いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

夜間戦闘用?【ハンガリーの軍服】陸軍単色スモック(グレイタイプ)とは?0894 🇭🇺 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20211009070818p:plain

今回は、1970年代のハンガリー軍スモックを分析します。

その色調から、夜間戦闘用ではないかと推測されます。

日本ではアノラックという名称で販売されていることが多いですね。

中古品ですが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

 

 

スポンサーリンク

1  ハンガリー陸軍単色スモック(グレイタイプ)とは?

f:id:akmuzifal6489:20211009170246p:plain

ところであなたは「忍者」をご存知ですか?

 

元は戦国時代に武将が組織した一種の特殊部隊でしたね。

(当時は素破(すっぱ)と呼ばれていました。「すっぱ抜く」の語源だとされています。)

 

士、農、工、商のみならずあらゆる人に変装して活動し、破壊工作、要人暗殺など、歴史の影で暗躍していました。

 

そんな忍者について時代劇などのドラマではよく黒装束が用いられていますが、実際に夜間で活動する場合は、柿渋で染めた生地などを使用していたという説がありますね。

 

そのため黒というよりは茶色や灰色が多かった…という歴史学者もいます。

 

あまり知られていませんが人間の肉眼では、夜間は黒よりも灰色(グレイ)などががより目立たない場合が多いですね。

 

今回のモデルは、ハンガリー陸軍の装備品なのですが、生地のカラーがよくあるOD(オリーブドラブ)やOG(オリーブグリーン)ではなく、グレイというのが目を惹く一品です。

 

昼間にこのスモックを着用すると、逆に目立ってしまうことから、夜間戦闘用だと判断しました。

 

あなたはどう思いますか?

 

今回は、ハンガリー軍装備品マニアのみならず、ファッションリーダーのあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ハンガリー陸軍単色スモックの全体及び細部写真

前面
f:id:akmuzifal6489:20211009063232j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20211009063327j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211009063342j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20211009064458j:image

 

前合わせは、ボタン、ダットファスナー、コードです。

少々複雑ですね。
f:id:akmuzifal6489:20211009064939j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009063235j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009065019j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009065039j:image

 

前合わせの内側には生地があります。

ストームフラップ(ウインドシールド)でしょうか?

f:id:akmuzifal6489:20211009063252j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009065039j:image

 

うなじのサイズタグ
f:id:akmuzifal6489:20211009063307j:image

 

メーカータグ?
f:id:akmuzifal6489:20211009063304j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009063345j:image

 

何かスタンプもありました。
f:id:akmuzifal6489:20211009063317j:image

 

右脇腹にもタグが!

f:id:akmuzifal6489:20211009064911j:image

 

左胸には、徽章を取り付けるためのループが縫い付けられていました。

これは兵士の後付けです。

f:id:akmuzifal6489:20211009065137j:image

 

ウエストには全周にゴムを内蔵

f:id:akmuzifal6489:20211009065427j:image

ほぼストレートですね。

f:id:akmuzifal6489:20211009063242j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009063351j:image

 

袖口はボタンとタブで調整可能
f:id:akmuzifal6489:20211009063330j:image

 

袖は二重で、内側の袖口はゴムを内蔵

(現在では伸び切っています。)
f:id:akmuzifal6489:20211009063258j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009063301j:image


前身頃頂部のボタン

他のハンガリー軍衣料品では、あまり見かけないタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20211009063311j:image

 

前身頃のダットファスナー

大判タイプ

丁寧に縫い付けられていますね。
f:id:akmuzifal6489:20211009063249j:imagef:id:akmuzifal6489:20211009063339j:image

 

裾正面のドローコード

端末には、ブラックのプラスティック製ガイドあり。
f:id:akmuzifal6489:20211009063336j:image

 

フード

シンプルな構造です・

f:id:akmuzifal6489:20211009063239j:image

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

生地はやや紫がかったグレイで、濃くなく薄くなく、渋みのあるグレイですね。

(大戦初期のドイツ戦車色「パンツァーグラウ」に似ていますね。)

