく溶けることがありませんよ。

ただ、着込むとモコモコで、走ったり匍匐したりするのは、どうしても動きが鈍くなりますね。

(普通サバイバルゲームには使用しませんよね!)

ツーリングの他には、釣りや野鳥観測にも使えそうです。

狩猟には、待ち伏せ時(…という状況はあるのでしょうか?)に使えるかもしれませんね。

(獲物を追い立てるときは向いていません。着て動けば真冬でも大汗かきますよ。)

今回のモデルは、1978年製ですが、1990年代までの製造を確認しています。

まだまだ入手可能ですね。

パイロット装備ということで、やたら高値で販売しているショップがあります。

要注意です。

(そんなショップは無視しましょう!)

ネットでは比較的安価な場合が多いですよ。

サイズも各種あるので、女性でも安心です。

購入する場合は、程度とサイズを確かめましょう。

(少しでも気になるところ(破損、修理、汚れ)があったら次を探しましょう。)

軍装備品にこだわる方は専門のサスペンダー購入もお忘れなく!

 

今回は、アメリカ軍の防寒トラウザースを分析しました。

次回は、ドイツ海軍の作業服を分析します。

お楽しみに!

参考:パイロットなどの防寒装備に関する生地はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

    ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク


US.F−1B.フライト、オーバーオール(新品)510N

スポンサーリンク 

Binary Star

Binary Star

  • SawanoHiroyuki[nZk]:Uru
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes