いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

特殊部隊の証!【アメリカ軍装備品】陸軍特殊部隊記念ナイフ(グリーンベレー隊員用・ベンチメイド社製) とは?0824 🇺🇸 ミリタリー

今回は、1970年代のアメリカ陸軍特殊部隊記念ナイフを分析します。

その刻印などから、グリーンベレー隊員用のようですね。

おそらく当時ものだと思われますが、詳細は不明です。

何故か日本人(日系人?)の名前が刻印されていました。

中古品で使用感もありますが、程度は良好ですよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ陸軍特殊部隊記念ナイフ(グリーンベレー隊員用)とは?

以前、有名なアメリカナイフメーカープロデュースのグリーンベレー記念ナイフを分析しました。

 

比較的近年に製造された、美しいモデルでしたね。

 

アメリカ陸軍の特殊部隊「グリーンベレー」については、こちらをご覧ください。⬇︎

 

 アメリカ陸軍特殊部隊群 - Wikipedia

ja.wikipedia.org

 

今回のモデルもグリーンベレー隊員用の記念ナイフなのですが、どうやらベトナム戦争当時(または終了後まもなく?)の製品のようです。

 

メーカーは、現存しているアメリカでも有名なナイフメーカー製ですね。

 

そしてブレードには、ある部隊の刻印がありました。

 

実戦では所属を隠すのが彼らですし、戦闘に不利な磨かれたブレードというのもやはり記念モデルだからこそですね。

 

このナイフにどんな意味があるのか、知りたいところです。

(因みに、官給品ナイフではありませんよ。)

 

さてさて、それはどんな記念ナイフなのでしょうか?

 

今回は、未rタリーナイフマニアのみならず、ベトナム戦争装備マニアのあなたと一緒に、確認していきましょう! 

2  記念ナイフの全体及び細部写真

右側面

f:id:akmuzifal6489:20210727115941j:image

 

左側面
f:id:akmuzifal6489:20210727120032j:image

 

ブレード

右側面に刻印が!
f:id:akmuzifal6489:20210727115936j:image

 

ベトナムで活躍した部隊ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210727120036j:image

 

峰側

見た目以上に複雑なブレードの形がお判りいただけるでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20210727115933j:image

 

刃側
f:id:akmuzifal6489:20210727115929j:image

 

ポイント付近

使用感があります。
f:id:akmuzifal6489:20210727120019j:image

 

リカッソ右側面の刻印
f:id:akmuzifal6489:20210727121336j:image

 

リカッソ左側の刻印
f:id:akmuzifal6489:20210727120011j:image

 

ハンドル

レザーの積層ですが、下部にはフィンガーグルーブがあります。

クロスガードとポンメルはブラス製
f:id:akmuzifal6489:20210727115949j:image

 

ポンメルはナット留め

綺麗に整形されています。
f:id:akmuzifal6489:20210727115945j:image

 

シース下部

ナイフは一定方向にしか収納できません。
f:id:akmuzifal6489:20210727120008j:image

 

シース上部

ストラップは峰側にあります。

これで安心ですね。
f:id:akmuzifal6489:20210727120042j:image

 

シース下部背面
f:id:akmuzifal6489:20210727120047j:image

 

シース上部背面
f:id:akmuzifal6489:20210727115925j:image

 

シース上部側面

段々になっていますね。

よく見ると凝った造りです。
f:id:akmuzifal6489:20210727120016j:image

 

奇跡的に、シャープナー(砥石)が残っていました。
f:id:akmuzifal6489:20210727120028j:image

 

シース下部先端には、グリーンベレーの刻印が!
f:id:akmuzifal6489:20210727115921j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

ブレードは、磨かれたカーボンスティール製ですが、カスタムナイフのように光沢仕上げであありません。

 

ブレードの型としては、特殊部隊用のナイフに多用されているブゥーイ型ですが、贅肉を削ぎ落としたように、複雑な形状になっています。

 