 

生地はコットンポプリンで肌触りが良く、軽量です。

 

生地の種類から防寒目的の衣類ではなさそうですね。

 

デザインは、同じくハンガリー陸軍迷彩スモックに似ています。

 

構成は、フード付き、エポレットなし、ウエストにはゴムを内蔵、袖は二重になっていますよ。

 

ポケット類は一切ありません。

(やはり、別の目的で着用するスモック(上っ張り)なのですね。)

 

全体的な縫製は、丁寧かつ正確で、ハンガリーらしい仕立てですよ!

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     ハンガリー

・契約会社     ハンガリー

・製造会社      〃

・材  質     コットン

・表記サイズ    54

         (日本人のL〜XL)

・各部のサイズ(平置)

          着丈 約79センチ

          肩幅 約53センチ

          身幅 約64センチ

          袖丈 約55センチ

・状  態     中古極上品

・官民区分     官給品

・入手場所     東京の専門店

・入手難易度    3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

夜間に行われたサバイバルゲームに参加した後輩からの情報ですが、最も迷彩の効果があったのは航空自衛隊の旧グレイ作業服だったそうです。

 

それよりもやや暗い色調である今回のモデルは、もしかしたらもっと効果が高かったのかもしれませんね。

 

実際の訓練や戦闘において、どのタイミングでこのスモックが使用されるのか不明ですが、なかなか興味深い衣類ですね。

(念入りな前合わせも、何か重要な意味があるのかもしれません。)

 

面白いことに今回のモデルは、日本ではミリタリー関係者よりもファッション関係者に人気がありますよ。

 

どうやら独特のカラーとデザインが、ファッションリーダーの琴線に触れたようです。

(女性誌などでも取り上げられることがあったようですよ!その記事見てみたいですね!)

 

…と並行して、各ショップで売れ残っていた在庫品が、急に姿を消していきましたよ。

 

ひと頃は大手通販サイトでもデッドストックの在庫がありましたが、現在は中古品も全く見掛けなくなりましたね。

 

昨今は入手困難品の仲間入りしています。

(デッドストックは、価格も高騰していますよ。より入手困難化!)

 

それでも、本日現在、ヤフオクではいくつか出品されていますよ。

本日のハンガリー軍スモックオークション出品状況

探しているあなたは、ぜひ入札してみましょう!

 

なお中古品を購入した場合は、予想以上に汚れていることがあります。

(実際に使用されている証拠ですね。オークションの写真参照)

 

その場合は「エリ・ソデ汚れ用」のスポット洗剤を汚れている部分に塗って、しばらくぬるま湯に漬け込んだ後、洗濯してみましょう。

(あるいは汚れが落ちるかもしれません。)

 

私は、このスモックの正式な使用方法を調べてみようと思います。

 

今回は、ハンガリー陸軍の特殊なスモックを分析しました。

次回は、フランス軍のフライトジャケットを分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

参考:他国の夜間戦闘用に開発された迷彩服に関する記事はこちらです⬇︎

www.military-spec-an.com

他のハンガリー軍に関する記事はこちらです。⬇︎

🇭🇺ハンガリー(Hungary) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


新品◆実物 ハンガリー軍 フィールドコート 1970年代 オリーブ デッドストック♪ヴィンテージ ミリタリー コットン アーミー 軍物 ユーロサープラス

実物 USED ハンガリー軍 フランネル プルオーバー モックネックシャツ ラウンドタイプ BLACK染め【クーポン対象外】【I】|ミリタリーシャツ ノーカラーシャツ ワークシャツ メンズ トップス 軍モノ 軍放出品 古着 おしゃれ 大きいサイズ ブラック 長袖 無地


ハンガリー軍 レザー ワークブーツ ブラウン USED

スポンサーリンク

ソウル・ドラキュラ (Soul Dracula)

ソウル・ドラキュラ (Soul Dracula)

  • ホット・ブラッド
  • ポップ
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes