いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

オーストラリアの軍服 陸軍砂漠用迷彩ジャケットとは? 0150 🇦🇺

こんにちは!

今回は、オーストラリア軍の砂漠用迷彩服を分析します。

御察しの通り、例の「可愛い」迷彩シリーズのデザート版です。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

   目次

1  オーストラリアの軍服  陸軍砂漠用迷彩ジャケットとは?

これまでオーストラリア軍迷彩服として、陸軍の通常迷彩、海軍の迷彩を分析してきました。

過去のオーストラリア軍迷彩服の記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

今回は陸軍ながら砂漠用迷彩になります。

オーストラリア独特の色調が美味しそうですよ。(デザートだけに?)

どんな配色なのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ジャケットの全体及び細部写真

前面

f:id:akmuzifal6489:20190828052446j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20190828052457j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190828052436j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20190828052418j:image

 

前合わせはボタンのみです。…が、全部で6個もあります。
f:id:akmuzifal6489:20190828052441j:image

 

胸ポケット

左右ともジッパーで開閉します。ん?何処かで見たような…。
f:id:akmuzifal6489:20190828052424j:imagef:id:akmuzifal6489:20190828052427j:image

 

胸ポケットには、水抜き(砂抜き?)用の穴が開けてあります。
f:id:akmuzifal6489:20190828052444j:image

 

前身頃にはランクスライド(階級章取り付け用タブ)があります。マジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190828052452j:image

 

袖ポケット  

左右にあります。  左右ともマチ付きで同じデザインです。2個のボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20190828052429j:imagef:id:akmuzifal6489:20190828052455j:image

 

袖  

肘には面積の広い補強布が縫い付けられています。

袖口は、マジックテープで開閉・調整
f:id:akmuzifal6489:20190828052438j:imagef:id:akmuzifal6489:20190828052421j:image

 

マジックテープの配置  

左右袖ポケットフラップはインシグニア(国籍マーク)、左袖の丸いものは部隊章用でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20190828052434j:image

 

タグは印字が消失していました、残念!
f:id:akmuzifal6489:20190828052500j:image

 

裾裏側下部に予備のボタンが準備されています。昨今のイギリス系装備に多いですね。
f:id:akmuzifal6489:20190828052450j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

迷彩は、クリームイエローをベースに、濃淡2色のタンとブラウンそしてライトパープルで、ウサギ、ミッキーマウス、スライム、ハートなどを描いています。

イメージは、カスタードクリームまたはバニラアイスにチョコ、ウエハース、薄めたブルーベリーソースをかけた感じです。

(スイーツしか思い浮かばないです。)

既に常識になっているデザートピンクは使用されていませんね。

生地はとても薄くてペラぺラです。

デザインは、胸と袖に合計4ポケットのシャツタイプですが、胸ポケットはジッパーで開閉します。

(角度は垂直です。)

なんか、リトアニアの砂漠用迷彩服に似ていますね。

リトアニア軍砂漠用迷彩服の記事はこちらです。⬇︎ 

www.military-spec-an.com 

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度      2005年頃

 ・製造場所                    オーストラリア

 ・契約会社                    オーストラリア

 ・製造会社                              〃

 ・材質                           コットン

 ・表記サイズ                 不明

 ・各部のサイズ(平置) 

                                      着丈  約80センチ

                                      肩幅  約46センチ

                                      身幅  約60センチ

                                      袖丈  約67センチ                             

 ・状態                          中古良品

 ・官民区分                   官給品

 ・入手場所                   大阪の専門店

5  まとめ

今回のモデルも素敵な迷彩でした。

また、使用されているカラーもお菓子のようで、スイーツ好きにはたまらない迷彩ですね(?)

古今東西の迷彩服を観てきましたが、パープルを使用しているのは、他に南アフリカの迷彩(パープルとブラックの2色迷彩)だったと記憶しています。

生地が薄いのは、アメリカ軍の砂漠用迷彩服と正反対で面白いですね。

比較的新しい迷彩ですが、出回っている数は少ないです。

何故でしょう?

また出回っているのは、とても大きいサイズがメインですよ。

今回のモデルは、日本のフィールドでは鳥取砂丘でも目立ってしまいそうです。

サバイバルゲームや野鳥観察には向かないかもしれませんね。

ところで、今回の幸せな「ハート」は見つかりましたか?

ヒントは「ライトパープル」です。

ぜひ見つけてみてください!

(皆さんに幸福が訪れますように!)

 

今回は、オーストラリア軍の素敵な砂漠用迷彩服を分析しました。

次回は、ドイツのパイロットスーツを分析します。おたのしみに!

               ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。