そのため同サイズの一般的なナイフより、やや軽量ですね。

 

ハンドルは、レザーワッシャーの積層ですが、フィンガーグルーブ(指に合わせた整形)がありますね。

 

クロスガードとポンメルはブラスです。

 

ポンメルはナット留めされていますが、外観は綺麗に整形されています。

(特殊部隊用ナイフには多い処理ですね。)

 

シースはレザー製でシャープナー(砥石)付きなのですが、とても凝った作りですね。

 

ナイフを押さえるストラップが峰側にあるのも好感が持てます。

 

 全体的な造りは、少々雑なところもありますが、要所を抑えた手堅い仕上げですね。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     カーボンスティール

          レザー

          ブラス

・各部のサイズ    ナイフ

          全長 約270ミリ

          全幅 約58ミリ

       ブレード長 約157ミリ

       ブレード厚 約6ミリ

       ハンドル長 約112ミリ

      ハンドル太さ 約29ミリ

           シース

          全長 約280ミリ

          全幅 約62ミリ

・状  態     中古良品

・官民区分     民生品

・入手場所     名古屋の専門店

・入手難易度    4(極めて困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

記念ナイフ…にもかかわらず、今回のモデルは研がれたりして使用感があります。

 

少々勿体ないような気もしますが、「使ってこそナイフ」と考える関係者がいたのかもしれませんね。

 

このナイフは、ブレードやシースの刻印から特注品というのがわかります。

 

いわゆる官給品ではありませんが、グリーンベレーの中には、作戦で使用するものは全て官給品しか持って行かない…という隊員もいました。

 

理由は…戦場で無くすと勿体無いから…だとか。

 

でも戦場で命を預けるからこそ、今回のような使い易いナイフ(の通常版)が必要だと思うのですが?

 

それはともかく、この種の記念ナイフは、関係者にしか配られないので希少です。

 

私も行きつけのショップ関係者から、偶然入手することができました。

 

でも記念ナイフの入手は難しいかもしれませんが、刻印のないナイフならまだ入手できる可能性がありますね。

 

勿論、国内のショップで取り扱っているところは限られているようです。

 

オークションやフリマでも、まず見かけませんね。

 

探しているあなたは、やはり海外のオークションを狙ってみましょう。

 

私は、刻印を基にこのナイフの来歴を調べてみたいと思います。

(特に日本人(日系人)と思われる刻印の人物)

 

また、刻印のない同じナイフも入手したいですね。

 

なおナイフを購入した場合、使用する予定もないのにナイフを携行したり、シチュエーションに合わない場所(車のダッシュボードコンテナとか)へ保管しないでください。

 

場合によっては警察に逮捕されることがあります。

 

また、キャンプでも警察官の所持品検査等を受けて、ナイフが発見されると長時間にわたる事情聴取などを受ける場合があります。

 

ナイフの携帯と保管には、十分注意してくださいね!

(李下に冠を正さず…あらぬ言いがかりをつけられないようにしましょう!)

  

今回は、謎の多いアメリカ陸軍特殊部隊用記念ナイフを分析しました。

次回は、各国の熱帯装備を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のミリタリーナイフはこちらです。⬇︎

🗡ミリタリー(サバイバル)ナイフ(knives) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

ベトナム戦争期の各国装備はこちらです。⬇︎

ベトナム戦争期(Vietnam war) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


チャレンジコイン 米陸軍特殊部隊 記章 記念メダル Challenge Coin 記念コイン ARMY SPECIAL FORCES グリーンベレー 紋章 鉄 彫刻 円形 透明ケース付き ミリタリーメダル ミリタリーコイン

War Stories of the Green Berets【電子書籍】[ Hans Halberstadt ]

スポンサーリンク

グリーンベレー (字幕版)

グリーンベレー (字幕版)

  • ジョン・ウェイン & レイ・ケロッグ
  • アクション/アドベンチャー
  • ¥1528