いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

チェコの軍服 陸軍砂漠用迷彩服とは? 0219 🇨🇿 ミリタリー

こんにちは!

今回は、チェコ軍の迷彩服を分析します。

今回もデッドストックですよ!

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

   目次

1  チェコの軍服 陸軍砂漠用迷彩服とは?

1918年に「チェコスロバキア主義」によりチェコとスロバキアによって建国されたチェコスロバキア。

その後、共産圏に組み入れられ、「プラハの春」を経験。

(ソ連のT–55戦車が怖かったですね。)

でも1993年に民主化して、またチェコとスロバキアに分かれました。

何がしたかったのでしょう?

そんな経緯はともかく、現在の両国は積極的に国連の活動に参加していますよ。

今回のモデルは、そんなチェコが、国連活動で使用した迷彩服になります。

スタンプから、旧チェコスロバキア時代に開発は終了していたようですよ。

どんな迷彩服なのでしょうか?

早速、確認していきましょう! 

2  迷彩服の全体及び細部写真

ジャケット

前面

コートタイプは珍しいですね。

じつは一般的な迷彩ジャケットでも同じデザインがありますよ。

ウエストのベルトも珍しいですね。

f:id:akmuzifal6489:20191106161938j:image

 

背面

迷彩は、あきらかに既存のパターンの色違いですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106161856j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191106162015j:image

 

背面裏側

迷彩は、僅かに透けています。
f:id:akmuzifal6489:20191106161722j:image

 

前合わせはジッパーとボタンです。
f:id:akmuzifal6489:20191106174404j:image

 

エポレット
f:id:akmuzifal6489:20191106161849j:image

 

胸ポケット

予めネームタグなどを取り付けるマジックテープが縫い付けられています。

ポケットフラップのボタンホールが、テープに設けられているのは珍しいですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106202551j:imagef:id:akmuzifal6489:20191106162120j:image

 

腰ポケット

中はODのコーデュロイ生地
f:id:akmuzifal6489:20191106162141j:imagef:id:akmuzifal6489:20191106161714j:image

腰ポケット裏の生地は、バタつかないようストラップが縫い付けられています。

この処理何処かで見ました。

f:id:akmuzifal6489:20191106210934j:image

 

袖口

ただの筒です。シンプルですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106174500j:imagef:id:akmuzifal6489:20191106162102j:image

 

ウエストのベルト

ボタンで取り外し可能です。
f:id:akmuzifal6489:20191106162033j:imagef:id:akmuzifal6489:20191106161730j:image

 

脇の通気孔

ボタンホールタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20191106162042j:image

 

襟はチンストラップでスタンドカラーになりますが、ゆるゆるですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106161759j:image

 

襟の裏には、ボタンが沢山付いています。

フード用でしょうか?
f:id:akmuzifal6489:20191106162127j:image

 

デッドストックだったので、階級章用のエポレットが付属していました。
f:id:akmuzifal6489:20191106174444j:image

 

国籍マーク等

文字はチェコ共和国に変更されていますが、国籍マークはチェコスロバキアのままですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106162024j:image

 

裾のドローコードとチェコ軍を表すスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20191106182257j:image

 

剣が交差するマークは、チェコスロバキア時代から使用されていましたね。
f:id:akmuzifal6489:20191106161749j:image

 

生地裏にはピンクのスタンプが。

これも何処かで見たことがありますね。
f:id:akmuzifal6489:20191106174450j:image

 

袖の中には、テープを利用した三段階のボタンホールがあります。

どうやらライナー用のようです。
f:id:akmuzifal6489:20191106174433j:image

 

改めて裏側を見ると、ライナー取り付け用のボタンホールがあります
f:id:akmuzifal6489:20191106161829j:image

 

襟裏側ボタンレイアウト
f:id:akmuzifal6489:20191106161818j:image

 

エポレットのボタンにも刻印されているチェコのマーク

(ボタンはプラスティック製)
f:id:akmuzifal6489:20191106162111j:image

 

タグ
f:id:akmuzifal6489:20191106161928j:imagef:id:akmuzifal6489:20191106161945j:image

 

ウエストのドローコード

ベルトと二段階なんですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106162157j:image

 

トラウザース

前面
f:id:akmuzifal6489:20191106162051j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191106174422j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191106161839j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191106162134j:image

 

トラウザースタグ
f:id:akmuzifal6489:20191106161915j:imagef:id:akmuzifal6489:20191106162203j:image

 

ウエスト裏側のスタンプ
f:id:akmuzifal6489:20191106161955j:image

 

左側面

腰のスラッシュポケットはポケットフラップがあります。

ヨーロッパの軍隊に多い形式ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106162149j:image

 

右側面

こちらは臀部にポケットがあります。
f:id:akmuzifal6489:20191106174413j:image

 

右ウエスト下の小ポケット

向かって左側は縫い付けられています。
f:id:akmuzifal6489:20191106174355j:image

 

角ポケットの状況

腰と臀部のポケットは2個のボタンで開閉

(膝ポケットも同様です。)
f:id:akmuzifal6489:20191106174346j:image

 

アースブラウンテープ製のループがあります。。

裾の一部を貫通させています。

珍しいデザインですね。
f:id:akmuzifal6489:20191106161810j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191106174338j:image

 

股にはボタンホール型の通気孔が。
f:id:akmuzifal6489:20191106162006j:image

 

裾はループと同じ材質で補強されています。
f:id:akmuzifal6489:20191106161907j:image

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  その特徴とは?

 迷彩は、ベージュをベースにブラウンで、葉や破片のようなパターンを描いています。

これは、チェコ版ウッドランドともいえる通常迷彩の改造版で、他国のように多色を2色に省略したものです。

生地は薄いコットンツイルで、ライニングはありません。

そのかわり、ライナーが装着できるように、一部にボタンホールが追加されていますよ。

デザインは、砂漠用としては珍しく着丈の長いコートタイプですね。

通常迷彩にも同じようなタイプのジャケットがあって、全くそのままのデザインを砂漠用でも採用したようです。

特筆すべきは、ウエストのベルトです。

これも珍しいですね。

トラウザースは、チェコスロバキア時代の「ゼットン迷彩」のデザインを踏襲しています。

生地が薄くなった分、全体的に軽量化が進んでいますよ。

4  製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度    1991〜92年

 ・製造場所                   チェコ

 ・契約会社                   チェコ

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

 ・表記サイズ                172 94–100

                            (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                       ジャケット

                                    着丈  約91センチ

                                    肩幅  約50センチ

                                    身幅  約61センチ

                                    袖丈  約66センチ       

                                       トラウザース                           

                           ウエスト 約49センチ     

                                 着丈  約113センチ

                                    股上  約34センチ

                                    股下  約80センチ

                                    裾幅  約16センチ                                      

 ・状態                        デッドストック

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 ヤフオク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

5  まとめ

実際に着用してみると、ジャケットは僅かにサイズが大きいことも影響してか、着丈に違和感がありました。

正直、少々煩わしいですね。

砂漠用戦闘服といえば、短い丈のモデルが多く、慣れていないだけかもしれませんが…。

でも砂漠の遊牧民とかも、丈の長い服を着ていることが多いですね。

何かチェコが研究して、その結果を反映させたのかもしれませんね。

迷彩のベース色が明るいので、日本のフィールドでは目立つようです。

(鳥取砂丘で効果を試したいです!←変質者?)

今回のモデルは、コレクションに留めておくのが良いかもしれませんね。

でも、ライナーを入手することができれば、冬場でもコートとして着用してみるのも一興かも。

真冬に砂漠用迷彩…アンバランスで面白いかもしれませんね。

(着用には勇気が必要です!)

 

今回は、チェコ軍の砂漠用迷彩服を分析しました。

次回は、カナダ軍の、あるスーツを分析します。

お楽しみに!

参考:他国の砂漠用迷彩服に関する記事はこちらです。⬇︎

チェコスロバキア時代の迷彩服記事はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

piece of youth

piece of youth

  • ChouCho
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes