いつだってミリタリアン!

ミリタリーグッズを、徹底的に分析、解説、解明します!

徹底解説! ポルトガル軍装備品 陸軍空挺迷彩スモック(デザートパターン) 0031

こんにちは!

今回は、ポルトガルのデザート迷彩服を紹介します。

  目次

1  ポルトガル  陸軍空挺迷彩スモック(デザートDPM)

長らくフランス軍のブラッシュパターンとよく似た迷彩を採用していたポルトガルですが、1990年代(諸説あり)からは、なんと英軍、オランダ軍同様のDPMを採用しました。

今回ご紹介するのは、そのデザートパターンになります。

多くの国と同様、この迷彩生地も、通常の迷彩パターンの色違いになっています。

でも、英軍がかなりの省略で2色にまとめたのに対し、ポルトガルは3色で設定しています。

実際にどちらが効果あるのでしょうか?

 

2  全体及び細部写真

前面  空挺パラウイング用のマジックテープが誇らしいです。

f:id:akmuzifal6489:20190417154426j:image

 

背面  生地はリップストップです。
f:id:akmuzifal6489:20190417154505j:image

 

前面裏側  内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190417154445j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190417154404j:image

 

左胸ポケット  ダットファスナーとボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154512j:image

 

左胸ポケットの隠しポケットも健在
f:id:akmuzifal6489:20190417154413j:image

 

隠しポケットはジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154501j:image

 

腰ポケット  ダットファスナーとボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154433j:image

 

袖口  ボタンとストラップで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154409j:imagef:id:akmuzifal6489:20190417154422j:image

 

前合わせはジッパー  とボタン
f:id:akmuzifal6489:20190417154417j:image

 

ジッパー  スライダーに刻印なし。
f:id:akmuzifal6489:20190417154436j:image

 

スライダーの裏側には、何かのマークが刻印されています。
f:id:akmuzifal6489:20190417154400j:image

裾は内側に折り返されています。


f:id:akmuzifal6489:20190417154441j:image

 

タグその1 表
f:id:akmuzifal6489:20190417154452j:image

 

タグその1 裏
f:id:akmuzifal6489:20190417154429j:image

 

タグ  その2  表
f:id:akmuzifal6489:20190417154457j:image

 

タグ  その2  裏
f:id:akmuzifal6489:20190417154508j:image 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

3  特徴

迷彩は、タンに2色のブラウンで構成するDPMです。

デザインは、ブログ0016で紹介した、スモックと同じです。

生地は、とても軽くてイメージ的にはナイロンのような感じです。なんとリップストップです。

タグにはポルトガル語で材質が書かれていますが読めません。勉強しておきます。

 

4  諸元

   ・製造年又は契約年度       1990年代

   ・製造場所                         ポルトガル

   ・契約会社                         ポルトガル

   ・製造会社                                 〃

   ・材質                                コットン

                                           ポリエステル

   ・表記サイズ                      6

   ・各部のサイズ(平置)  

                                    着丈  約71センチ

                                    肩幅  約42センチ

                                    身幅  約59センチ

                                    袖丈  約59センチ

   ・状態                      中古極上品

   ・官民区分               官給品(推定)

   ・入手方法               ヤフオク

 

5  まとめ

軽く丈夫な生地で、サラサラしていることから、乾燥地帯で使用すると快適そうです。

日本のフィールドでは、秋冬に効果を発揮する迷彩パターンですね。

しかし生地が薄く、かなり着込まないと冬は寒いかもしれません。

この迷彩も、一見迷彩に見えないので、シティユース向きかもしれませんね。

できれば、トラウザースも欲しいところです。(探しています!)

 

今回は、ポルトガルの最新(?)デザート迷彩服を紹介しました。

 

次回は、少々趣向を変えて、ミリタリー衣料の入手方法について書きたいと思います。お楽しみに!

 

いよいよ「平成最後の日」がやってきました。(SF映画のタイトルみたいですね!)

平成は、本当にいろいろありました。

良くない思い出ばかり思い出しますが、それを踏まえての「令和」にしたいですね。

まずは…仕事に行きます。

今日も頑張るぞ!

 

読んでいただき、ありがとうございました。