いつだってミリタリアン!

このブログでは、私がコレクションした軍装品の細部を公開、特徴を分析、解説します。狩猟、サバイバルゲーム、ヒストリカルゲーム(コスプレ)、野鳥観察、映画、アニメ、マンガ、イラスト、オークション、ファッションの参考になります。

【ロシアの軍服】陸軍VSR(ショフィールド)迷彩服とは? 0262 🇷🇺 ミリタリー

こんにちは!

今回は、ロシア軍の迷彩服を分析します。

以前もソ連軍時代の同じパターンの迷彩を分析しましたが、今回はロシア軍時代のものになります。

でも、違っている所がありましたよ!

 

   目次

スポンサーリンク 

 

スポンサーリンク

1  ロシア陸軍VSR(ショフィールド)迷彩服とは?

その昔、世界は大きく二つの勢力に分かれていました。

一つは、アメリカを代表とする「西側」、いわゆる資本主義(自由主義)の国々。

もう一つは、旧ソビエト社会主義共和国連邦を代表とする「東側」の社会主義(共産主義)の国々です。

お互いの勢力は、第二次大戦後に核兵器を保有し、核の使用をチラつかせながら睨み合っていました。

これを「東西冷戦」と言います。

(なんか893の出入り前みたいですね。実際双方とも893国ですから仕方ないですね。)

しかし、社会主義の限界からソ連が崩壊、東側諸国は指導国を失い、一時バラバラになります。

当時の旧ソ連では、国のシステムが根本から崩壊し、軍隊の維持もまま成らない状況でした。

今回のモデルは、そんな時代に旧ソ連で開発されたモデルですが、その後に復活した(?)ロシア軍でも製造された面白い迷彩服になります。

それまでも、数種類の迷彩服を採用していた旧ソ連軍ですが、それをロシア軍が引き継いだ形ですね。

さて、どんな迷彩服なのでしょうか?

旧ソ連時代と何が変わったのでしょうか?

早速、確認していきましょう!

2  ロシア陸軍VSR(ショフィールド)迷彩服の全体及び細部写真

前面

やはり、斜めに流れる迷彩ですね。

f:id:akmuzifal6489:20191214090017j:image

 

背面

ソ連時代製造のモデルと比較

上:今回のモデル

下:旧ソ連時代のモデル(褪色あり)

よく見ると、パターンは僅かに違っていますね。

色調が違うのは、褪色もありますが、元々の染料の色調と質が違うようです。

f:id:akmuzifal6489:20191222072259j:imagef:id:akmuzifal6489:20191222072215j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191214085942j:image

 

背面裏側

迷彩は、僅かに透けています。
f:id:akmuzifal6489:20191214090203j:image

 

前合わせはボタンのみです。
f:id:akmuzifal6489:20191214090025j:image

 

エポレットはテーパーなしの太短いクサビ型です。

ソ連時代より太いですね。
f:id:akmuzifal6489:20191214090150j:image

 

胸ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191214090143j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214090002j:image

 

腰ポケット

ボタンで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191214090046j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214085945j:image

 

袖ポケット

こちらはマジックテープで開閉
f:id:akmuzifal6489:20191214090029j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214090121j:image

 

袖口はマチ付きでボタンで開閉

肘の補強生地は楕円形です。
f:id:akmuzifal6489:20191214090050j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214090033j:image

 

脇の通気孔

ボタンホールタイプです。
f:id:akmuzifal6489:20191214090104j:image

 

アクションプリーツもありますが、浅いです。

ただの飾りかもしれませんね。
f:id:akmuzifal6489:20191214090132j:image

 

タグ①
f:id:akmuzifal6489:20191214090146j:image

 

タグ②
f:id:akmuzifal6489:20191214090113j:image

 

後付けの輸出用タグ
f:id:akmuzifal6489:20191214090135j:image

 

内ポケットは両側にあって、何故か段違いです。

面白いですね。
f:id:akmuzifal6489:20191214090037j:image

 

ウエストと裾のドローコード

ソ連/ロシア系の一本ループ方式
f:id:akmuzifal6489:20191214090116j:image

 

内ポケット下はフリー
f:id:akmuzifal6489:20191214090021j:image

 

トラウザース

前面

ウエストのタックに合わせて、ウエストから裾までミシンで細く縫ってあります。

これなら、アイロンを当てなくても、シャキッとして見えますね。

各国の軍装でも、時々見かける処理ですよ。
f:id:akmuzifal6489:20191214090041j:image

 

背面
f:id:akmuzifal6489:20191214090155j:image

 

前面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191214090013j:image

 

背面裏側
f:id:akmuzifal6489:20191214085957j:image

 

前合わせはボタンのみです。

旧ソ連時代に常備していたホックは無くなっていますね。
f:id:akmuzifal6489:20191214090007j:image

 

右側面

腰のスラントポケットと膝のパッチポケット

膝ポケットは2個のボタンで開閉

臀部にポケットはありません。
f:id:akmuzifal6489:20191214090054j:image

f:id:akmuzifal6489:20191214090138j:image

 

ウエストの調整タブ

ボタンがピカピカです。
f:id:akmuzifal6489:20191214085953j:image

 

ウエスト部裏側

グレイのポケット生地
f:id:akmuzifal6489:20191214090058j:image

 

裾にはボタンで取り外し可能のストラップが。

これとは別に、ドローコードも準備されています。

やはり、長いブーツを使用するために必要ですね。
f:id:akmuzifal6489:20191214090128j:image

 

トラウザースのタグ

こちらも3種類あります。
f:id:akmuzifal6489:20191214090159j:image
f:id:akmuzifal6489:20191214090010j:image

 

もう一枚、別のタグが。

裏側を表にして縫い付けられている?
f:id:akmuzifal6489:20191214090108j:image

 

ウエスト調整タブのボタン
f:id:akmuzifal6489:20191214085949j:image 
 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

3  ロシア陸軍VSR(ショフィールド)迷彩服の特徴とは?

迷彩は、黄色味の強いカーキをベースに、グリーンとブラウンでたなびく雲や葉の様なパターンを描いています。

やはり、斜めに流れているのが特徴ですね。

でもよく見ると、パターンも色調も旧ソ連時代の製品と違っていますよ。

生地は、やや薄いツイルですが、旧ソ連時代より良質で肌触りがとても良いです。

生地もあきらかに別物ですね。

(グレードアップされているような印象です。)

一方デザインは大きく変わっていません。

ジャケットは、4ポケット+両袖ポケットのコートタイプ。

トラウザースは左右の腰と膝に合計4ポケットです。

長いブーツを使用する想定で造られているので、トラウザースの裾には、ボタンでループになるストラップが縫い付けられています。

面白いのは、背中のアクションプリーツです。

とても浅くて、機能していません。

ここは手を抜いた感じです。

4  ロシア陸軍VSR(ショフィールド)迷彩服の製造とサイズのデータ

 ・製造又は契約年度     2000年代

 ・製造場所                   ロシア

 ・契約会社                   ロシア

 ・製造会社                        〃

 ・材質                          コットン

                                      ポリエステル

 ・表記サイズ                不明

                               (日本人のL〜XL)

 ・各部のサイズ(平置)  

                                        ジャケット

                                    着丈  約81センチ

                                    肩幅  約51センチ

                                    身幅  約58センチ

                                    袖丈  約65センチ     

                                     トラウザース

                              ウエスト 約45センチ

                                  股上  約30センチ

                                  股下  約80センチ

                                  着丈  約110センチ

                                  裾幅  約24センチ                              

 ・状態                         中古上品

 ・官民区分                 官給品

 ・入手場所                 兵庫県の専門店

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5  ロシア陸軍VSR(ショフィールド)迷彩服まとめ

迷彩の色調が鮮やかな今回のモデルは、日本のフィールドでも効果が高そうですね。

(効果を確認したいです。)

旧ソ連時代末期の、粗末な生地で製造されたモデルとは違い、より使いやすくなっているようです。

(ロシア軍…侮れませんね。)

サバイバルゲームは勿論、狩猟や野鳥観察にも十分使えそうですね。

面白い所では、旧ソ連時代のヒストリカルゲーム(コスプレ)に使ってみるのはどうでしょう?

ところで今回のモデルは、英語表記のタグが後から縫い付けられていました。

どうやら普通に輸出されているようです。

でも、現時点では、SHOP、ネットでもあまり見かけません。

(見かけてもめちゃ高価ですよ!)

既にロシア本国では、フローラ迷彩、デジタルフローラ迷彩が主流となっていて、今回のモデルは用途廃止になっていると思ったのですが…。

入手を考えている方は、もう少し様子をみましょう!

 (オークションで網を張っておくのも良いでしょう。)

 

今回は、ロシア軍時代のVSR迷彩服を分析しました。

次回は、アメリカ軍の戦闘服を分析します。

お楽しみに!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

参考:旧ソ連時代のVSR迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

 他のロシア軍迷彩服はこちらです。⬇︎

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

www.military-spec-an.com

   ✳︎               ✳︎               ✳︎

読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

カチューシャ Sung by カチューシャ&ノンナ

  • カチューシャ(CV.金元寿子)、ノンナ(CV.上坂すみれ)
  • サウンドトラック
  •  
  • provided courtesy of iTunes