いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

ベトナム戦争期のKA–BAR!【アメリカ軍装備品】海兵隊ユーティリティーナイフ(MSI社製) とは?0830 🇺🇸 ミリタリー

f:id:akmuzifal6489:20210803173844p:plain

今回は、1970年代のアメリカ軍海兵隊ユーティリティーナイフを分析します。

第二次大戦から続く、伝統のナイフですね。

とても珍しいメーカーの製品です。

中古品でかなりの使用感がありますが、とても迫力がありますよ!

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  アメリカ軍海兵隊ユーティリティーナイフ(MSI社製)とは?

 第二次大戦中に開発され、現在も使用されているアメリカ海兵隊ユーティリティーナイフ「KA–BAR」

 

現在もマイナーチェンジを繰り返して支給され続けていますね。

 

同デザインのアメリカ海軍MARK2ナイフが、概ね大戦中のみの使用に限定されていたのに対し、息の長いナイフと言えます。

 

特にベトナム戦争以降では、レザーがブラックに染められて、凄みが増しているのが特徴ですね。

 

このナイフの製造には、カミラス社をはじめ多くのメーカーが参加しましたが、今回のモデルは珍しいメーカー製になります。

 

ユーティリティーナイフなので、ありとあらゆる用途に使用されたせいでしょうか?中古品は程度の悪いものが多いですね。

 

今回のモデルも、傷んだところが多いです。

 

また独自のマーキングも施されていて、雰囲気は抜群ですね。

 

さてさて、それはどんなユーティリティーナイフなのでしょうか?

 

今回は、アメリカ軍海兵隊マニアのみならず、ミリタリーナイフコレクション初心者のあなたと一緒に、確認していきましょう!

2  ユーティリティーナイフの全体及び細部写真

右側面

f:id:akmuzifal6489:20210802155143j:image

 

左側面

f:id:akmuzifal6489:20210802160350j:image

 

ブレード

使用感がすごいですね。
f:id:akmuzifal6489:20210802155136j:image

 

ハンドル

レザーがブラックに染められています。
f:id:akmuzifal6489:20210802155125j:image

 

峰側
f:id:akmuzifal6489:20210802155158j:image

 

刃側
f:id:akmuzifal6489:20210802155117j:image

 

ポイント付近

機械の削り痕が爬虫類の鱗のようですね。

文字通り「荒削り」な仕上げです。
f:id:akmuzifal6489:20210802155059j:image

 

左サイド
f:id:akmuzifal6489:20210802155121j:image

 

メーカー刻印

珍しいメーカーですね。
f:id:akmuzifal6489:20210802155129j:image

 

ポンメル

ピンで固定されています。
f:id:akmuzifal6489:20210802155146j:image

 

クロスガード

最初からか後からなのか、ブラックで塗装されていますね。
f:id:akmuzifal6489:20210802155106j:image

 

シース表側下部
f:id:akmuzifal6489:20210802155139j:image

 

シース表側上部
f:id:akmuzifal6489:20210802155103j:image

 

シース裏側下部
f:id:akmuzifal6489:20210802155202j:image

 

シース裏側上部
f:id:akmuzifal6489:20210802155151j:image

 

裏側のステンシル

大隊司令部の兵士の装備品なのでしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20210802155113j:image

 

シースはかなり作り込んでいて立体的なデザイン。
f:id:akmuzifal6489:20210802155155j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

ブレードは、パーカライジング(リン酸塩処理)されたカーボンスティール製なのですが、このメーカーのナイフは、機械で削って整形した痕がそのままの荒削りな仕上げですね。

 

所々、爬虫類の鱗のようになっているのが特徴です。

 

かなりの使用感があって、大きく削れていたり、打痕があったりしています。

(官給品ナイフとしては本望?)

 

ハンドルはいつものレザーワッシャーの積層ですが、全てがブラックに染められていますね。

 

これはペンキで塗装されたのではなく、ちゃんとレザーを染めているようです。

 

一方クロスガードとポンメルは、一部が塗装されていますよ。

(そのため剥がれている部分がありますね。)

 

シースも勿論レザー製ですが、こちらも黒染めされています。

 

造りは立体的で、薄っぺらい日本製のモデル品シースとは雲泥の差です。

(このレベルでシースを製造するとコストがかかりそうですが、さすがアメリカですね。)

 

また、今回のモデルはシースは裏面に、所属部隊と一連番号がホワイトでステンシル塗装(型紙を用いてエアブラシで塗装)されていました。

4  製造とサイズのデータ

・製造又は契約年度 1970年代

・製造場所     アメリカ

・契約会社     アメリカ

・製造会社      〃

・材  質     カーボンスティール

          レザー

・各部のサイズ    ナイフ

          全長 約300ミリ

          全幅 約62ミリ

       ブレード長 約170ミリ

       ブレード厚 約4ミリ

       ハンドル長 約128ミリ

      ハンドル太さ 約30ミリ

           シース

          全長 約322ミリ

          全幅 約55ミリ

・状  態     中古良品

・官民区分     官給品

・入手場所     名古屋の専門店

・入手難易度    2(やや困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

いやー迫力のあるナイフですね。

 

シースのステンシルも、当時のものなので迫力に拍車をかけていますよ。

 

ブレードの傷み方を見ると、ユーティリティーナイフの名称が示す通り、多くの用途に使用されていた形跡があります。

 

これは逆に酷い使われ方をしても、大きく破損し難いということでもあります。

 

頼れる一本だったのかもしれませんね。

(勿論、今後も使用可能ですよ!)

 

実際に使用するには、少々ブレードが長く、持て余してしまうところがあります。

 

むしろこんな官給品ナイフは、実用よりコレクションとして大切に保管しておく方が良いようです。

 

ところで、このベトナム戦争期に製造されたKA–BARナイフは、かつて沖縄のミリタリーショップでは「定番」の商品でした。

 

そのため、中古品ならかなり安価に入手する事ができましたよ。

(今もそのままなのでしょうか?)

 

また、アメリカの有名メーカーからは市販のモデル品(復刻版)も製造されていましたね。

 

しかし2021年現在、いずれも…特にレザーグリップタイプは品薄になっているようです。
(見つけても中古品は程度の悪いものが主体になってきましたね。)

 

それでも数多く生産されているモデルですので、コレクションを考えているあなたは、根気よく探してみましょう。

 

有名メーカーの市販品なら、もしかしたら未使用品が入手できるかもしれませんよ!

(市販品の中には、シースのレザーに迷彩生地を貼り付けているものもあったような、なかったような…。)

 

私は、今回のモデルとはまた違うメーカー製のナイフを探してみたいと思っています。

(個人的には仕上げに定評のある「コネッタ社」の製品を狙ってみます。)

 

今回は、ベトナム戦争当時のアメリカ海兵隊ユーティリティーナイフを分析しました。

次回は、イギリス軍の迷彩服のモデル品(?)を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:他のミリタリーナイフに関する記事はこちらです。⬇︎

🗡ミリタリー(サバイバル)ナイフ(knives) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

     ✳︎     ✳︎     ✳︎ 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


ケーバー KA-BAR ナイフ ブッシュクラフト ナイフ ブラック 直刃 1213【日本正規品】

スポンサーリンク 

花はどこへ行った

花はどこへ行った

  • Peter, Paul & Mary
  • ポップ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Blowin' in the Wind

Blowin' in the Wind

  • ジョーン・バエズ
  • オルタナティブ・フォーク
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
サークル・ゲーム

サークル・ゲーム

  • アグネス・チャン
  • 歌謡曲
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes