いつだってミリタリアン!

軍装品コレクション歴45年以上の元自衛官がお届けするミリタリーブログです。初心者コレクターの疑問点を解消します!

伝統のデザインと最新迷彩!【ポルトガルの軍服】陸軍空挺迷彩スモック(デザートパターン)とは? 0031 🇵🇹ミリタリー

今回は、1990年代のポルトガル陸軍デザート(砂漠)迷彩スモックを分析します。

空挺部隊が使用するスモックですね。

迷彩生地は、ある有名な迷彩パターンに似ていますが、ちょっと違っているようです。

今回は中古ですが、殆ど使用されていない極上品ですよ!

  目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ポルトガル陸軍空挺迷彩スモック(デザートパターン)とは?

長らくフランス軍のブラッシュパターンとよく似た迷彩を採用していたポルトガルですが、1990年代(諸説あり)からは、なんとイギリス軍、オランダ軍と同様のDPMを採用しました。

(でも海兵隊は、引き続きブラッシュパターンを継続!)

 

今回は、そのDPMのデザートパターンになります。

 

多くの国と同様、この迷彩生地も自国が使用している通常DPMの色違いになっていますね。

 

でもイギリス軍が、かなりの省略して2色にまとめたのに対し、ポルトガルは少々違う配色で選びました。

 

個性を出した訳ですが、あなたはどちらの迷彩が効果あると思いますか?

 

今回は、迷彩服コレクション初心者のアナたと一緒に、確認していきましょう! 

2  全体及び細部写真

前面  

迷彩が美しいですね。

空挺パラウイング用のマジックテープが誇らしいです。

f:id:akmuzifal6489:20190417154426j:image

 

背面  

この写真では少々判り辛いですが、生地はリップストップです。
f:id:akmuzifal6489:20190417154505j:image

 

前面裏側  

内ポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20190417154445j:image

 

背面裏側

迷彩は裏側に透けていません。
f:id:akmuzifal6489:20190417154404j:image

 

左胸ポケット  

ダットファスナーとボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154512j:image

 

左胸ポケットの隠しポケットも従来通りです。
f:id:akmuzifal6489:20190417154413j:image

 

隠しポケットはジッパーで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154501j:image

 

腰ポケット  

ダットファスナーとボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190417154433j:image

 

袖口  

ボタンとストラップで開閉

ボタンは表に出ています。
f:id:akmuzifal6489:20190417154409j:imagef:id:akmuzifal6489:20190417154422j:image

 

前合わせはジッパーとボタン
f:id:akmuzifal6489:20190417154417j:image

 

ジッパー  

スライダーに刻印なし。
f:id:akmuzifal6489:20190417154436j:image

 

スライダーの裏側には、何かのマークが刻印されています。
f:id:akmuzifal6489:20190417154400j:image

裾は内側に折り返されています。
f:id:akmuzifal6489:20190417154441j:image

 

タグその1 表
f:id:akmuzifal6489:20190417154452j:image

 

タグその1 裏
f:id:akmuzifal6489:20190417154429j:image

 

タグ  その2  表
f:id:akmuzifal6489:20190417154457j:image

 

タグ  その2  裏
f:id:akmuzifal6489:20190417154508j:image 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  そ特徴とは?

迷彩は、タンに2色のブラウンで構成するDPMです。

 

配色は、色調とパターンはともかく、アメリカ軍の3カラーデザートパターン(通称コーヒーステイン)に似ていますね。

 

DPMなのですが、イギリス軍の通常DPMとも微妙にパターンを変えているようです。

(これはこれでカッコイイかも?)

 

生地はコットンとポリエステルの混紡リップストップで、薄く軽量、肌触りも良いですが、丈夫そうです。

 

デザインは、以前分析したポルトガル軍空挺スモックと同じですね。

(1950年代フランス軍空挺スモックが原型のようです。)

 

構成はエポレット付き、胸ポケット×4、腰ポケット×2で、袖口はストラップで調整するタイプです。

 

全体的な縫製は少々雑で不正確な部分もあり、強度もやや不足しているようです。

 

せっかく素晴らしい生地を使用しているのに、少々残念ですね。 

4  製造とサイズのデータ

・製造年又は契約年度 1990年代

・製造場所      ポルトガル

・契約会社      ポルトガル

・製造会社        〃

・材  質      コットン

           ポリエステル

・表記サイズ     6

・各部のサイズ(平置)

           着丈 約71センチ

           肩幅 約42センチ

           身幅 約59センチ

           袖丈 約59センチ

・状  態      中古極上品

・官民区分      官給品(推定)

・入手方法      ヤフオク

・入手難易度     3(困難)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  まとめ

軽く丈夫な生地で、サラサラしていることから、乾燥地帯で使用すると快適そうですよ。

 

でも日本では、使用するフィールドや季節が限定されそうなパターンですね。

 

しかも生地が薄く、かなり着込まないと冬は寒いかもしれません。

 

この迷彩も、一見迷彩に見えないので、むしろシティユース向きかもしれませんね。

 

デザイン的にはポケットが多く、使い勝手の良いスモックと言えます。

 

寒候期の河川敷などのサバイバルゲーム、野鳥観測、暖候期のファッションとして使用してみてはいかがでしょうか?

 

よく出回っているアメリカ軍やイギリス軍物とは少々違うデザインと配色なので、個性を出すのに適しているようです。

 

ただこの迷彩スモックも、日本に入荷している数はとても少ないですね。

(ポルトガル軍の装備は、そうでなくても希少です。)

 

またサイズも小さいものが主体で、日本人のSからMが多いですね。

(逆に女性向けのサイズが多いとも言えます。)

 

探しているあなたは、大阪の「C」店や、東京の「E」点を当たってみましょう。

 

私は同迷彩のトラウザーズやハットを探してみたいと思います。

 

今回は、ポルトガルの最新(?)デザート迷彩服を紹介しました。

参考:他のポルトガル軍装備はこちらです。⬇︎

🇵🇹ポルトガル(Portugal) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

他のデザート(砂漠)用装備はこちらです。⬇︎

🐪デザート(砂漠)装備(Desert) カテゴリーの記事一覧

www.military-spec-an.com

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

     ✳︎     ✳︎     ✳︎ 

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


新品◆実物 ポルトガル軍 カモフラージュ ジャングルハット リップストップ生地♪迷彩 軍物 ミリタリー 登山 キャンプ アメリカ 帽子 ストリート アーミー アウトドア

ワールドサープラス ポルトガル軍 迷彩ジャケット

ワールドサープラス ポルトガル軍 迷彩パンツ

スポンサーリンク

remember

remember

  • Uru
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes